きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

我ら、足ふぇちーず♪

  01, 2012 21:58
国産美脚集団=モデルガールズという人たちがいるらしい。

モデルガールズ

私たちだってまけてないぞっ・・・
我ら、足ふぇちーず 
ダ─ヾ(`д・´(`・д・´)ノ`・д´)ノ゙─ッ


・・・・と言っても、
美脚集団になるというのでもなく・・・(´д`ι)
美脚の人に興味があるというのでもなく・・・(・∀・;)

ただの
介護予防フットケア仲間 ヾ(・∀・。)ノダ-!!

ぽっかり空白の休みができたので、ドライブがてら
介護予防フットケアを教えてもらった先生のところに行ってきました♪

DSC_0594.jpg
まずは腹ごしらえ
腹いっぱい、幸せ一杯ですw
基本ですねっ(。・w・。 ) ププッ


医療でフットケアの加算が取れるようになりましたので、
糖尿病疾患で入院している病棟などではただいま話題沸騰中のケアではあるのですが
病院だけでなく、介護予防の観点からも必要なのはご存知ですか?!

第二の心臓と言われる”足”
高齢者にとってこの”足”って何よりも大事なことなんですよ。
足を悪くすると家から出なくなりますし、
歩くことも面倒になってきます。

すると家に閉じこもってしまいます。
足が悪くなったということももちろんですが、
動かなくなるから足が悪くなるということもあり、
その場合の多くは些細なことから始まるのです。

歩く時の違和感

足と大きく言っても、足先である爪が巻き爪になって深く肉に食い込み傷みがあることや
足の裏にタコやイボができて痛みを伴う。
足の弾力(アーチ)が無くなり、歩きにくくなったり転びやすくなる。
足の冷感が強く感覚が無くなる

ぱっと浮かぶだけでも”足”のキーワードからたくさん考えられる事があるんです。
その足だけでなく、足が発端となり、歩き方が悪くなり
膝や腰への負担がかかってくることや
全身の筋力への影響もあることはわかっているんです。

それだけ大事な足
でも人に見せたくないし、相談できない部分。。。。
よくよく聞くと
「実は外反母趾で痛くって・・・。゚+(。ノдヽ。)゚+。」
なんて言うお話がよく出てくるものです。

誰に相談したらいいんだろう?!
そんな時は

足ふぇちーずはシャレでゴロが面白いので私が勝手につけたものですので^^;

「我らフットケアラーズへご相談ください
ダ─ヾ(`д・´(`・д・´)ノ`・д´)ノ゙─ッ」


と言えるよう・・・
先生の元であーだこーだと言いながら、勉強しておるのですw
(あっ、先生はれっきとしたフットケアセラピストですよんっ♪)

人間には大切な要素がたくさんあって
足も
身体(筋力)も
バランスも
病気も
心も
お口も
排泄も
段々高齢になってきて衰えてきます。

ただ、年齢になって衰えてきたとしても
できるだけ自分の足で歩きたい
自分の力でなんとかしたいって思いますよね。

環境によって人は身体を変容させていきます。
もしそれが環境によって変容されているなら環境を変える必要があると思うのです。
環境によるものか?!
年齢によるものか?!
それは気づく人に出会うかで・・・きっと変わるような気がします。

年齢だけでひとくくりにせず
一人ひとり個体差があるのだから、もし、環境によって・・・
気づく人との出会いによって・・・・可能な事があるなら
私たちが個々に思う、力を活かすことってできるんじゃないかしら?!

そんなことから
先生の弟子たちが集まり、みんなであーだこーだ。
自分たちのできることを考えています。

DSC_0595.jpg

おいらも介護予防
フットケアラーとしてがんばるのダァ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ッ♪
  •   01, 2012 21:58
  •  2

COMMENT 2

Wed
2012.10.03
09:03

きみきみ  

たなかいごさん

その定義ウッキーの「フェティシズム」から引用されました?!w
おいらも確認しました。

ふぇちに関しては
俗語であり「執着」という意味で使われることが多いともありましたねっ^^

で・・・
たなかいごさんは、なんのフェティシズムなんですか~♪
('v')ニヤリ・・

2012/10/03 (Wed) 09:03 | REPLY |   
Wed
2012.10.03
00:56

たなかいご  

ふぇちですと!?

足ふぇちと聞いたら黙っていられません!

精神医学ではフェティシズムという病気の定義付けがあります。

その診断基準は

6ヶ月以上にわたって生命のない対象物に対する強烈な性衝動、妄想、行動が持続、反復すること。

ってなってます。

つまり!

生命のない対象物という点では、足は体の一部になるので、実はフェティシズムにはならないのです!!

まぁ僕はふぇちについてはよく分からないんですが例えるなら…

足ふぇち以外にも、バッグ斜め掛けのおっ○いフェチ、湯上がりのうなじフェチ、Tシャツからの脇フェチ、背伸びしてチラっと現れるおへそフェチ、タンクトップからの鎖骨フェチ、など。

すべてフェティシズムからは除外されるんですよ!(精神医学的には)

加えて期間です!

6ヶ月たたないとダメってことです!半年はちゃんと性衝動を持続させないとなんです!

それを乗り越えてこそフェティシズムの免許皆伝なんです!

ちなみに。

精神医学的にはフェティシズムは病気ですので、治療法を教えたいと思います。

対象物に飽きるまで性的興奮を行わせること。

だそうです(笑) しかも、治療は一定の効果を収めるに過ぎない…とも言われてます。(臨床精神医学ハンドブックより)

完治はしないようです。犯罪起こさない程度に各自が自己責任で楽しめってことなのでしょうね(笑)


わーブログ記事から脱線しちゃったー。すいませんー(泣)

2012/10/03 (Wed) 00:56 | REPLY |   

Post a comment