きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

名医

  19, 2011 12:03
最近テレビドラマを観てますか?

そう質問されて、観てないと答えたけれど、
よく考えたら、観てたw

DOCTORS~最強の名医~

今、テレビ朝日系で放送されているドラマ。

先週の話はホームレスとエリート学校に通う男の子が緊急搬送され
同室になることから話は始まったー。

「名医」ってなんでしょう?
普通手術が上手だったり、看たてが上手ということも大切である。
病院についていえば、最先端医療器具があれば、より細かい病気を見つけることができ
様々なデータと経験値から診断がされ、そして病気を診断し治療できることもある。

完治する病気についていえば、そうした大きな病院ということでの
症例件数がきっと大切になってくる。

よくブログを読ませてもらっている長尾クリニック 院長 長尾和宏先生
私は名医だとおもうし、
先日参加した研修会の久次米先生も名医だと感じる。

もちろん医者が同じ言葉や同じ方向を全く同じ意見というわけではないし
手法も違うだろう。
何を持って名医だと感じるか…。

患者さんやその家族の話を聴くということだと感じる。

患者が望めば自分の出る幕ではないと思っても、
医者は患者を選択することができないので断ることなく診察し、
その内容に納得しなければ罵倒されヤブ医者扱いされることもある。

家族が家で看とりをしたいと思ってもそれだけの介護や医療との連携が不十分な時もある。

信頼しているドクターであれ、本当に呼吸が苦しくなる家族を観るに耐えなくて
救急車を呼び管だらけになり、最後病院で亡くなったことに後悔する家族もいる。
逆に管だらけになったとしても病院で亡くなったことで満足する家族もいる…。

医師を目指したいと思った時や
医者を継続している先生の中では
そうしたことの教育を受けずに今まで過ごしていることもある。

患者さんを治したい

でも治せないものもある…。
その研究をしたくとも、毎日溢れかえる患者と向き合うことだけで精いっぱい。
何かしら治療をしなければ勤務医であれば薬一つも出さなければ
患者からのクレームとともに経営を考えていないと経営者からも苦言を言われる。

段々医学を目指したころと違うギャップでしか生きられなくもなる。
もちろんそんなことを感じる先生も少ないかもしれない。
忙殺しなければ自我として保てないという人もいるかもしれない…。

おいしい患者をやめる本
この本の表現方法は少し過激ですw
でも、納得してしまいました。

久次米先生は研修会でこう言いました。
「看とりをする時僕らは、患者さんや家族さんの意見を聴いて
言われるままに行うのです。
もちろん医学的に必要な処置は行います。
しかし、行うことでのリスクやどうして必要なのかということを話します。
その中に介護サービスというのは重要な役割を果たしているのです。
患者さんがどう望まれているか…一人ひとり違うのですから
それを常に考えることをしています。」

小さな医院と拠点となる病院

医院(主治医)と家族

家族を取り巻く公的(介護・医療サービス)な支援

そしてそれを補う家族や知人、公的以外のサービス

こうしたもたものが緊密に顔の見える関係で存続するからこそ
地域で安心して住めるということなのでしょう。

家で死にたい…。

でもきっと
自分が心落ち着ける場所であれば
家じゃなくてもそれはよい最後となるのではないでしょうか?
患者さんを取り巻く支えられているという思いに包まれて亡くなられることは
自分だったら幸せに感じる。
だから場所じゃない…私はそんな風に思います。


↓ブログランキングに参加しています♪ぽちっとなw

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
  •   19, 2011 12:03
  •  2

COMMENT 2

Thu
2011.11.24
23:29

きみきみ  

ウエッティさん

お医者さんとの連携というのが重要になってきますね。
家族に返すというか、プロだからと職員が取り込むのではなく、
家族が主役というケアを目指したいですね。

2011/11/24 (Thu) 23:29 | REPLY |   
Tue
2011.11.22
00:31

ランディ・ウエッティ  

私の場合は特養のターミナルケア。
この場合でも「その人の気持ち」それを取り巻くご家族の気持ちを考えます。
これが正解というものはない。
でも私たち「プロ」の存在が安心を感じさせるものでありたいと思います。

2011/11/22 (Tue) 00:31 | REPLY |   

Post a comment