きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

とりとめのない話

  15, 2012 21:50
毎日

人のご縁で自分がいると感じる。

話がうまくいったとき

こじれたとき

なかなか進まない時

腹が立つとき

悲しい時

何にもなかった時

うちの母ちゃんが言ったっけ

「人生は望まなくても波瀾万丈。
何にもない日の方が少ないんだっ」

若い私は
(。・w・。 )何いってんだい、かーちゃん。
波瀾万丈の方が人生面白いに決まってるよ!

そう心の中で思ってたw
でも、三十路も過ぎると母ちゃんのいうことも…ご納得。

お年寄りの話を聴いていると
何とも大変な出来事を笑いながら話す。

目の前の事で精一杯になっている自分は
お年寄りからみても
(誰から見てもと言われるが)
ヒヨコっこ

そして
お年寄りもまた
生きている限り
向き合っている

どんなに無気力であろうが
「老い」というあらがえないものに
立ち向かい
受け入れようとする

何故生きるのか

学生の時思ったことがある。
お年寄りはいう
「今の子はかわいそうだね。一杯勉強してるから」

いい学校を出てないと認められない世の中はかわいそうだと話す。

そうかもしれない。

先日研修で
17年前お世話になった実習先の指導者にあいさつした。

数多くいる実習生の一人である私
私には人生を決める道しるべになった指導者

相談員から
施設長という立場になっておられ
県のケアマネの教育担当にもなっている。

年を重ねられ
風格を兼ね備え
頭もなかなか年を重ね
今も尚活躍されている

命というともしびを終えた人もいる
命というともしびが始まる人もいる

時間は
見事に同時進行で
今も尚進む

不思議だな
  •   15, 2012 21:50
  •  0

COMMENT 0

Post a comment