きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

新年あけましての寄ってっ亭輪楽開催♪

  08, 2013 21:43
七草がゆ
「はっぱ粥たべたくない」
そう言われて何年食卓に出してないだろうか…我が家の1月7日ですw

アケオメ!(●`・ω・)人(・ω・´○)コトヨロ!
1月7日寄ってっ亭輪楽 新年初めての会を開催しましたっ♪

DSC_0933.jpg
みかんがやってきた
広島からね

こたつにゃ・・・
ヤッパみかんだよねぇ♪o(・д・´*)9
これ鉄板ねw

さて、
この日は忘年会で「また来年」といった方々数名が
「今年もよろしく」とやってきていただきましたっw

DSC_0943.jpg
七草がゆで胃袋を落ち着けたはずですが
皆さん入る入るw

みかんをつかったパウンドケーキや
お正月でしたのでぜんざいも作りましたw

(。・w・。 ) おもちも皆さんのノドを上手に滑り落ちていきました。

うだうだと喋ってすごし
少し早めに帰られた方が多く後は
ママと娘ちゃんと話をしました。

子どもをみてると不思議ですねぇ。
まだ自分の思いを伝えられない子どもは耳できちんと話を理解します。
そして少しずつその言葉を覚えていく。
しかしまだ語彙の少ない子どもには文章の理解ができないため
環境に適合できないと判断すると混乱したりして泣きだす。

大人たちは
「あー子どものしたことだからね」なんてほほえましくみる。

お年を重ねられ認知症と診断された方たちの頭の中でも同じように
その文章の理解ができにくくなってきたり、またその場の雰囲気という物を空気で察知するので
適合できずに混乱する。

周囲の人たちは
「あー呆けてるんだなぁ…」と…ならないw

そこにメカニズムは似ていても
見た目の違いもさることながら
積み重ねてきた歴史や応対する人たちの中にある
価値観というのを切り替えることが互いに難しくなるものなのです。

人間は
目隠しをして
鼻をつまむと
何を食べているかわからないのと同じ

五感で判断しているということがわかりますね。
そんなことをふと感じた午後でした。

さて、
来週はそんな認知症についてみんなでディスカッションしましょう。
認知症ってよくわからないけれどどんなことが頭の中で起こってるの?
こんな症状って認知症?
お薬って効くの?
どんなふうに応対したらいいのかな?…
なんでもOK

滋賀県で認知症指導者研修をになっておられる渡辺哲弘さんをお招きして
あれこれ聞いてみましょう。

これは今日遊びに来てくれた
ママさんが作ってくれただるまさん
DSC_0956.jpg
「だから!いつも間違ってるってば!!!いい加減直しなさい」

そうです・・・
誤字をだるまさんが発見してくださいましたw

1月7日分は訂正できています。
それ以前の部分…間違い探ししてみてくださいね♪
探す部分はいつも同じ内容の点線のしたですよぉ。

来週は1月14日(月)開催します。
お気軽に寄ってって~
  •   08, 2013 21:43
  •  0

COMMENT 0

Post a comment