きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

腐敗④

  29, 2011 07:12
【腐敗①】はこちらから
【腐敗②】はこちらから
【腐敗③】のつづき

人に対する援助職でありながら
対人援助技法にもなっていないその姿勢の表れに恥ずかしさも微塵もない。

プロとしての資質を問う
医療の進歩とともに介護も進歩している
介護保険がスタートし、来年度には改革がある
世情の動向を全く気にすることもなく、気になるのは事業所収益の減収や増収のみ。

家族に寄り添うというより
施設に沿わない人間に対して、非情にふるまうものその態度に
なんとも閉口した。

どれほど家族が我慢を強いられなければならないのだろうか。

市立老健のの看板をあげており、
某市事業団には5・4%の市より補助金を受けている。
建設時にも、多額の市からの援助をされており、
現在自主事業という中であっても土地建物については減価償却すでにできている状況であろう。

公益性を担っている事業所の職員の責任としての自覚が足りないと感じた説明だった。


福祉という観点もないものが
介護保険事業を行っているとこうしたことを誘発する。
それは1泊800円のフランチャイズ企業すらも責められぬもの。

働く人たちはこんな上司の元、
現場の人間はまた対応苦慮な出来事にいらぬ頭を下げ、
大した内容もわからぬまま、自分たちが正しいという介護を行っている。

それは無知の極みである!

認知症状は周辺症状により改善されることに対して、
彼らはAさんという利用者のことをさも理解し、専門職として適切な医療機関に
受診するよう勧めているというスタンスを撮りたかったようだが、
家族も本人も必要と思っていない医療機関の受診について
あるがままを受け入れることはできず、
施設に適応しない人は受け入れしにくいということを
サービス事業所が堂々と行うことに、あたしは
人間としての尊厳を踏みにじられる行為を許せないと感じた。

Aさんという人を
性格ごと受け入れてくれということに対して了承は得られなかった。

「以前ゲームなどで興奮した利用者さんが倒れたということがあり、そうしたことを
防ぐためにあくまで提案しただけです」

最後の最後でそうのたまった

だったら最初からそれをいえば良いのではないでしょうか

あたしは思う。
その過去倒れた利用者についても興奮状態を作ったということを考えるではなく
ゲームの合間に一人ひとり目を配っていなかった職員の予見能力のなさも
あるのではないだろうか?

介護をしている上で
いや生きている上で
予見できる事故ばかりではない


あたし達だって明日何が起こるか分からない。
まして加齢に伴い何らかの障害を有している人たちが生活しているのだ。
何があってもおかしくない年齢や病気を保有している。

しかし家族はいつまでも生きていてほしいと思うし、
できれば楽しく過ごしていてほしいと思っている。

予見できない事故が起きた時、包み隠さず、その時にきちんとした応対、
家族との誠意のこもったコミュニケーションができてさえいれば
”仕方のないことだ”と思う時だってある。

しかしながら、この某市事業団の職員には微塵もそれは感じられない。

あたしは思う
その人の生活を知ればケアが変わるし
心が動く
この人たちを介護保険のサービスを利用しなければ
生活が成り立たないことが分かる。

生活≠暮らし

人は住み慣れた環境で暮らしたいと考えている
暮らしは「点」と「点」では成立しない。
ICFの観点からもわかるように
利用者も線であり
それは相互に幾重にも重なって暮らしを支えているのである。

介護のプロとして
事業所をになう者の責任として自らのケアについて
問うていく必要があるということについて
責任が課せられている自覚を持つべきだ

人を預かる責任というのは
息をしている状態で家に帰すということではない。
身体的にも精神的にも本人が満足して・・・
いや普通に家に生きて帰ってこさせろと言っているのだ。

介護をなめんなっ!

介護職の地位を下げている人間に仕えて
こうしたことを知ろうとしない現場の人間も声を上げるべきだ。
そして、市民も家族も「かしこく」ならなければならない。
もう黙っているだけではだめだ。

第三者評価なんて金で雇われている委託業者の内容に
対して信用はできない。

市民オンブズマンなどきちんと明確に対応するぐらいの勢いがなければならない。
誰もが頼れる事業所を市内にどんどん増やしていき、
きちんと説明責任を果たせる事業所を白日のもとにさらすことで
こうした、家族が泣き寝入りしなくていい環境を整えていくべきだ。

乱立するデイサービスや施設に対して
有料老人ホーム
高齢者賃貸住宅に対して、
金で左右されることなく
しっかりとした
利用者立場で判定できるような状況があってこそ
初めて自己選択できる介護保険となるのである。

10年たっても自己選択できるということを
勘違いしている介護保険について
もう考えを改める必要があると思いませんか?!


医者と同じように
ランク付けするのは
外郭団体ではなく
市民団体だ。

あたしはこの最低な施設に8年勤めていた。
働いて時改革をしようとしたが失敗した。
それでもそこで働いている後輩や同期がへの想いが少なからずあった。

くやしくて
くやしくて
帰りの車の中で一人泣き叫んだ
こんなに腐っているとは思わなかった。

自分たちが誇れるケアを提供しているという彼らに対して哀れに思った。
現場も
施設側も
本人も
家族も
いずれお世話になるかも知れない市民も
誰一人として満足感を得られていない現状に
馬鹿らしいとなぜ気づかないのだろう。

膨大に膨れ上がるあなたの保険料そうした満足の得られない
医療・介護の名のもとに増税し続ける世の中であればあるほど
支払った保険料を
支給される保険料を
公費を
大切に使うべきじゃないのだろうか?

ふ(普段の) く(くらしの) し(しあわせ)の観点であることを
強く強く感じた一日
この闘いは始まりであって終わりではない
  •   29, 2011 07:12
  •  4

COMMENT 4

Mon
2011.08.01
09:07

きみきみ  

ウエッティさん

えっとね、この地域は都市部な癖して考え方が田舎なの。
助け合うという精神が少ないんだわ

事業所が勝手にぽこぽこできてるけど人の教育は薄い
表面上のことばかり
まぁ7割占める半官半民がそうなんだからしょうがないよねぇ。

2011/08/01 (Mon) 09:07 | REPLY |   
Sun
2011.07.31
00:26

ウエッティ  

都市部ね

たしかに人が多いと複雑になる。
田舎にいると思う。
たしかに人がいい。
素直に聞いてくれるな~。
都会は大変だ。・・・田舎も!?お互い様かね。

2011/07/31 (Sun) 00:26 | REPLY |   
Sat
2011.07.30
01:53

きみきみ  

ウエッティさん

はっはっは
そんな良いサービスが都市部にあるわけないじゃないですかぁ♪
でも必ず何かアクションは起しますよw

負けてなるものかw

2011/07/30 (Sat) 01:53 | REPLY |   
Sat
2011.07.30
01:12

ウエッティ  

まるでT電と一緒だ

市内シェア6割だと内部から変わる力はつぶされるだろう。
競争相手が台頭するのが得策だけどね。
そうなると上からか医療側か顧客層からの指摘しかない。
あるいはトップが変わるか。
息の長い戦いです。いずれにしても。

しかし、人権を無視したような態度は許せん。

2011/07/30 (Sat) 01:12 | REPLY |   

Post a comment