きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

【現代語訳 般若心経】 玄有宗久 著

  12, 2013 23:18
うちのばあちゃんは、真言宗なので
般若心経を唱える。

うちにくるお坊さんはとってもいい声でお経をあげるので聞いていて楽しかった。
♪はんにゃーはらーみたーしんぎょーかんじーざーいぼーさつ…♪
呪文のようなお経を唱えるとお坊さんは少しだけ説法をした。
「宇宙には・・・ビッグバンがあってですね」

(*´∀`)なんだかわからんけど、このお坊さん好きだなぁと思ったw

(●・ω・)σ☆:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:☆а(・ω・○)

シャーキャ族の聖者、釈迦牟尼世尊がラージャグリハの郊外にあるグリドゥフラクータに
大勢の求道者・修行者たちとおいでのとき、たまたま世尊が悟りの深い禅定に入っている
最中にシャーリプトラ(舎利子)さんが訊いたらしいんです。
「もしも立派な若者が、般若波羅蜜多(智慧の完成)を実践したいというなら、
どのように学べばいいと答えてあげればいいでしょう」
世尊は禅定に入っておられたので、観自在菩薩が代わりに答えたんです。
                                     (抜粋)
現代語訳般若心経

「シャーリープトラさん、あのですねぇ…」
観自在菩薩が、とってもまろやかなおばちゃんのような口調で
舎利子であるシャーリプトラに話しかけていることから始まる。
観自在菩薩とはちょび髭のある男性らしいw

西洋哲学者であったり、地学博士だったり、進化論を唱える人も
科学的に根拠を求めつつ、科学では解明できない謎はおそらく
世尊の指し示すものであると菩薩様がシャーリープトラさんに説くのです。
心理学で有名なユングは曼荼羅に行きついたのは有名な話ですね。

「若者たちにこういうことを伝えてあげてほしいんですよ」

形はあってないようなもの
でも見えるからそれがあたかも限定されたものであることは間違いないと
誰もが思っていることが、本当に正しいのだろうか?!

言葉は大切かもしれないけれど
言葉に惑わされてしまい
大事なことを見落としていませんか?!
頼り切っていませんか?!

「私」という概念がどれほど自分を苦しめているでしょう?!

そんな語りかけをしているんですね。

まじめな現代語訳も、玄有宗久氏の手にかかれば
面白く書かれています。

多くの人たちは「概念」によって迷い、苦しみ「私」によって
がんじがらめになっている。
「概念」なんてものは「私」が作った呪文のような束縛だと。

その人じゃないんだから、その人らしさなんてわからないでしょう
だからそのままあるがままに受け入ればいい。
しかしそれが実体のあるものではないということをずーっと問い続けているのです。

いろんなことに通じる。
現代の悩みはおそらくこうした事を
伝えてくれる人がいないからではないでしょうか?

大昔耳で聞いて覚えるお経もいつの間にか
弟子たちによって書きとめられ、経典になっている。
そのことで多くの解釈が生まれているが、誤っていることや本来、
意味がないことまで意味がつけられていることがある。

口から伝える音や言葉、視覚、嗅覚、様々な五感を使って
知識としていたということの大切さを改めて問うているというのが
般若心経のようです。

しかし、読んでも読んでもわかりませんw
わからないけれど、なんだかとっても面白い!
そう感じてしまいました
( ´艸`)ムププ


頭の中の 半分はわからない
もう半分のうち 半分は わかったような気になってみる
そこから半分のうち 半分は ちょっぴり読めない漢字がある
さらに半分のうち  半分は わかりかけている気になっている
のこりの半分は  その他 でできているw

その他は…
あえて言葉にしない…いいえ、できない部分なんじゃないでしょうか?!
  •   12, 2013 23:18
  •  0

COMMENT 0

Post a comment