きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

2月7日寄ってっ亭 輪楽 開催しました♪

  11, 2012 17:36
火曜日は朝からシトシトあめ。
どちらかというと暖かい一日でしたね。

どなたが来る予想は・・・
なしっ(*´∀`)アハハン♪

今日はパソコンを持参して、ノンネット環境にて
資料の作成に着手。
なかなか手をつけられなかったので良い機会です。
7割完成。

(゚ω゚;)。o○(ぇ!?)
気が付いたら17時でしたw


寄ってっ亭をやっていると
来られる皆さまからよく尋ねられます。
「何を目指しているんですか?!」

地域の寄り合い所で、
情報を互いに発信でき、
それぞれの居場所となるところと思っています。

私はどちらかというと
家族さんを含めた当事者さんたちに多く来てほしいと考えています。
もちろん介護従事者も当事者の一員ですのでお間違えのないように。
そして高齢の方だけでなく、障害のある方も含みます。
介護は必要ないけれど興味があるからおしゃべりに来る…そんな方も大歓迎です。

介護保険事業をやればいいのに
(*´・ω・)´-ω-)
なんてお言葉も聞かれますが、
介護保険事業となると、介護保険を利用するひとしか利用できません。
そこに集まる人たちはがんばってもボランティアさんなのです。
なぜか介護保険事業に通う人を地域の人たちは
”介護に世話にならなきゃいけないひと”と観るのです。
不思議なものですね。
老人会や自治会、婦人会などに参加していた人が
ついていけないという理由で辞めることになり、
それまでかかわっていた人たちも疎遠になってしまうなんて良くある話です。

分断された関係は修復しにくいものです。
そして、地域の中にある介護保険事業所は
地域の中で溶け込むというより、”違うもの”として応対されます。

もちろん時間をかけて地域に溶け込む努力をされている事業所も多くあります。
しかし実際は難しく、それだけの地域とのコミュニケーションに時間を割けない
そんな現状もあったりします。

私は西宮市住人ではありません。
でも、住人だからうまくいくというものでもないと感じています。
住人は住人で制約がかなりあるということもありますから。

地域の人が
「なんやわからんけど、あそこにいったら自分の居場所があるみたい」
「なんやわからんけど、介護の情報もってるみたい」
「喋りにいってこー」
そんな気持ちでやってこれる寄り合い所があればいいのになぁって。
少しの見守りがあれば来れるや集まれる
身体が少し不自由になってもおしゃべりができる
そんな場所でいたいなぁって(*´∀`)

3月末で、今寄ってっ亭輪楽として借りている場所をご返却いたします。
始める際には、電化製品も使える状態でしたので本当に助かりました。
新たに借りるにはやはり経費が倍以上かかるという事で
4月以降は未定のままです。

こういうことは続けなければ意味がないことは重々
わかっているのですがね…致し方ないですね。

また改めてお金をコツコツためて、
今度はちゃんと続けられる場所を西宮でやれたらいいなぁって思っています。
3月末まであと数回ですが、よろしければ遊びにきてやってくださいね♪
お気軽に寄ってって~

まめまき犬

  •   11, 2012 17:36
  •  2

COMMENT 2

Sun
2012.02.12
22:21

きみきみ  

(´ー`*)ウンウン

どうぞいらしてくださいねっ♪
おまちしております^^

2012/02/12 (Sun) 22:21 | REPLY |   
Sun
2012.02.12
21:07

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/02/12 (Sun) 21:07 | REPLY |   

Post a comment