きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

「生きる悪知恵」 西原理恵子

  18, 2012 13:10
さて
最近本を読んでいるきみきみですっ。

幼馴染のみほちゃんに貸してもらった本を読みました。
さいばらりえこ「生きる悪知恵」

西原理恵子は昔から好きな漫画家でした。
最初は絵が下手だなぁと思いつつ、この人のエッセイや漫画は泣けるのですw
とにかく核心をついている。

まっすぐで正直で・・・。
彼女はカメラマンのご主人 鴨志田さんとの間に二人の子供がいます。
彼のアルコール依存症でもとで家族はバラバラになりますが
彼も病気と向き合おうとしようとしたとき、腎癌でこの世を去ることになります。

この本ではこのことは書いていませんが、「毎日かあさん」などの本には連載されています。

この本では読者の悩みにスパッとアドバイスしてるんですが、
なかなか面白いんです。格言ですなっw

そしてまた、人ってどーでもいいこと人に相談するよな・・・
とさえ思うのですw

サブタイトルが
”正しくないけど役に立つ60のヒント”
日本人ってバイブル本好きですよね。

自己啓発本も一杯世の中に出回っているわけです。
本に書いてあるわけないじゃん!(・´з`・)ぷぅー
なんて思いつつ誰かに指南してほしいのです。

だったら誰かに相談・・・
すると否定されるから腹立つからしないって
指南されたいんか、されたくないんかどっちやねんっ(ノ`Д´)ノ
と突っ込みどころ満載なわけですw


たとえば、
「顔もスタイルも良い文句のつけようのない彼女のメシがまずい」という質問に
西原理恵子の格言は
「焼いてポン酢をかければなんでもうまし!」

そうなんですw
普通焼いて食えばなんでもうまいんですw
料理だけがまずいっていうけど・・・ほんまか?!って思うわけです。

料理が相当マズイという人に実は私はあったことがありません。
ただ、マズイ料理は食べたことがありますっw
どこをどうやったらこんなにマズくなるんだ?!と驚くほどです。

ただ、西原理恵子の偉いところは、質問者の舌の問題も挙げているわけです。
ここが辛口批評家と違うところ♪
彼女が決して奢らずに批評するからこそ共感する。

ノンストレスで読めるとっても楽しい本です
(。・w・。 )
  •   18, 2012 13:10
  •  0

COMMENT 0

Post a comment