きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

寄ってっ亭輪楽が取材されました♪イエーイっ

  09, 2013 21:02
本日はドタバタ日記番外編でございます。

今朝、産経新聞 阪神ページに寄ってっ亭輪楽が載りました。
45_20130709195042.jpg

ありゃ・・・
文字がさかさま

「世代越え 寄っといで~」

という見出しでございますw

寄ってって~なんですけどね・・・・
取材していただいた記者さんには
「なんでもいいっすよッ(*`艸´)ウシシシ」といったのは私なのでいいんですけどねw

寄ってっ亭輪楽は 3年目に入りました。
現在のこうしえんお部屋レンタルまんまるみかんで開催させてだくようになり
2年目。さまざまな人と出会い、また来ていただきました。

何をするところ?と尋ねられるのですが
おしゃべりしたり
一緒にお茶飲んだり
時にうたを歌ったり
時にちょっぴり役立つ福祉の話の会をひらいたり
そんな場所です。

障害を持っている人や
ご病気を抱えている方
子供さんがいても
おばあちゃんでも
福祉の仕事をしている人でも
介護中の方でも

”○○でなければならない”という規約を設けていません。
寄ってっ亭輪楽に興味があって、開催日にこられるなら
全然OKなんです。

ひとつだけルールがあるとするなら
こられた方は初めての方もおなじみの方も
お互いさまということでやさしく受け入れあうということです。

誰かが支援し支援される形ではありません。
みーんな場を共有している人だからこそ
みんなで寄ってっ亭輪楽をつくっている一人なんです。


ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪


私が寄ってっ亭輪楽を始めたころ、
あるひとりのがん患者さんと出会いました。

彼は副作用の強いがんの治療をやめてしばらくたったころ
私のブログを見つけてくれました。
がん楽美術展へのご招待をしてくださり伺ったのですが、その時はお話をせず帰りました。
後日、彼は寄ってっ亭輪楽でもときどき登場する「きずなちゃん」を持って現れたのでした。
「きずなちゃん」は気仙沼の仮設のおばあちゃんたちがせっせと作ってくれたもの。
いろんな人が来る寄ってっ亭輪楽という場所を応援してくれた彼は2月みんなより先に
長い旅に出てしまいました。


45がんってなに
彼が2人に1人はなるという「がん」という病気について
小さい子供たちにも知ってもらいたい
そんな絵本を作ろうよ…

絵本がアットホームホスピスの手によって完成しました。

とってもきれいな絵本です。
それはそれはやさしい絵で、素敵な絵本です。
どうか手にとってみてください。


水面に落ちたしずくは
幾重にも重なり輪となります。
人と人とが出会えば、いくつもの”ご縁”が重なる
ご縁の輪が重なれば大きな輪ができる。
ご近所の大きな輪。

だからご近所の寄りあい場なんです
お気軽に寄ってって~ヾ(≧▽≦)ノ゙ゥキャキャ☆
  •   09, 2013 21:02
  •  0

COMMENT 0

Post a comment