きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

わかることのむずかしさ

  02, 2011 10:05
気がつけばもう12月
先生も師匠も走る・・・師走ですねぇ。

介護の仕事をしていて、また関わる中で最近よく考えることがあります。
「普通」ってなんだろうって。。。

私にとって「普通」「当たり前」という概念と
他人にとってのそうした概念は同じとは限らないということを
知識として知っていても、ちゃんと理解していなかったような気がします。

他人から指摘をうけることに対して、
理解したくないと脳が拒否していたのかもしれません。

自分の持つ「概念」にたいして間違っているという指摘を受け、認めるということが
自分の全てを否定されたと勘違いしてしまうからです。
人の存在とはそれほど危うく、不安定なものなのです。
しかし、人として物体は存在するわけです。

以前テレビで人間の不思議というものをやっていました。

動物は脳で考え、脳から行動指令がでて行動に移します。
しかし「人間」はそれだけではなく、心が動かされることによって
脳に刺激がわたり行動を起こすというのです。

心といっても「心臓」という臓器の事ではなく「こころ」というもので、
たとえば反応のない人を介護している人のこころが介護されている方のこころに
伝わり行動を起こさせるなんてことはあるわけです。

願いだけではもちろん植物状態から奇跡の行動を起こすわけではないのですが、
願いから行動されたことによる反応や空気で伝わるという不思議な生き物だということ。

「介護する」側の気持ちが「介護される」側の人に伝わり
特に認知症の方などの周辺症状に影響が出るということがあります。
だから、「介護される」側の気持ちを「介護する」側の気持ちを考えて
ケアを工夫する必要があるのです。

さて、
この「介護する」側の人が、本当に「介護される」側の気持ちを
理解することはできるのか?!

”理解すべきだ” と ”理解した”では違うからです。

こんな出来事がありました。
私はすごく近しい方へ、こんなことを言っていました。
「何かあれば私に言ってね。こういう方法もあるし、一緒に考えるから」

でも相手の方は一向に言ってくる気配はありません。
介護はますます大変な様子です。

工夫する点はいくらでもあり、そのことで私が足しげく通う必要があれば
都合をつけていくつもりでもあります。
なんでかなぁと主人に相談しました。
主人は介護の経験も仕事もしていません。
そんな主人が発した言葉は

「介護の中でこうしたらいい、ああしたらいいというのは
お前の視点で、俺ら専門職でない人間にはわからない。
俺らは『ド素人』やねん。

今の環境が良いとは(その人も)思ってないと思うで。
でも『プロ』から言われてもその通りに動かれへんねん。
だって『ド素人』やからな。

考えを変えることなんてできない。
相談してくれって言われても、相談のしようがないねん。
どんなに他人が ”頼ればいいのに” って言われても
頼ることができへん人もいるねん。」


「プロなんて思ってないよ」

「お前は思ってなくても、人は、少なくとも俺らは思ってる。
それを仕事にしてるんやし、勉強もしてるんだから。でも、
”地域” とか ”つながり” とか言われてもピンと俺は来ない。
どうやって(つながりを地域と)持ってる?って思うぐらいや。
重要だって言われても、重要性は感じないんや。」


そう言えば利用者さんが言ってたな…

ー友達はいるよ、でも隣保にはいない。
隣保は隣保。何してるかすらもわからない。
でも、年をとってきて、身体が動かなくなってきたら
本当は隣保に知り合いがいればいいのにって強く感じる。
孤独を感じるー


地域って言ってるけど、隣は何をする人ぞ。
支えられている感じがしないなかで、
どれだけ、地域包括ががんばってふれあい喫茶をやろうが、
インフォーマルサービスが整備されるのは大切ですが、
インフォーマルサービスとどう地域住民を結び付けていくか、
地域の人がご近所を見守る、声かける…踏み込んだことではなくて
今日見かなかったなぁ・・・ぐらいの感覚で声をかけてもらったりすると
それは大きな地域の力になるのではないだろうか?!

「もし俺が介護をするようになったら、
なんやわからんけど、相談しなきゃ動いてくれない人より
雑談の中で言う方が言いやすい」


そんなことを言われてから、納得。。。

ーよく会いに来てくれるから
心が見えるから…
それは私と一緒に考えてくれる人がいるって思えるから、
私はあなたに、自分ことを知ってもらおうと思うのよー


そう言ってた利用者さんもいた。
毎月1回とはいえ、モニタリングに行き、
一緒に歩くからこそ雑談が生まれ、その人の思いや
家族さんとつなぐ仕事ができることもあった。

そっか…
見えなくなっていたものってこれなのかなぁ
恥ずかしいけれど、新たに得た理解でした。

追加♪
クラムボン「コントラスト」
ブログを書いてこの歌の歌い出しにすごく共感♪
ご興味ある方は歌詞に注目してお聞きくださいね♪


FC2Blog Ranking
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中♪ぽちっとねw
  •   02, 2011 10:05
  •  4

COMMENT 4

Sat
2011.12.03
10:13

きみきみ  

ヤッチさん

おいらも即行動なんで正反対ですw
もどかしい反面、抑制にもなり・・・うーん難しいw

2011/12/03 (Sat) 10:13 | REPLY |   
Sat
2011.12.03
10:12

きみきみ  

ランディ・ウエッティさん

はっはっはっ
へんこつですよっwww
しばじゅんは好きという共通点はありますけどwww

2011/12/03 (Sat) 10:12 | REPLY |   
Fri
2011.12.02
23:11

ヤッチ  

う~ん…
実に深い!!
直感で行動してしまうヤッチに心はあるのだろうか…???

2011/12/02 (Fri) 23:11 | EDIT | REPLY |   
Fri
2011.12.02
12:36

ランディ・ウエッティ  

夫婦の会話

なかなか鋭い感性と知性の持ち主ですね。
貴女の旦那さんは。
友達になりたいね。
面白い話が出来そうな気がします。

2011/12/02 (Fri) 12:36 | REPLY |   

Post a comment