きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

ミニ福祉機器展 実行委員会2回目

  28, 2011 00:49
ミニ福祉機器展のカテゴリーを変更しました♪
【寄ってっ亭 輪楽のわっか研修会】に含めようと思いましたが、
それじゃわかりにくいので、カテゴリーを編集しました。
その名も・・・
【ミニ福祉機器展 レッツらゴー 日記】゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚

今日は新しい方にも加わっていただきながら
実行委員会2回目を開催。

自分がまだまだ動けなくて、
中心で動いてくださっている人にご迷惑をかけていることを
痛感します。゚:;。+゚(ノω・、)゚+。::゚。

自分の見識の低さに反省。
反省だけなら猿でもできるから、
それをきちんと自分の物にしていかないとね。


こうした福祉機器展をやるということで
別に事業所を”排除したい”という思いは全くありません。

西宮の介護の現状が良くならないのがね
さみしいんですよ。
。゚+(。ノдヽ。)゚+。

おいらの周りでもいっぱい身体を壊して辞めていった人もいる。
介護の楽しさを知らずに辞めていった人もいる。
実際現場で働く人が、やりがいを感じてない人が多い。

”妥協”
という言葉が適当とは思えない。
”あきらめ”
なんだろうなって。

人にあったかいはずの仕事が
働く人に冷たい現場であっていいはずがないと思うのです。

いろんなネットワークは
独り占めするのではなく
共有しなくちゃ勿体ない。

自分だけではどうにもならないことがある。
組織の中の一員でいる限り、
おいらのように逸脱した行動は取れない。

でも、
人として心が揺り動かされる時があるじゃないか。

・助けて!
・教えて!
 
と叫ぶことができたなら、
つらい時には共感してくれて、
なおかつ、一緒に考えてくれる人がいて
とりあえずの方法をアドバイスしてくれる人がいれば
そんなネットワークが近くにあれば大きな力を発揮する。

おいらのやりたいミニ福祉機器展はそうしたことを
ご縁でつながる会にしたい。
゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚

個々の輪っかが
どこかでひっついたり
大きくなったり
数が増えたり
そうした共鳴することができれば
きっと何かが動く可能性がある。

良い事業所が一つあっても
全体のケアの質はかわらない。

西宮だけでなく
隣接市だけでなく
もっと大きな全体として発信していくことが
様々なものを揺り動かすかもしれないと思います。

いろんな職種がまじくり、
それぞれの資格の意味をなす。
それが連携だし、ネットワークだし、一人の人に向き合うということ。
サービス計画書の意味をなす。

無駄な計画書と思いながら作成するのではなく
利用者さんや、家族から、
あの計画書があったからこそ、今の状態が保てている。
そんな風に言ってもらえたら、ものすごく幸せ。

緩やかに疲れてくる身体にそっと心から優しい手を差し伸べられる。
そんなケアができれば、もっと”らしく”生きられる。


おいらのことをよく思ってない人も多いことでしょう。
でも、きちんとご自分の仕事を見つめてみて、
実際見に来て、触れて、参加してみてください。

あなたは誰のために考えて
仕事しなくちゃいけないのかがきっとわかるはず。
  •   28, 2011 00:49
  •  0

COMMENT 0

Post a comment