きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

豊かな生活と学び

  09, 2012 20:17
世の中にはいろんな介護方法がある。
そして学びに行く。

「その人らしい」

を望むけれど、「その人らしい」が一番難しい。

でも、やらなきゃ専門職じゃない

勉強しても勉強しても

実践ではうまくいかない…

。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

まじめな人ほど
【専門職ジレンマ】に陥っている人って多いような気がするw


☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺

介護の世界でも講座や研修、セミナーというのはたくさんあります。
びっくりしたのが【質問家】という不思議な職業の人もいるということ。
受講する人が興味のあるものに参加して学べるとは大事なことですね。

私は高校卒業の資格と
介護福祉士の専門学校の卒業ぐらいです。
だから学べるというのは非常に豊かなことだなぁと思うわけです。

学びって
きっと自分で考えるヒントをもらうことなんじゃないかと最近考えます。

この人の場合はどうなんだろう?
自分が生きていくためにはどうしたらいいんだろう?
あの人が困っている時どうしたら手助けができるだろうか?

なぁんてことを考えるヒントのようなもの。
でも
”らくらく”と銘打てば、らくらくじゃないと批判の対象になるし、
”ポジティブ”と銘打てば、ポジティブにならなきゃいかんわけです。

いやぁ・・・
講師のお仕事も大変でしょうね
(´ー`A;) アセアセ


介護の世界の場合
学んだことを人に返していく仕事です。

対象としている人が十人十色なわけですから
学んだことを当てはまらんのですw
学びをヒントに、知恵と経験を生かしてプラスに変えていきながら
「その人らしい」を模索するか・・・

それが学びを続ける理由で
大切な職能なんでしょうね(。・w・。 )

だから
学んだ事を再現できなくても落ち込む必要はないと思うんです。
まじめな人ほど悩む
|壁|ヽ(;*´ω`)ゞ ァィャー


「その人らしい」なぁんて
自分でもわかりゃしない。

自分の生きてきた道を
否定されず
興味をもってくれるだけで
人は承認をされた気分をもち感情を表出できるんじゃないでしょうか?

承認という環境を整えることで
「好き」「嫌い」「いや」「良い」「痛い」「気持ちいい」
「楽しい」「悲しい」「うれしい」「腹が立つ」
…そんな感情を表現しやすくなるのです。

自分もきづかない「その人らしさ」を
意外な一面をたくさん見つけられることが
この仕事の醍醐味だったりする。

人に見せるのは一面
自分が思っている自分は一面
人にしか見せない一面もあるし
誰にも言えない隠している自分の一面もある




迷うから人は学びに行く
「学び」に答えはない

またその「学び」を人に返し
その人について「学び」を深めようとする

豊かな生活とはそういう事を感じられることかもしれませんねっ。
ヾ(*´∀`*)ノ
  •   09, 2012 20:17
  •  2

COMMENT 2

Mon
2012.11.12
21:13

きみきみ  

えりかさん

うん
自分をみとめてあげてねぇ

人を受け入れるなんてことできないんだぁ
でも考えていたいよね^^

2012/11/12 (Mon) 21:13 | REPLY |   
Mon
2012.11.12
08:54

erika  

その人らしさ
そういう支援をしたくて、仕事してきました。
現場では、利用者さん、否定されることが日常(T_T)
でも、よく考えたら、職員もかもしれない。。
さらに、わたし自身も、自分の自分らしさを大切にしてなかった。
これからは、同時進行で行こう。
と思いました。
きみきみさん、いつもありがとうございまーす!

2012/11/12 (Mon) 08:54 | EDIT | REPLY |   

Post a comment