きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

お盆

  15, 2011 07:58
おはようございます

最近分厚くなりつつある きみきみです(-∀-`; )

今日は世間で言うお盆ですね。

終戦の日でもあります。

おいらたちの世代はすでに教科書でもほとんど日本の歴史は

さらっと流した時代に突入しております。

南京大虐殺とかは掲載されてはいましたが、ほとんど触れてなかったような気がします。

だから2・16も知らなかったしほとんど自分の国の歴史は

年表上の出来事の見出し程度しかしらなかったのです。

なぜなんでしょうね・・・。

日本人なのに日本の歴史をしらないって変な感じがします。

入試に出ないということをいいことに学校も

学生もほとんど教えられずに育ってきました。

でも最近、知らないっていうことを恥ずかしいなって感じるようになってきました。

昔、夏休み小学校で映画大会が開かれました

「はだしのゲン」と「ピカドン」を見ました。

衝撃的でした。夜はいつまでも怖くて、眠れなかったことを覚えている。

お年寄りの多くは終戦の日の天皇陛下の言葉を暗記している人が

多かった

でも、これからは暗記した人もどんどん減っていく。

戦争を語れない世代になっていく。

偏った見方で戦争はだめだというのではなく

史実に基づいて話を聴いたり、本を読んだり、現場に行ってみたいと感じる。

恥ずかしいけれど、原爆ドームもひめゆりの塔も行ったことがないのです。

いろんな世の中の矛盾がある中で

シュプレヒコールを上げることも大切だと感じるし

それはお利口に納得させられることでもない。

”納得”ってすごく難しいようで簡単で、やっぱりよくわからない

人に屈することが嫌だった

それは流されることとまた違う・・・。

本2

今この本を読んでます。

自分の中にある意見とはなにか、

本当のおとなって何かわからないけれど考えさせられます。

きっと1回読んだくらいじゃわからない感じがする

それでも、引き込まれるものがある

それが、いつか自分のものになればいいなぁ(*´Д`*)
  •   15, 2011 07:58
  •  2

COMMENT 2

Mon
2011.08.15
23:02

きみきみ  

yasuさんへ

そうですね。
高校の時の校内演劇が「ひめゆりの塔」でした。
じいちゃんのゲートルがでてきたので、思いも少しのせて劇場小物として使いました。

知らないことが多い
本土の人間は特に・・・。
きっとルーツを知ることがアイデンティティを確立するものなのかもしれないと
最近感じます。

いつかひめゆりにも行きたいと思っています。

2011/08/15 (Mon) 23:02 | REPLY |   
Mon
2011.08.15
19:06

yasu  

きみきみさんへ

終戦記念日ですね。私たちが接する方々の
青春時代を殺し合いの歴史が台無しにして
しまったのですよね。うちの施設にも 
ひめゆり部隊のだった方がいます。
この方々の戦いはまだ終わっていません。
私はこの方に何もできないけど、この方の
話や接した記憶を忘れずに子供たちに
渡していく作業を行っていきます。
それがこの土地、この時代に生まれた私の務めだと
考えています。

2011/08/15 (Mon) 19:06 | REPLY |   

Post a comment