きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

ちいきほうかつ

  18, 2011 22:45
どぉもぉー
仕事を何しているかと尋ねられ、答えたところ、
「あぁ、プランナーさんねっ(・∀・)」と言われ、若干イラッとした
きみきみです+.(o´∀`o)゚+.゚

なんちゃっておいらのケアマネのおいらでも
”プランナー”という言葉が嫌いでしてね。

横文字にしたら、ええっちゅーもんちゃうっねん(*゚ε´*)プゥ.と思うわけですw

先日おいらの担当の要支援の利用者さんが通常の更新で要介護になりました。
おいらは、要支援の利用者さんを中心としたケアマネとして採用されておりますので、
要介護の利用者さんは人数をぐっと減らして担当しているのですよ。
その枠をオーバーすることになるので、おいらは要介護になった方の
担当で居られないんですね。゚+(。ノдヽ。)゚+。


介護は急に始まります。
準備していたところに始まるのであればなんとか耐えられるのですが、
どんなに準備していても思い描くモノとはかけ離れた状態で始まる。

地域包括支援センターで新規の申請から、
たとえばヘルパーや軽度の方の対応をしますが、いちばん何が大切かって、
介護が突然始まった人に対して、どういうフォローをしていくかということが
大切な業務の一つだなぁと改めて感じます。

近くに住む娘さんが、半月ほど前からご本人とそのご主人の
介護や病院の付き添いで家を訪れる機会が多くなり、
おいらが電話するとため息を漏らされてしまい、
何が原因かわからないまま、
お気に召さないことをしたんだろうかと思っておりましたが、
実は急に娘さんの肩に二人の出来事が起こり、
どこまでどのようにしたらよいかわからなくての態度だったことが今日わかりました。

デイサービスの内容について
どんなふうな思いで利用したいと考えているかなど
事業所に伝えたり、もちろん家族さんの思いや
気持ちを吐きだせるような関係を築かなければならないのですが
区内とはいえ別居しているため、娘さんに伝言しきれていなかったのが
申し訳なかったと謝罪しました。

そして、
自分の説明不足を悔みながら
ケアマネージャーの仕事って何?!って考えるわけです。

職業人として行うべきこと
行う必要のないこと、それはわける必要がありますが、
ある日突然ふってわいた介護に
ふってわいたケアマネとの人間関係の中で
どんなふうに考えているか、どんなことを求めていいのか
そんな話をとりあえず吐きだしていただかないことには
その選別すらできないような気がします。

話しやすい雰囲気作りやコミュニケーション、そんな細やかな対応一つで
心や関係がほぐれる時があるのに、少し怠っていたことが恥ずかしいなって・・・。

要介護4や5の方って実はすごく家族の方も慣れていて、
逆に、ご家族さんの方が余裕をもって対応してくださっていることが多い。
しかし、認知症が始まった
一人暮らしでまだ意思決定はできるけれど見守りが必要
他者から忠告
主たる介護者の入退院
ADLの低下
介護や見守りが始まった軽度者ほど、
きちんとした相談窓口や訪問が必要だと思うのです。

不快感をあらわにされている人は
あらわにする理由がどこかにある。

地域包括支援センターの意味って本来的に
総合かつ、広い窓口でなければならないことを改めて思います。

中にはプランに力を入れるセンターもあるかもしれません。

しかし本来的な包括支援センターの役割の一つに
要介護状態にならないようにすることや
地域連携とともにインフォーマルサービスの拡充を検討することなども
重要な仕事ですよね。

なんらかの介護を必要とする人の立場に立ちながら
制度と利用者保護の観点から、
またエリア内の居宅介護支援事業所のケアマネージャのスーパーバイザーであること、
さらなる中立の立場でかかわっていくことが大事なんじゃないかと感じるわけです。

地域包括ってめっちゃ大事やん^^;

いろんな地域包括があるなかで
サービスだけにとらわれず
どうか、かかわる職員さん
プランナーと呼ばれている人たちだって、
ちゃんとそこで働く人の意味に耳を傾けないとだめですよね。

予防プランって手がかかるうえに安いからそれなりしかやらない

そんなセンターやケアマネージャがいるとするなら
それは違います。

手がかかるからこそ、きちんと対応して
きちんと国に提言していく必要があるのです。

どれほど予防が大切かということ・・・。

軽度者のサービスの縮小が東日本大震災の影響で進行する可能性があります。
国が元気な高齢者を作ろうとしなければ
寝たきりになってサービスを受けた方が得ってなってしまいます。


緩やかに介護が重度化していくことと
必要な介護サービスが受けられず重度化するということは
大きな違いがあります。


あなたの地域の地域包括支援センターはどこにありますか?
ちゃんと電話しても対応してくださっていますか?
親身に聞いてくれていますか?
高齢者が元気になるように地域を巻き込もうとされていますか?

もしそうでないなら、
ぜひ地域から、地域包括支援センターを巻き込むように
活動してください。


目の敵ではなく
持っている専門性をいかんなく発揮してもらえるように
ケアマネージャーをどんどん巻き込みましょう。

明日介護が必要になった時、心から相談できる窓口でありますように・・・。
ぅん!!“((o(・Д・o*)コクリ
  •   18, 2011 22:45
  •  0

COMMENT 0

Post a comment