きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

お薬

  24, 2011 10:56
以前ブログにも登場したお若くしてリウマチになられた利用者さん(*u_u)


昨日お電話で様子を伺う。


生物学的治療を勧められ、臨まないため治療を中止した。

大学病院の通院を辞め近くの整形外科に通うといっていた。

そろそろお薬も切れる頃…

「実はね、きみきみさんに言うてなかってんけど薬飲んでないねん(*u_u)」

「1ヶ月前から?」
「えっと…
3ヶ月前から(*u_u)」

(*゜▽゜ノノ゛☆どっひゃぁぁぁ

これまたびっくり(笑)

なんとまぁ…おいらが病院だ医者だと言ってる際も飲んでなかったという…。

「さすがのきみきみさんにも”飲みなさい”って言われるんじゃないかと思って(*u_u)ごめんなさい」


m(..)m
まぁね、それだけ患者や利用者さんが決断を告白するというのは、勇気がいるということなんだと改めて気づく。

拒否すること
治療しないということ
”自己決定”と”倫理・道徳”という問題は背中合わせで現れるのだ。


「自分の身体だからこそ、自分に責任を持ち臨まない治療にはNOという」
…というのが自己決定だとする表と

「親からもらったからだは自らの物ではなく悪化する事がわかっていても治療をうけないという」利己主義的考え方


m(..)m
ケアマネとして考えれば医師と同じく予見できることに対して薦めるべきだろう。あえて嫌われてもあなたの為だから…。

でも
おいらはその決定をしたその人の気持ちを考えるとだめとは言えない。

悪くなることは彼女の場合わかっているから…ご本人が。

ただ
今しか内服を中止することが恐らくできない。


自分らしく生きる


彼女を応援したくなった。

ははo(^▽^)o
ヤッパリおいらはなんちゃってケアマネだな(笑)
  •   24, 2011 10:56
  •  12

COMMENT 12

Sun
2011.06.26
15:41

きみきみ  

大阪のシノハラさん

お気づかいなく^^
つかってくださいまし♪

2011/06/26 (Sun) 15:41 | REPLY |   
Sat
2011.06.25
23:24

大阪のシノハラ  

きみきみさんのブログを引用させていただきました。
ありがとうございました<m(__)m>

2011/06/25 (Sat) 23:24 | REPLY |   
Sat
2011.06.25
10:53

きみきみ  

muccaさん

はじめまして^^
何に対しても後悔も迷いもないのですけど、両側面を常に考える必要があると考えます。
片方だけだとただの感情論に過ぎず
片方だけだとただの制度上の付き合いにしかならないのであれば
ケアマネージャーなんて仕事はいらないとまで思いますからw
自分の対応が”正解”と思わぬように考えるようにしてますが
まー根っこが適当なので深く考えていませんwww
また遊びに来て下さいなぁ♪

2011/06/25 (Sat) 10:53 | REPLY |   
Sat
2011.06.25
10:49

きみきみ  

ばんちゃんさん

よかったですね^^
家族が大満足の看取りができたのであれば、きっとご本人さんも喜んでおられるし、心かお疲れ様と感謝がいえますものね。
大変だったことでしょう・・・本当にお疲れ様でした。

2011/06/25 (Sat) 10:49 | REPLY |   
Sat
2011.06.25
09:46

mucca  

初めて寄らせて頂きました

初めまして。
ん~、むずかしい。でもその方も当然自分にとって最善の決断をしたのだろうし、だからと言ってそれがベストではないから人として関わったのだから、違う視点からの意見は言ってあげるべきだとは思います。
介護保険って単なる制度。枠に過ぎない。絶対に良くならないのがわかっていて、自立への短期目標やら長期目標を掲げなければいけない。
縁あって関わらせて頂いたのだし、自分に何ができるかを考えて、悩みは共有して、職ではなく「人として」接することが大切ではないかと思います。
きみきみさんが「彼女を応援したくなった。」気持ちが一番大切。どこを探しても正解なんてないし。
また寄ります。

2011/06/25 (Sat) 09:46 | REPLY |   
Sat
2011.06.25
02:32

ばんちゃん  

この間ありがとうございました。義母23日お昼に家族全員見守る中眠るように亡くなりました。私一人では絶対出来なかった沢山の応援や励ましに感謝!自宅での看取りと言う素晴らしい経験が出来感謝しています。お義母さん今まで頑張ってくれてありがとう!

2011/06/25 (Sat) 02:32 | EDIT | REPLY |   
Fri
2011.06.24
22:51

きみきみ  

大阪のシノハラさん

なんだろ
考えても答えは出ないけれど必要な考えの気がするです(笑)
ブログどうぞ使ってくださいね
o(^▽^)o
ありがとう

2011/06/24 (Fri) 22:51 | REPLY |   
Fri
2011.06.24
22:05

大阪のシノハラ  

ブログ紹介のお願い

きみきみさんの書かれていることは、いつも「うんうん」であったり、「なるほど~」であったり、「深いな~」であったり、なんですが、この「薬」は私のブログでも紹介させていただきたいのですが?いいですか?

2011/06/24 (Fri) 22:05 | REPLY |   
Fri
2011.06.24
16:57

きみきみ  

大阪のシノハラさん

シノハラさんも辛いですね。

自己決定を支える受け皿が無い現状も現実問題あり、今だけを考えていてもいけない。

そんなことを考えるからこそ、福祉という仕事の大切さも感じます

2011/06/24 (Fri) 16:57 | REPLY |   
Fri
2011.06.24
16:53

きみきみ  

ウエッティさん

確かに自己決定には間違いない。
ただこの仕事をしていて、利用者が臨むことだけを考えると言うことは専門職とは言い難い。

そのジレンマの中「生きる」こと、「支える」ということをしっかり考え、利用者さんと対話していくことが大切なのかなぁと感じます。

2011/06/24 (Fri) 16:53 | REPLY |   
Fri
2011.06.24
14:02

大阪のシノハラ  

支えるきみきみさんも辛いところですね。

4ヶ月前、私はがんのターミナルのご利用者さまで「もう絶対病院には入らん」といわれていた方を救急車で病院に送りました。

たくさんの管につながれて、最近亡くなったそうです。
一番嫌がられいた状態での最後でした。

腎不全で透析をしておられ、優秀な在宅緩和ケアの医師にも、「透析されていたら…」と、

ご家族も「家で最後まではよう看ない」と

家ではどうにも出来なかったとは言え、本当に良かったのか、他に方法は無かったのか、今でも考えてしまいます。

2011/06/24 (Fri) 14:02 | REPLY |   
Fri
2011.06.24
11:16

ウエッティ  

治療の選択ですね

整形外科に掛ると言われているのだから
自分で治療を選択している、ということかな?
内服薬の是非も自己決定。
「その人の意思」をその人の利益、満足、幸せ、を
どういう形で尊重するかが私たち福祉職の務めなのだと
思います。
(いい事書きすぎた、勉強せんとな~。
必死で生きている人に太刀打ちできんわ。)

2011/06/24 (Fri) 11:16 | REPLY |   

Post a comment