きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

第1回キッズバリアフリーフェスティバルにいってきました

  12, 2011 22:18
先週の土曜日 高知県で開催されたイベントに参加してきました。

第一回キッズバリアフリー展♪

ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ
日帰りという…弾丸ツアー!!!!
全行程600キロ!

CA393265.jpg
メイン会場の雰囲気はこんな感じ♪

いつも6月に福祉機器展を開催されるということはご存じの方もいらっしゃいますが、
今回は子どもたちに焦点を当てたものでした。
小さな車いすや子どもの興味を引くような色遣いが特徴的でした。

CA393281.jpg
子どもさんが腹臥位になれるようなクッションもアニマル柄でめっちゃかわいいw

CA393262.jpg
これ、ベロア生地の車いす。
こちらは高齢者ようもありますし、こちらのメーカーは最軽量の
カーボン車いすなども扱っておられます。

CA393263.jpg
ロッキングチェアのような訓練椅子
前方方向へ持っていくと自然と足がついて前傾が作れるというもの。

いろんな種類があって、高齢者と違って
バギー風な車いすであったり、身体を安定させるものであったり
立ちあがりを支えるものであったり、少しずつ違うものに少し興味を持ちました。

今回キッズバリアフリー展ではウレタンの成形を学ぶという実技型のセミナーに参加しました。
馴れない用具を使いながら自分の座布団を作っていきます。
CA393267.jpg

おいらのオケツですっw↓
CA393273.jpg

こういうのって性格がでますね。
大雑把なくせに、小心者のおいらはどっちかっていうとちびちび削っていきます。
豪快な人は豪快ですw

CA393275.jpg
講師の方が車いすの背ばりについて説明しています。
これは子ども用の車いすなのでちょっと小さいですw

CA393277.jpg
座面のところにある小さな参画のウレタン。
隙間にあてがうだけで座位が変わる人もいるという説明w

マットレスも置いてありました♪
CA393280.jpg
これ、全体にビーズが入っていてかなり気持ち良いです♪
どうやら緩和病棟などで使用することを目的としているようです。

CA393279.jpg
んでもってこれ、マットレスが3層になってるんですよ。
真ん中をちょっと曲げたりすることで、ポジショニングを目的としたマットレス

うーん
いろんな風に研究されてるんだなぁ。
用具は常に進歩する。
だからこそやっぱり使い手によるということは強く感じました。

用具が良いものだと感じても
それを使える人がいるということ、
それを適切に利用者さんに活用できるかどうかを判断できる人、
導入後の変化を予測でき、また変化に対応できる人
どれほど介護ロボや良い用具があっても、やはり判断は人なのです。

人を育てなければ、宝の持ち腐れだということ…。


普段私は高齢者にしか関わっていません。
先天的、子どもから障害を持つという人たちに触れたことが無いわけではありません。
ただ、いずれも学生時代に実習という短い時間でしか関わったことがないのです。
支援学校と病院が一体型のところにも実習に行きました。
障害を受容するということの難しさだったり、
改善が大きく見えない状況の中での支援者の思い
家族の思い、もっともっと高齢者のケアに当たるものも触れなければならないと思いました。

高齢者の場合は、ケア環境によって大きく良くなるからです。
だからこそ、その罪は大きい。
もっと福祉という大きなくくりの中で
障害について
病気について
老いについて
発育について
きっと学び続けていかなければいけない
そしてそれを伝えていかなければならないと強く感じました。
  •   12, 2011 22:18
  •  0

COMMENT 0

Post a comment