きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

HCRに行ってきました♪(2)

  07, 2011 22:37
【 HCRに行ってきました♪(1)】からの続き

・マツナガのチルト車いす
マツナガ チルトリクライニング

・MIKIのチルト車いす
MIKIチルトリクライニング

チルトの車いすもずいぶん変化を見せていて、
この2つは折りたたむことができるんですよっ♪
乗りご心地や操作性はそれぞれ特徴があるので、
違いを確かめるというのはやはり大切ですねぇ。

ユーキさんのブースで見つけたクッション
ユーキクッション
こちらは、クッションの上の方に黒いバルブがあると思うのですが、
座った時にこのバルブを閉めることでお尻の形に合うようになります。
もちろん商品はここだけではありません。
クッションだってたーくさん種類があるのです。

家族となり選ぶ立場になった時、
仕事してかかわる中で提案する時、
考える視点や選ぶ視点は違う時がありますが、
できるだけ、ご利用者さんにとっても、
介助する人にとっても快適で使用できるものを選ぶことが重要ですね。

中には、
「S字になった木を足の間に差し込み体位交換の時にテコの原理で楽楽介助ができます!」
・・・(・∀・i)タラー・・・えっとぉ・・・・という商品もありました。

保田さん
ノーリフト協会 保田淳子さんのミニ講座もありました♪

下元さん
うえるぱ高知 下元佳子さんの講座もありました♪

北欧が進んでいるという中で、福祉用具としては
日本の技術というのはとても進歩しています。
決して外国に負けていないというのです。
しかし、用具を使うということでモノ扱いしているように
感じる人が多い日本ですが、用具を使っていなくて、
きちんと人として介護できているのか?!と問われれば
胸を張って言える人はどれほどいるでしょうか・・・・?!

私もまだまだ勉強中です。
知らないことばかり。
もちろん専門職として
各々知っておけばよいポイント
深めるポイントというのは変わってきます。

こうしたポイントを踏まえながら、
各業種と連携でき
一人の人に対して
どうかかわっていくべきか
どう生活を支えていくべきか
どうしたいかを叶えるか…を協議できる仲間がどんどん増えればいいな。

最後につづきますっ♪
  •   07, 2011 22:37
  •  0

COMMENT 0

Post a comment