きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

カテゴライズ

  01, 2011 18:19
カテゴリーとは…
 事柄の性質を区分する上でのもっとも基本的な分類のことである(wikiより引用)

カテゴライズとは…
 名詞。分類すること。カテゴリーに・・・・。

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*

ぼんやりテレビをみていると
カテゴライズして行動分析、または口癖から
【腹黒いのはこの人!】と分析

(´ー`A;) アセアセ

日本人はカテゴライズされると
なんだか安心するそうな・・・。

O型は八方美人
B型はマイペース
A型は几帳面
AB型は頭がよい…とかねっw

面白かったのが、私はO型なんですがね、
O型の人の行動を集めた本を立ち読みしてて

「血液型占いなんて信用していない」とあったw

正解(・∀・。(-∀-。)ウン♪

育ってきた環境だったり
教えられたりする環境で性格って決まるじゃないですかw
昔は結構、気にしてた方だったのですが
ある時すっぱり気にしなくなりましたw


人の行動や性格って
カテゴライズされることで、知った気持ちになり、
自分の気持ちが楽になるということはあるかもしれません。

自衛反応というのでしょうか、
過大にも過小にも思いをもっていることに対して、
「○○だからしょうがない」という理由をつけて
諦めてみたり、納得したりすることで
自分の考えについて、ある種の納得をしているのではないでしょうか。


会話の中に様々なカタカナが多くなり
言葉の意味がとっても軽く扱われるようになりました。

相対する人のお話を聴くときに、
ついついブロッキング現象がおこってしまいます。

それは先日参加した【ポジショニングから生活を変えよう】
講習会の中で聞いて、思わず納得した話でした。

話す人の言動に
聞いてる人の感情が乗っかってしまい、
本来話したい人の内容を遮断してしまい
本来の意味として伝わっていなかったということが
日常生活の中にたくさんある


そんな話を聴いたときに、
思わず自分自身の聞き手側の立場として
そういう現象が起こっていたことに納得してしまいましたw

相対する人の話を10聞けていない状態で、
相手を分類してしまい、
一方的に納得してしまったり、
決めつけてしまったり
わかった気になることの怖さをふと考えてしまいました。

専門家の多くはあたかも、
決定的な断言をする人が多いように感じます。

どれだけの統計を取りその統計から洩れた人は一切いないのか?
型にはまってしまえば、それ以外の行動はないのだろうか?
人の性格や行動について無責任なことって言えるのだろうか?

もちろん専門家は多くの統計をとっています。
何万人話を聴き分類していくという作業をしているので
ある程度その統計を嘘だといっているのではないのですが、
そうやって分類すること、されること
断言されてしまうことのさみしさを感じるのです。

あるがままに受け入れる

難しいけれど
受け入れたいと感じるし、
受け入れられたいなぁと思うところがありますが、
それはわがままなことでしょうか?!(´ー`A;)

分類されるということが、一つの課題(壁=ブロック)となって
必要な情報を遮断してしまったり
弊害となってでてくるんではないか・・・・と。

憶測で会話をすることも多い中
相手が傷つくことが多々あります。
日常会話の中で、相手が自分に対してのイメージを聴き
「あぁそんな風に思ってたんだなぁ」と
感じた時ほどさみしいなと思うことはありません。

だから
人間はカテゴライズされるものではないように思うのです。

たとえ、分類したとしても、
それはそっと心の中にしまっておく方がいいように感じました。

そう感じたから、私自身は気をつけよう
ぅん!!“((o(・Д・o*)コクリ
  •   01, 2011 18:19
  •  0

COMMENT 0

Post a comment