きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

大阪大学 鷲田清一総長 最終講座

  05, 2011 10:38
私の母校は 大阪大( ゚Д゚)㌦ァ!!ではございませんっw
(今は無くなった介護福祉士養成の職業訓練学校です。)

毎月1回ケア塾たまてばこ 講師:西川勝 さんの講座に出ています。
「わかりやすいは わかりにくい」 著:鷲田 清一氏
を毎回、1章ごと読み解いていくという哲学の勉強です。

その鷲田さんは大阪大学の総長をされていて、
今月末退職されることになりました。
そのため、最終講座が昨日無料で一般公開されたので参加してきました♪
鷲田氏①

お初大阪大学
(v´∀`)ハ(´∀`v)ひろーい
鷲田氏②

本をみんなで読んでいるので、どんな先生なのかととっても興味がありました。
哲学のことを話す人は眉間にしわのよった怖いひとなんじゃないかなぁ(´д`ι)

壇上に上がられた人は、どちらかというと頭に目が行くw
優しいお顔の方でした。
話し方も、どこかあわてながら、それでも想いを伝えるところはしっかりと
ゆっくりとした話をされ、本当に1時間半寝ることもなく聴き入りました。

今まで日本の哲学は諸外国に比べ遅れていたそうです。
しっかりこうだ!と言えるものがどこか不安で。
それは日本人の気質であるかと。

「決して最初から哲学を希望していた専攻ではなかったけれど
入れるところがそこしかなかった」

哲学の世界に入った時、人文学の恩師がこう言われた

「人としてそれが必ず無ければならないという思いや学び
考えにこだわることそれが哲学だよ」

卵のお話がとっても面白かった♪

ある子供が卵の新しさを見分けなさいという問いを学校で出された。
卵を水に浮かべるというやり方もあるけれど、
彼は割って黄身の高さで新古を習ったという。
そして子供のクラスに出された設問は
”どちらの卵から食べますか?!”
二つ割ったので食べることが前提です。
その子供は迷わず黄身の高さの低い方を選びました。
だって家では古い卵から食べるように教育されていたから・・・・。
子供はクラスの中で唯一不正解でした


この設問・・・
”どちらから食べますか?!”
そもそも疑問がありますよね。
だって日常生活から考えれば古い卵から食べますよね。
だけど、食べることと新古を見分ける為の設問にしては疑問が残るわけです。

そこにある設問に対しても
よくよく考えると疑問が生まれてくる
そもそもなんのために聞いてるんだ?!と

こうした問いや教養を考えていくことが哲学の始まりであるというのです。

何気ない生き方の中にも
たくさんの答えのない状態というのは出てきます。
しかし、手持ちの知識で解決すること、解釈することで問題をゆがめたり
見なかったことにしてしまう。

○○の専門家という人たちがいますが、
○○しか知らないということは
ある種特色のある素人ともいえるのです。
だからいろんな職種の人とかかわることが必要で、いろんな問題を解決していく
為にはそうした人の知恵やアドバイスを聴きながらかかわっていくことが
解決のプロセスだと言います。

自分の中に忘れてはいけない4つの価値観
この価値観を遠近法を使い分けながら
即答即決というのではなく
策そうする機関を持つことが教養を深め
英知とプロセスという勇気をもつ

と話をされていました。

最後に、あまりに”プロ”に任せすぎた社会は
”プロ”がいるから責任を持たず、
自分や地域で考えない人たちになっている。

今こそ価値の遠近法を使い、全体に気を配れるようになることが重要ではないかと
問いかけます。

自尊心は他人から贈られるもの。
そして、その場所や古い歴史を語り継ぐことで、
大事にされているという実感が伴えば人は養われていくということ・・・。


とってもわかりやすくて面白い講座でした。
わかったふりではなく
わかりたいと探求する心をを持ち続けてていいんだって
今も思います。

自分を育成
人を育成するには己と向き合い、しっかり与えられる自尊心と4つの価値
大事にしたいなぁ。

福祉に通じることが満載です♪

鷲田氏③
鷲田氏⑤
  •   05, 2011 10:38
  •  2

COMMENT 2

Wed
2011.08.10
18:49

きみきみ  

@むつみさん

すぐ答えを求める時代の流れです。
それでも考えることが教養へつながるという話を聴いた時、
学ぶことってそういえば自問自答するくりかえしなんだろうなって思ったんです。
まだまだ修行がたりませんっ

2011/08/10 (Wed) 18:49 | REPLY |   
Tue
2011.08.09
21:54

@むつみ  

道は通じているものですね

 こんな講義、私も聴講したいものです。

フト気が付くと、手持ちの自分の知識のみで解決・解釈していることの多い私。
でもそれってもうすでに思考停止状態。

この記事には噛みしめたい言葉が一杯ありました。

2011/08/09 (Tue) 21:54 | EDIT | REPLY |   

Post a comment