きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

夜勤帯の来訪者

  23, 2011 01:04
今日は新しい出会いがさくらちゃんであり、楽しいひと時を過ごせました♪
゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚イイネェ

昔話をしているといろんな利用者さんの顔が出てきます♪
ちょっとタイムスリップして書いてみましょうw


あれは同世代の友人との夜勤のときの話。
重度身体介助フロアが30床、軽度身体介助フロアが20床
2ユニットのワンフロアに50床が2フロアある老健で勤めていた時、
夜勤はワンフロアに2人体制だった。

一人ずつどちらかのフロアを主に担当し、
巡回がてら3時間おきに水分補給に、
排泄誘導やおむつ交換、体位交換を行う。

0時の巡回が終わり、詰め所に戻ろうとしたとき
暗闇から一人のばーちゃんが歩行器を押して出てきた。

ちょっと軽い認知症のあるばーちゃん。
「あら、田中さん(仮名)どうしたの?寝ないの?」

友人が担当のフロアだったので声をかける
眼を泳がせながら
「わしゃ・・・・怖くて
・・・こわくて((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ」


「えっ、何何?どうしたの??」

そのおびえ方は尋常じゃない。
おいらも一緒に話を聴く。

「((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタもう怖くて怖くて・・・」
「うんうん・・・どうしたぁ?」
「・・・何かおった?」

「(´;д;`)ウッ…便所にいってな・・・寝ようとおもったんじゃっ。」
「うんうん」

「そしたらな・・・

 そしたらな・・・(´;д;`)ウッ…



 ベットがな・・・




 こう・・・・




 ついぃぃぃぃぃぃぃっとあがっとるんじゃっ!

ャバイョ━━<(ll゚◇゚ll)>━━ッッ!!!!!」


「ほへ?!(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?なんて??」

思わず顔を見合わせる。
田中さんは必死で、口で効果音をつけながら両手を持ちあげVの字
寝ようとするとそれを阻害するかのようにベットが勝手に持ちあがるという・・・。

「だから!ベットがこう・・・・

 つぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっとあがっとるんじゃっ

((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ」

「つぃぃっと・・・ですか・・・」
「うんうん。゚(゚´ω`゚)゚。ピーわしゃ、あんな怖いところ寝とれん」
「じゃぁ一緒に行きましょう。」

首をかしげながら田中さんの部屋へ一緒に行く友人。
部屋に行った友人がまた詰め所に戻ってきておいらを手招きする
何があったのかとあわてて見に行くと

これまた本当にVの字 エエェ(・ω・三・ω・)ェエエwww

ベッドは一番高く上げられ、
頭も挙上しており
足元も最大限に挙上されているw

田中さん、嘘じゃなかろうと・・・どや顔状態

「なんでこんなんになったんやろ?!」
「・・・たぶん・・・・
 この歩行器で・・・ベッドのリモコン押したんちゃうかなw
 戻す前に見せとこうと思ってw」


あぁw
歩行器を使用中の田中さん。
トイレに起きて、戻った時、自分は触れてなくても、
前を行く歩行器でどうやらおしちゃってた様子。
しかし3モーターベットがこうして奇跡的にすべて動いたという
ミラクルが起こっていたwww

田中さんに説明し、安心するように伝える。
万が一次回つぃぃぃっとなったら電源を引っこ抜く故大丈夫と伝えるw
原因が分かった田中さんもおやすみなさいw

おいらたちは暗闇に
煌々と明かりのついた詰め所で記録をとる
時々手を止めてくすくす笑いあう

”ついぃぃぃぃっと”
あの表現がかわいいので忘れられないw

夜勤帯 何かがいるっ・・・
ついぃぃぃぃぃぃっと
あなたのベットも急にVの字になったら
それは歩行器ではなく田中さんのイタズラかもしれませんっw
。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ
  •   23, 2011 01:04
  •  0

COMMENT 0

Post a comment