きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

ヒトノフリミテ

  08, 2011 19:50
人のふり見てわがふり直せ
(○´・ェ・)(○´-ェ-)
そう思います


担当の利用者さんと少しだけ距離が離れた場所にいる娘さん。
ご本人の状態が良くないことを調査員から聞いて知ったのと、
希望もあり娘さんに連絡を取りましたが、
なぜか立腹されていました。

働かれているということもあり
ご本人もお話が通じることもあり
マメに娘さんには連絡を取ってはいなかったのは事実です。

一緒に暮されている旦那さんには時々たずねていたんですけどね・・・。
大丈夫というふうに言われてたのでそのままにしていました。

今回認定調査の結果要支援⇒要介護になりましたので
担当のケアマネージャーが変わることを連絡すると
「選べるんですか?!」

介護保険は選んで戴くことが目的です。
地域包括支援センターは確かに中学校区に一つですので
限定されてしまいますが、担当者だって変更は可能だったのです。

会話のトーンから
どうやらおいらはお気に召さなかった様子がわかりました。

理由はわかりませんが
きっと不快にさせることをしてしまったのでしょうね。
申し訳ないことです。

担当者を変更できるということを伝えればよかったですね
(´エ`;)

ご本人さんは訪問などは喜んでくださっているように思えたんですけれど
そうでもなかったのかもしれませんね。

言いやすい、もしくは話しやすい環境ではなかったかもしれないなぁと
反省します。

ケアマネージャーは選択することができることを
知らない人が多いのですが、
それは介護保険を選択する人の権利ですからね。

もちろん顔の好みやスタイルの良さなどで選んではいけませんが(-∀-`; )
人と人との相性というのはあります。
納得できないことがあればきちんと伝えましょう。

その時、相手が改善をしようとするか
もしくは
謝罪をするのか
よく見極めてみるとよいかと思います。

人間ですからね、
行き違いや言葉足らずっていうこともあります。
はじめから万能なケアマネージャーというのもありません。

良い事業所
と言われるところであっても
合わない人にとっては嫌な事業所に変わらないんです。

お話してくださる時があれば
きちんとお話させていただきますが、
もしそれが無理だったら、
これからできることをちゃんと自分で対応しなければって思います。

だからこそ
権利として変更ができるということを
今担当している人達にもちゃんと伝えていこうと思います。


自分のやってることが正しいとは決して思わず
謙虚に反省
そしてちゃんと対応していかなきゃ・・・。

まだまだ未熟者
勉強せねばなりませんな。
  •   08, 2011 19:50
  •  0

COMMENT 0

Post a comment