きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

心をぐっとわしづかみ

  04, 2011 01:35
一つ目の老健で働いていたころのこと・・・

ある顔がこわもてのおじいさんがいましたw
身体もおっきくて、自営業をされている方でしたが、
脳梗塞の後遺症でした。

奥さんは笑いながら言います。
「この人とっても気は小さいんです(。・w・。 ) ププッ」

そんな田中さん(仮名)は
いつも大きなあざを作るのです。
トイレに行きたくて、コールを慣らすのは嫌だからこそっと行くと
寝ぼけと薬で足元がふらつきいつもどこかにぶつけてしまう。

トイレ誘導や、それ以外でもマメに訪室しては声をかけるのですが
なかなかタイミングが合わない日が多いのです。

田中さんはお昼間車いすで自分で足でこぎ移動しています。
テレビをみていたと思っていたのですが、
ふと詰め所前の電話のところにいました。

当時NTTがカード電話を置いてくれず、硬貨の電話でした。
田中さんは何度も受話器をとってはかけ
お金を入れては、受話器を降ろすことを繰り返していました。

記録をしながら様子をみていたのですが、
田中さんが窓越しにおいらを呼ぶ

「どうしたの?」
「お金・・・・かえて・・・」
「100円玉を10円に?何枚変える?!」
「全部」
相当な枚数があります。
電話をかけるのにも苦労しているようでしたので思わず尋ねる。

「田中さん、どこにかけるの?かけてあげようか?」
「・・・・・」

ちょっと沈黙・・・・まずいこと言ったかなぁ?!
「・・・・東京・・・・」
東京?!(*゚Д゚*)ェ...

そりゃ相当の枚数が必要です。
動作がゆっくりで、なかなか細かな作業ができない田中さん
手伝うことにしました。

「この番号・・・・かけて」

今まで自宅にかけたことはあっても東京ということは
何か事情があるのかもしれません。

「田中さん、東京の誰にかけるか・・・よかったら教えてほしいんだけど?!」
「・・・・・」
「親戚の人?知り合い?」
「・・・・・・あれ・・・・」

あれ?!(`-д-;)ゞってなんだ?!
田中さんは食堂の方を指さします。
東京で・・・・食堂?!

よーく見ると
食堂ではテレビが映っています

SHOPチャンネル
ご存じ・・・・通販番組です


「ま・・・・まさか(゚Д゚;)・・・・」

「・・・・時計・・・金・・・・ダイヤがあって・・・
 19800円・・・・やすいぃぃぃヽ(〃v〃)ノ ・・・・」


シ━━(^(^(^(^(^(^ω^;lll)━━ンまじっすかぁぁぁぁ


「Σ(´□`ノ)ノ本物の金がそんな値段でない!ああいうのは嘘がおおいからね!」
思わず必死で止めてしまうw

手ごろな価格に、見事なキャッチフレーズ
高齢者の心をわしづかみ!!!おぉ-(o゚Д゚ノ)ノ

って感心してるばやいではないw
説明を繰り返しやっとこさあきらめてもらうw
最後の決め台詞は
「奥さんに怒られちゃうよっ!」
さすがに・・・・
奥さんには頭が上がらない様子であきらめてくださいました♪
哀愁漂う背中で、ちょっぴりがっくりしながら食堂に帰って行きましたw

ごめんね、でも本当に偽物が多いからね^^;


普段、職員からは認知症があって理解ができてないって思われてた田中さん。
めっちゃ覚えてて、しかもちゃんとメモとってまで観てるんだなぁ~
テレビからの情報を習得するってなかなか、認知症が本当に進んでたらできませんよね。

今考えれば彼の動きがゆっくりだったことは
薬のせいだったかもしれません。
もう少しリハビリの方法と、快適な介護方法を知っていたら、
転倒も少なく、自分の行きたいところに行けたかもしれない。

介護保険が始まる前のお話。

面白かったエピソードの中にも
たくさん、思うところがある思いでたち。
だからこそ、ちゃんと知識は知らなきゃいけないなって思い直します♪
  •   04, 2011 01:35
  •  0

COMMENT 0

Post a comment