きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

9月23日(水)はアートビレッジへGO♪

  21, 2015 21:56
ふつうの人たち

⚫️『すてきな先生・ズ 10周年記念』
日時:H27年9月23日(水・祝)   開演:15:00
料金:一般 2000円 / 学生 1500円 (全席自由)
会場:神戸アートビレッジセンター・kavcホール
   神戸市兵庫区新開地5−3−14 
   078-512-5500


今日は、北神区民センターでワークショップのお披露目会。
本番は9月23日(木)アートビレッジセンターですが、私は仕事の都合で参加できませんw

超・面白いので!ぜひご来場ください( ´艸`)ムププ


(●・ω・)σ☆:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:☆а(・ω・○)

昨年初参加したときは
「小松政男さんと一緒に舞台たてるんだよっ!」って
しらけどり世代の母親に自慢

入院が長引いてしまったから
「残念だったね。みてあげられなくてごめんね」
って言われてツーショットを見せたんだっ。

このワークショップは本当に不思議です。
素人なのに演劇ができるんです。
でも芝居はできません。
等身大だからこそ、言葉にできるんだなぁって。

森田雄三さんに
「ほら、介護の声やってみてよっw」
高くて、はっきりゆっくり…
諭すような呼びかけという特殊な声を使っていることに
福祉職は実は気づいていない。

世の中は褒められること、やり過ごすことに満ち溢れている。
”良い子”を育てる、”失敗しない生き方”を教えようとする。
誰かのまねばかりしているから…空々しいことに気づかない人が多い。

それでノーマライゼーションって
本当はちゃんちゃらおかしいw
どれほど空々しいケアを私たちはしているんだろうかと
気づけないことが恥ずかしいなぁ。

ワークショップに参加すれば気づく
対人関係において
苦手に思える人の癖や態度が
自然とその部分が素敵に見えるって不思議。

世の中にたくさんあふれている日常は
しんどいことがたくさんある。
ただ、表面化していないだけ。
その部分が等身大で現れるからこそ
人を大切に思えるのかもしれないなぁって改めて気づきます。



終わった後に、「めっちゃ顔こわかったしwww」って笑われたw
(o゚∀`o)アヒャッ━♪
でも、それもまぎれもない私だしねw
そんな顔で仕事してても気づいてなかったかもしれないから、
気をつけなきゃwww

気が抜けたのか、家に帰って今日をふと振り返っていたら、
急に頭の中で「よかったよ」って1か月前に亡くなった母の声が聞こえた。
涙が急にあふれて…声を出して一人でなきじゃくってしまった。


まだ、1か月だもんなっ
泣くのは、しょーがないよね( *´艸`)クスクス

母ちゃん、みててくれたのかいっ。
ありがとー(。・w・。 )
一人で舞台に立つわけではないのだから
仲間の呼吸をちょっとでも次回は感じてできるように次回もがんばるよー(つω`*)テヘ
  •   21, 2015 21:56
  •  0

COMMENT 0

Post a comment