きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

なちゅは 兵庫ピース 6月・7月

  17, 2011 15:19
ずっと更新を忘れておりました(´ー`A;) アセアセ

5月は所用があっておいらはお休みしました♪【座りなおし】
6月【移乗】
 まず自分の身体の動きで確認します。
 障害を持つ人が同じ動きをあてはめるというのではなく、
 自分はどう動いているか、
 他の人はどう動いているかを 知る ということです(・∀・)イイ

 どうやって人は動いているのか
 一人ひとり違うということ
 その中で大切なことを知るということです。

7月【移乗:スライディングボード】 
 先月の振り返りから、スライディングボードの使い方をグループに分かれておこないます。
 
 スライディングボードはその使用方法をしっかりしっておかないと
 前に滑り落ちてしまい事故につながってしまいます。

 身体の動き方、滑るということを体感してから、ボードの効果的な利用方法を考えます。
 
 介護職なのに、そんなボードを使うなんて(`・з・)ブー
 
 でもよく考えてみてください、
 抱えあげられて不快な介助をされるより、
 ゆっくりスライディングボードを利用して安全に移乗するほうが
 よっぽどいいと思いませんか?! (ェ;)

 認知症の深い人に車いすに移乗してもらう時、膝折れがあるからと
 前から介助をしようとして、ボディメカニクス を使って抱えあげるような介助していませんか?
 
 グループの指導をしてくれた眞藤さんはおっしゃいます
 「デンマークで私たちが習った時はね、ボードと車いすをセッティングしたら
 利用者さんの横に座ってね、お尻で寄って行くのw
 そしたら、ご利用者さんも横へいざってくれるの。気が付いたら車いすに座っているのよ」
 

 おぉ(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪
 ほんとほんとw
 声をかけながら、お尻でちょいちょい押していくと、人間
 ごそごそと横へ移動しちゃいますよねぇ。

 「移動や方法ではなくて、どう動いたらその人に意識してもらえるか。
 どれだけ”ごそごそ”動くということにこだわれるか。これが大事だと思う」
 

 (*-ω-)*´ω`)*-ω-)*´ω`)ウンウン♪
 方法は応用にすぎないけれど、ごそごそ動くこと、骨盤の動きというのに重きを置くことで
 きっとたくさん方法が見つかるはず。

 ボードも応用であって、簡易的ならば段ボールとビニール袋でいい。
 実はスーパーの傘袋だって手にはめたら、スライディングシートになる。
 
 方法をいくつも知っていることで、
 できなくなってからの対策ほどショックなことはないし
 難しくて受け入れにくい時がある。
 できなくなる前から知っておくと、安心して対応できる。
 そのためにご利用者さん自身に体感しておいてもらうとスムーズに利用しやすくなり
 その方法を提示できる為にいくつも知っておく必要がある。
 (o・∀・)b゙
 

 施設のようにしっかりアセスメントを行い、状態を観察しながら
 移乗動作ができればいいけれど、家族やヘルパーさんにはどうしても
 そこまでの技術を求めにくくなっています。

 ならば自宅でできる方法をいくつも提示し、その中で使いやすい方法や
 内容を検討していくことで在宅生活の限界点を引き挙げていくことができるし
 チームでかかわることができると、施設入所することになったとしても
 そこでの関係性が継続する可能性だってある。

 施設入所が良い
 在宅が良いという観点ではなくて、
 一人の人にどれだけこだわれるか。
 その人のことを考えられるか・・・。

 スライディングボードを使用しようが、どんな介護技術を利用しようとも
 急ぐんではなくて、ゆっくりペースに合わせて行うことの大切さ
 改めて教わりました


 兵庫なちゅは は 第3土曜日 18時から
 こうべ交流センターにて 月1回開催中 500円ですっ♪
  •   17, 2011 15:19
  •  0

COMMENT 0

Post a comment