きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

【無料】 震災フォーラム

  22, 2011 11:19
『Dr和の町医者日記』でおなじみの 長尾和宏先生が「震災と介護」について無料のフォーラムを神戸で行います゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚イイネェ

この先生は全国各地飛び回り、
医療のこと
介護のこと
震災のこと伝え歩いていますが、
町医者です。

尼崎の中で10人の先生を抱えながら、日々診療や執筆にも力を注いでいる。
「いつ寝てるん?!(´д`ι)」
そう誰もが思うような人です。

町医者という割にあっちこっち行ってたら診療できないやろーという声もありますが
なんのなんの・・・
本当に朝から夜中から先生は携帯が鳴れば、診察に駆けつける(東京とかの場合は無理ですけど)
気になる患者さんも夜中に往診。

こんな先生診たことありません。
本当の24時間往診してくれる先生です。
在宅での看取りも何百件と経験してこられています。
時には暴力沙汰になるのをこらえながら、患者さんの話をゆっくり聴きます。
先生は決して上から言うのではなく
「家族や患者さんから学ばせてもらってる」そういつも言います。

尊厳死協会の理事であったり
日本在宅ホスピス研究会の役もやったり
おいらが知ってるだけでも、・・・(・∀・i)タラー・・・ただものじゃございません。
(詳しくはこちらをご参照くださいね『Dr和の町医者日記』)

長尾先生が尼崎に開業しようと決めたのは
16年前勤務医として勤めていた芦屋病院時代、阪神淡路大震災を経験したからこそ。
数年こそ患者さんは来ないけれど、今は多くの患者さんが毎日来られます。

そんな先生の震災にかける思いはなみなみならないです。
今回の東日本大震災でも、自分の目で見たことを伝えようと
GWに被災地を5日間で回ってきています。
共震ドクター
【共震ドクター】(アマゾンでも販売中)震災で見聞きしたものを対談も交えながら本になりました。

その中で親しくなった方々に会いに、今日から福島県相馬市へ再び向かっておられます。
そんな長尾先生の被災地帰りに、今度の日曜日無料の震災フォーラムがあります。

お席はまだまだございます。
+.゚(´▽`人)゚+.゚ィィ!!
よろしければ、先生の生の震災の時に必要な介護とは、かかわりとは・・・
とれとれのお話を聴きに行ってみてください♪

一般社団法人兵庫県介護福祉士会
平成23年度公開講座  

7月24日(日)

場所:よみうり神戸文化センター
  Map.gif

時間: 14時~16時
講演:「震災と介護~阪神から東北にできること~」
講師: 長尾クリニック 院長   長尾和宏氏

申し込み・お問い合わせ : 一般社団法人 兵庫県介護福祉士会
電話:078-242-7011
FAX:078-242-7033
  •   22, 2011 11:19
  •  2

COMMENT 2

Sun
2011.07.24
00:03

きみきみ  

ウエッティさん

とってもね、気さくでよい先生なんですよ^^
男気もあるしね♪
家の近所にこういう先生が増えてほしいなぁ

2011/07/24 (Sun) 00:03 | REPLY |   
Sat
2011.07.23
23:50

ウエッティ  

野にあって

本当の偉い先生はこういう方をいうのだろうな。とHPを読みながら思っています。

2011/07/23 (Sat) 23:50 | REPLY |   

Post a comment