きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

ケア塾たまてばこ 学習会 第13回

  13, 2011 01:28
あれ??!!
ケア塾たまてばこ 学習会 第13回 
5月7日分の寄稿を忘れておりました(;´Д`A ```

【わかりやすいはわかりにくい?】鷲田清一氏 ちくま新書 を読む (第8回)
講師 : 西川 勝氏(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任教授)

第7章 「しなければならないことがしたいこと?-責任について」

ひとびとはよく、自分のやりたいことを見つけなければならないのだが、自分が
やりたいこと、それがよくわからない・・・とつぶやく。
何を「やりたい」かではなく、何を「しなければならない」のか、
何をすることを「期待されている」のかという問いはめったに発せられない。
いいかえると「義務」とか「責任」といった言葉はそこにほとんど浮上してこない


ヾ(´Д`;●) 確かにそうですよね。
やりたいことが分からない・・・そう呟いている人が多いです。
しかしながら、「やりたいこと」と期待されている言葉の意味をあまり考えたりしません。

責任とやすやすといいますが、「責任」という言葉の意味についても考えたりしないのが
現状で、たとえば焼き肉屋の「責任」としても謝罪という儀式であらわされていますが
本来そんな意味ではないような気がします。

すぐに答えを求める気の短さと、責任を引き受けることが逃げて楽になりたいという気持ち。
この二つのメンタリティがいつ頃からか、人々のうちに平然と居座るようになった。


答えを求め過ぎるとわからないことがおかしいということになる。
しかしながらすべてわかった答えは受け身の答えにすぎないのだという・・・。
わからないから、気になることがあるから、
不思議に思い、その答えを知りたくなる。
そのことから学問は始まる・・・。

うん・・・・深いな(。'-')(。,_,)
ついついわかったような口ぶりでおいらもしゃべってしまいます。
しかしながら、内容を注意深く聞いていると
相手の話すことにも疑問を持ったり
なぜ今そのことを伝えたいのだろうか?!
と考え始めることから、理解へも深まるのかもしれないと思います。

●「責任」というこの言葉、英語ではリスポンシビリティである。この語には
日本語の「責任」という言葉からは感じられない独特の合意がある。リスポンシビリティ
とは、文字通りやくせば「リスポンドする能力」つまり他者からの求めや訴えに
応じる用意があるということである


英語と日本語の解釈は微妙に違う。
日本語の「責任」というのは言葉ばかりが先行し、
きちんと求めに応じた用意をされていなかったり
期待されている内容を示すということをされていないから
大衆は納得しないのではないかと・・・。

さまざまな事柄の中で、わかりやすくしゃべることで
理解しやすくなる
しかしながら、考えることを邪魔することもある。
考えることの環境を待つことが
学びであると西川氏は解説する。

確かに・・・・
なんでもそうですが、
興味を持つことにより、
自分で知らないことがなんだか不思議で学びを深めようとする。

しかし今の教育現場でもレジメやわかりやすい授業を強要するそうです。
大学などは研究する場所です。
社会に出て気づきとなぜという疑問を持つためにも
考えを待つということ
とっても大事な要素だなぁと感じました。

うーん
難しいですし、なかなか核心までたどり着くことはできません。
それこそ
わかったような気になること・・・それが一番学びを阻害しているのではないかと
感じる今日このごろですw
  •   13, 2011 01:28
  •  2

COMMENT 2

Tue
2011.06.14
01:37

きみきみ  

ウエッティさん

英語のリスポンシビリティは、日本語の責任という言葉に置き換えられることにより意味合いが変わってきますね。

不思議なことです。
待つことの大切さ
その意味
学びに対する求められている能力とそれにいつでも応じることできるという意味

プロだからこそ何を求められているか考えることが大切ですし学ばなければなりませんよね

2011/06/14 (Tue) 01:37 | REPLY |   
Mon
2011.06.13
22:13

ウエッティ  

リスポンシビィリティ

かつて毎日言っていた言葉です。
契約を守る・納期を守る・品質を守るのは
俺たちにリスポンシビィリティがあるからだ!
契約にサインする時、それが可能な能力と手段が
あるからこそリスポンシビィリティが果たせる。
そうでなければ契約をしてはいけない。

原発に事故があっても責任を取ろうとしないのは
コントロールする能力がなかったのだ。
緊急停止装置を外すくらいだから。

思わずリスポンシビィリティという言葉に
反応してしまいました。

2011/06/13 (Mon) 22:13 | REPLY |   

Post a comment