きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

老いても子に従いたくないw

  12, 2012 08:14
たまには普通の(?!)ブログも書きませうw

4月やっとこさ暖かくなってきました。
昨日の雨はお天気用語では「花散らしの雨」なんて言うんですね。
私の住んでいるところは寒いせいか、これから咲く準備しているようです。

この2月3月と本当に忙しい日々を過ごしておりました。
気持ち的にめいいっぱい(´ー`A;) アセアセ
加えて月末には声が出ない咳風邪をひき、いまだにチョッピリ引きずっております。

さて、
この忙しい時期というのは、ご利用者さんも体調を崩しやすい時で、
担当の方々も何人か調子を崩された方もいらっしゃいます。

ある日突然始まる介護
介護される人になるのです。
想像できますか?!

σ(´ x `;*)ンート・・・
不思議なんですが、子どもは親が介護されることに突然では驚き、しかしながら
しばらくすると受け入れられるんです。
「あぁ、とうとうその日がやってきたのか…il||li( ;;´・д`)ャ´`゙ィ」
これは気持ち的にいずれはやってくる親の介護を予想していたからなのです。
そこで、仕事を辞める人もいれば、辞めずに様々な手段を講じる人もいますし、
初めて制度に向き合う人も多くなります。
そして、親と改めて向き合って慣れていくのです。

さて、介護される親の方。
これも慣れると思いますか?!

これが意外や意外・・・
往生際が悪いいやいや、受け入れている風に見えて受け入れていないのです。

Σ(Д゚;/)/…エエ!?もう年なんだしわかってるでしょ?!

でも人は誰しも
人の世話になりたくないけれど、誰かに世話にならなくてはならないということは
非常に受け入れたくない事実を周知にさらすということなのです。

大げさだなぁと思われるかもしれませんが、これは高齢者にとって
アイデンティティを揺るがすものなのです。
脳みそが委縮すると=アルツハイマー型認知症 なぁんて言いますが、
大概の方は高齢になればなるほど、”頭が固くなる”ある種の委縮が通常ですw

助言されていた立場から
助言する立場になり
今までの過去の経験で若者たちの行動が困窮した際の対応策だってわかる
人を観る目はあんたたちより何倍もあるのよ(-`ェ´-怒)

なぁんて思っているわけですから、脳みそはカチンカチンなわけです。
そこに来て、人から指示される立場となるわけですよねw
(`-д-;)ゞ受け入れられるわけがないw

老いては子に従えと言いますが
私がおむつ変えてきたひよっこに何がわかる?!たわけ者
とも思うわけですw

介護の準備をする…子どもたち
介護される準備をする…親たち
老いとは罪深く生きることを問うている非常に大きな悩みで
しかしながら、それを少しずつ受け入れながら人を尊重するってどういうことなのかを
子に伝える大きなプロジェクトなのかもしれません。

私も様々な親子模様を見ながら思うわけです。
自分の親が介護を必要としたら…
日々喧嘩だろうなぁ…とっ
ヾ(´ε`;)ゝ…

親も言いたいこと言えばいいんです。
子どもを迷わせればいいのです。
最後の試練を与えておく事は、親として最後の教育です。


「まだまだ人の世話にならーんっ!!!!(#`Д´)ノ」

やっかいだけど、まだまだ元気な証拠。
最後までやっかいであればある程いいんじゃないでしょうかw
人はどんな人でも必ず迷惑をかけて死ぬ!
そんなことをある利用者さんから教わりました。

いつか来る…というマイナスな思考ではなく
わがままで何が悪い!
そんな思いを当たり前と受け入れていけば、
厄介だけど、老いや介護という課題もなかなか
興味深いと思えるかもしれませんねっ♪
  •   12, 2012 08:14
  •  2

COMMENT 2

Fri
2012.04.20
02:00

きみきみ  

えりかさん

> 人はどんな人でも必ず迷惑をかけて死ぬ!

らしいよっwww
でもちょっと納得でしょ^^
さすが年の功いうこと違うねぇww

2012/04/20 (Fri) 02:00 | REPLY |   
Mon
2012.04.16
06:43

erika  

きみきみさん、お久しぶりです!福岡の恵理香です。
タイトル、ウケました(笑)

人はどんな人でも必ず迷惑をかけて死ぬ!

心に響きました。
いつもありがとうございます!
近いうちに輪楽にお邪魔させてくださいね♪♪

2012/04/16 (Mon) 06:43 | REPLY |   

Post a comment