きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

まじめに福祉を考えよう ⑧

  04, 2011 21:19
【まじめに福祉を考えよう】の過去シリーズはこちらから♪ 

なんども言いますが、FC(フランチャイズ)デイの良いなんておいらには一切思えません。
ある時、FCデイの見学に行くとこんな風に、応対された方が話していました。

「800円での宿泊は介護保険上認められていないので、サービスの一環としてやっている」


その見解はおかしくありませんか?
どこのビジネスホテルに泊まるにしても、800円や1000円なんてありゃしません。
まして見守りや介護が必要なのですから。

30泊31日を利用した場合の料金表は見学された方の資料にしっかり渡されている。
そもそも認可は、小規模デイサービスとしての一人あたりの専有面積で計算されており
その中で、宿泊している。

あるFCのデイサービスは、8畳強の部屋に5人が一日宿泊でき、
すでに長期利用の方が3名いるという話を聴いた。

行政の見解はこうだった
「通常の認可というのは書類がそろっていれば降ろさざるをえません。
 たとえそれが、FCであったとしてもそうです。
 しかし、この料金表は初めてみましたし14日以上の宿泊は有料老人ホーム登録が
 必要となり、また、別棟というのを指導しているが、この場合は同じ場所で行っている。
 そのことにより話をすることはできるかも知れませんが、
 指定取り消し事由とはいきません」


そうか・・・
書類さえ揃っていれば文句がつけられないですね

書類さえ・・・

(`Д´)ゴゴゴ…━(ノдヽ)━( 乂 )━━━ヽ(゚Д゚)ノゴルァァア!!

でも納得できないんですよね。
だって見守りが必要だから夜泊るんですよね。
家でスヤスヤ寝る人なら、別に泊らなくていいもの・・・。

8畳に男も女もいて
簡易ベットやら布団やらあって
パーテーションがあって
暗い夜中、睡眠導入剤を呑んだり、目がしっかり醒めていない状態で
活動したりしたら、転ばないか危険予測するのは当然のことじゃないかな。

ちょっといろいろ分析してみた(。-`ω´-)ぅぃ

①初期投資を抑えている  
おいらが見学にいったとあるところは30年ほど前の中古住宅だった。 
古い住宅を買い上げるか借り上げるかを行い、あまり改装せずに変な位置に手すりがあった程度。
はじめから建設となると、まだまだ地域の中で反対運動が起きるが、気がつけば
空き家がデイサービスになったと、地域住民の知らぬ間に開業にこぎつけている

②人件費が安くてすむ
小規模デイサービス登録していれば、10人以下では看護師でなくても機能訓練士などの
資格があれば開業できる。介護職員の人数についても少なくて済むし、またパートばかりでも構わない。
専門職でなくても全然構わないのだ。

③食費を節約できる
見学に行ったところの、ある一週間のメニューをみせてもらったが、どんぶりもんばっかり。
一度に炊けば光熱費も安く、量が作れるどんぶり物はありがたい代物となっている。

④介護保険適用以外の日は3000円~5000円の実費徴収行う
夜は1000円なのにそこはなぜ実費なのかが不思議。
それはもしかしたらデイサービスの条件の中にあるのかもしれません。
ヘルパーの事業所も適正価格の指導が入るということですから・・・。

⑤個室を設ける必要がなく(デイの認可のため)民家で良いため、スプリンクラー設置義務がない
消防設備についてはどの程度行っているのかが不明
ただ古い中古の家やハイツの一階での開業というのは延焼など考えられる為
危険は危険なような気がする(通常デイサービスでも同じとは言えますが・・・)

⑥夜間の記録は提出不要
認可は昼間の通常デイサービスにてとっているため、夜間の記録の有無については
監査対象にならない。
しかしながら、認知症の方の対応をしたことがある方はわかるが、昼間より夜間の行動が
活発になることが多く、予測不能なことが起こりえる。その環境で、夜間の応対は
5人に対して1人の職員。理由の通じぬ人ばかりとなれば、思わず手が出たり、日常的に
虐待をしていても、ずっと宿泊している人は表面化しにくく温床となりやすい

⑦おむつは事業所廃棄物(産廃)にはならない
地域住民の理解があれば、ゴミステーションに廃棄できるんですね。
気づけばうちの隣がデイサービスになっていた、なんか知らないけど自治会には入った
なんてことがあれば、まぁふつうにごみステーションの利用になるでしょうから、
廃棄料がかかりませんね。

⑨小規模デイサービス登録しており、介護保険利用時の単価が通常デイサービスより高い
 まぁこれは通常の小規模デイサービスでもいえることなので、宿泊してるデイがどうのこうのではありません。

有料老人登録や
30泊31日の料金表の提示
パンフレットが明らかに既存の施設より誇張している

なんだか消費者を惑わす内容について取り締まれるのではないかと指摘しましたが、
それはどうやら管轄やらなんやらが違うので難しい様子・・・。

「取り締まりを厳しくすることで本来の目的を持ってやっている、また
やろうとしているデイサービスの自主事業について規制をかけてしまうことは
できない。ショートステイが取れないという現状から、また重度の認知症など
大規模施設を利用できない人たちが断られる現状などから介入することは
今の世の中の必要度と合致していない」


どうやって見分けるか
それができないから認可をおろすしかないというのなら、
ではなぜ開所後に、指導・監督ができないかということです。


利用者負担は連泊の人で15万円/月 以上最低でもかかります。
しかしそれはあくまで介護保険の1割負担を含むです。
残りの9割は国保連から、事業所に保険請求されれば支払われるのです!!!!
40歳以上になったら支払う
あの【介護保険料】から出ているのですよ (-`ェ´-怒)

昨今の社会保障費はどんどん上がっています。
物価も上がってきているのに生涯賃金はあがりません。
増える高齢者。
社会保障費も、消費税も、所得税も上がっていきます。

9割公費負担
1割自費負担
全く取りはぐれることのない確実な収入が介護の事業所にはあるのです。

ちなみにケアマネージャーにはなんと10割公費から支払われているのですよ。
知ってますか?!

あなたの担当のケアマネージャーはちゃんと働いてますか?!
中には(´д`ι)こいつ仕事してるんか?
いつも事務所おるよなぁっていうケアマネもいるんですよ。。。

9割の公費負担してくれているから
「どんどんサービスを使いましょう」
そういうのはおかしいと感じてほしいのです。
だって、今後この経済状況の中1割負担だけなんていうことはありえませんね。゚(゚´ω`゚)゚。ピー
健康保険だってはじめはみんな1割だったのですから、確実に支払う保険料と
利用者負担額は上がっていくのです。


【組織の中の限界もあります】
ある人は言いました。そうでしょうね。それが組織ですから・・・。
そんなきまりきったこと聞きたくて行ったんじゃないですよ^^;
また、申し出をした事由について”検討します”という言葉は、前向きでは使いませんね。
本当に組織を変えなければ、いいえその話に対して、知らなかったけれど危機感を感じている
というなら別の言葉を言いませんか?どこか他人事です。

【安いから利用者がおる。みんなそういったサービスを求めている。
自分が同じ値段でもっと良いサービスを提供できないのに、顧客のニーズに
沿ったサービスを他人が提供しているのを攻撃するのは筋違いや】

そう言ってきた方もいました。
まぁこの方は介護保険サービスについてこれっぽっちも
仕組みも知らない方なので、意味がわからないなぁと思いながら、
専門家なら、安い料金で提供するというのはプロ意識に欠けます!
法外な値段を吹っかければいいとは言いません。
ただ、【安かろう悪かろう。安いんだから虐待が起こってもしょうがない】
のシステムを作っているだけです。

【行政が仕事をしていないと言いふらすというのは脅しではないか。
悪質業者を取り締まる妨害をしている】


へー(`-д-;)ゞ
おいらごときがブログで言うと、悪質業者を取り締まる妨害になるんですか?
そんなもんぐらいで取り締まれなくて妨害になるんだったら
それこそ 【寝ぼけた仕事】 以外の何物でもないですやん。
おいらたちの申し出を精査するのはお仕事ですよね。
その中で、”利用者のために取り締まるんだ!”っていう強い心があったら、
まずそんなこと言われたぐらいで妨害されるわけないですやんw

おいら思うんですよね・・・
公務員の給料って、税金ですよね。
本人たちも支払っていますが、おいらたちも支払っています。

だからこそ、
公費の支払いが発生する事由について、夜間はサービスだからという申し開きができる
制度がおかしい。

自分たちの給料を出してもらっている市民や県民にしっかり
良いサービスを提供できているかを調べ、そうでない場合は追求する必要があるでしょう。

「警察じゃないから調べられない」
一番がっかりした言葉です。
当たり前でしょ・・・でも公的保険の支払いについて、サービスが適切か、
利用者に不利益がないか、問題が起こらないか・・・・検討する必要があるでしょう。

それがおいらのいう
”寝ぼけた仕事しやがって”ということです。

行政ができないのなら、どのようにすれば
サービスの可視化や安全にサービス事業が展開していけるのか
そこのことも考えるのも仕事ですよね。

どちらか一方ではだめです。
そんなことサルでも考えればわかります。

行政には行政の仕事があって、
枠の中のことばかり見ていれば、自分の首を絞めるだけになります。

”身内は身内の批判ができない”
でもそれじゃぁよくなるすべがないですよね。

そんなんじゃ良い子供(人材)が育ちませんよ(`-д-;)ゞ
実は行政の人間も介護職同様
クリエイティブ でなければならないとおいらは考えています。
だって地域サービスってとっても大切な仕事なんだから。。。

そして市民ももっと知らなければならない。
介護が始まって気づくのではなく、
今支払っている社会保障費が適正に使われているかどうか・・・。
決して他人事では済まない現実がすぐそこにあるのです。

行政も
市民も
介護職も
みんないろんな意味で関心を持とうよ。


でもこうした暗い話ばかりではなく、
少し前向きな”悪だくみ”の話を聴きました。
危機感を感じている人たちのもどかしさ・・・。
一緒に何か協働できればいいのですがね
(・∀・。(-∀-。)ウン♪そんな前向きな発言は少しだけ明かりを照らしたような気がします。
  •   04, 2011 21:19
  •  0

COMMENT 0

Post a comment