きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

寄ってっ亭 輪楽 活動報告11日目

  07, 2011 00:31
昨日は【寄ってっ亭 輪楽】11日目でした
ヤッ━ヾ(*´∀)(∀`*)ノ゙━ッタ!!

でも昼食に来られた方はいらっしゃらなかったので、
残念ながら特製コロッケは売れずでございました。
まぁまた作ろう♪

昼過ぎに先週同様に朝日新聞の記者さんとケアマネさんが遊びに来て下さいました
ャッタ─ヽ(*´v`*)ノ─ァァ!!
夕方にはヘルパーの学校で勉強中のてるくんもいらっしゃい♪

実は
今日から3日間の特集記事で、朝日新聞阪神版にて取材されています。
1日目の今日は NPO法人 つどい場さくらちゃんの特集です♪
2日目か3日目に 寄ってっ亭 輪楽 も取材していただきましたので載ります。

早速購入しに行ったら
。:゚(。ノω\。)゚・。 ウワァーン うち神戸版だった・・・・。
新聞が届いたらアップしますね♪

さて昨日の夜は96歳Aさん親子とてるくんケアマネさんとまるちゃんとご飯を食べに行きました。
たまにはAさんの娘さんはいつも運転だから、呑んでもらいたくて
+.゚(*´∀`)b゚+.゚車でたまたま輪楽にいったので迎えに行きました。

介護って、いつも思いますが 【家族のあり方】のような気がします。
介護でつながる縁があって
介護で家族というものを気づかされたりする
96歳のお母さんはそれをつないでいる人であり、本当に身体で教えてくださっています。
だから、その親子のあり方を大切にしたいなぁって思う。

施設でしか働いたことのないおいらも昔は
”家族の代わりの介護職でありたい”
そう思っていました。

でも経験を積むごとに考えます。
その考えは非常にエゴでなおかつどこかで同情しているんだろうなって。
今では家族の変わりはできない
だからこそ、家族と利用者さんとをつなぐ役割でありたいって思います。

援助は手を出すだけだと感じていたあの頃
支援の形は人それぞれ違うこと
多種多様なければならないこと
いい加減の好い加減さ


生きることを楽しむ支援

こんなことを学ばせてくれる環境に感謝しています。

一人ひとり違う幸福論
人生論
だからこそ、
一人ひとりにちがうかかわりが必要で
幸福観の正解を求めるのではなく、一緒に歩める姿勢。
パズルのピースを探すように、少しずつ少しずつ一緒に考える
この大切さが福祉職に求められるものであると考えます。
寄ってっ亭 輪楽 も 一人ひとりにとって居心地の良い場所になればいいな。

ちょっとしたおせっかい  という介護があってもいい
ちょっとした気遣い    という支援があってもいい
一緒に過ごす       という寄り添いが欲しい


そんな人と人がであうから織りなす物語
やっぱり介護は面白い♪+.゚(´▽`人)゚+.゚ィィ!!

かっぱとえこ
来週もゆるゆる楽しみます♪
  •   07, 2011 00:31
  •  2

COMMENT 2

Fri
2011.07.08
00:14

きみきみ  

さくさくっとさん

毎日暑いっすからねぇ~

でも
贅沢をいうなら・・・

笑顔の写真がよかったwwww

2011/07/08 (Fri) 00:14 | REPLY |   
Thu
2011.07.07
14:54

さくさくっと  

朝日新聞見ましたヨ
暑いチャウチャウ熱い
思いが伝わりました。

2011/07/07 (Thu) 14:54 | REPLY |   

Post a comment