きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

洗濯物から・・・

  03, 2011 10:43
久しぶりに夕方までに家に帰れそうなので、洗濯物を干す

たこあしに小物を干し、

ハンガータイプに衣類を干す・・・



(。´Д⊂) ウワァァァン!
ハンガータイプ・・・大破!!!!


実は劣化していたんでしょうね・・・
吊り下げの部分が壊れてしまいました。

悩んだのですが、
別に物干しがあるのだから、物干しに直接洗濯物をひっかけることにしました。
(*´・ω・)´-ω-) ぅぃ

長袖だったり、
長ズボンは
たくしあげ、腕をそっと反対側から通し、
物干しざおを誘導するかのように、腕から洗濯物を物干しざおにひっかけ
衣類を通す伸ばして干します。


当たり前なんだけど、
そういえば、このやり方ができない介護の現場の若者がいたことを思い出しました。

地面に長いズボンをたらし、
足を上げてもらってから、そこでたくしあげる作業をして、
ズボンをはいてもらうのです。
その間利用者さんが足をあげっぱなし。

できる人はよいのですが、
片マヒの方には、自分が足をもち、健側同様の通し方をして
「痛い」と怒られたりするのですw


おいらは当たり前だと思うから、
長いものはたくしてから袖や足を通すようにいいますが、
なんだかぎこちない(;´Д`A ```


あたりまえのことやのになんでできないの?ヾ(´Д`;●) ォィォィ
どういうふうに親に教えられたんだろう?!


ふと・・・
今日洗濯物を干していて思った

はたしておいらが思っていた「あたりまえ」
しかしながら、ハンガータイプが出現することにより
物干しざおのように長いものを使わなくてよいし、
よりたくさんの洗濯物を干すことができる。

そうすると、
物干しざおに洗濯物を干す「当たり前」の行動が
実は「当たり前になっていない」ということに・・・。

昔共通だったことは様々な家のありよう、
便利なものの使い方
「当たり前」という価値観が変容してきていたのだなぁと気付く。


自分たちにとっての「当たり前」と
その人にとっての「当たり前」が違っていていることは当然のことなのだなぁと。


でも、
「あぁ考え方が違うから・・・┐(´・c_・` ;)┌ ダメダコリャ・・・」
っていうだけでは・・・
仕事は成立しません。
きちんと仕事として成立させるには、

相手の成育歴だとか、
「当たり前」と思っていることを知ろうとするとか、
世代の歴史的背景をしろうとするとかが
大切になってくるんだなぁ・・・・とw

そして、仕事の新人さんたちが今、少しずつ与えられた仕事に
取りかかろうとしている。
先輩たちに育てる気持ちがあるなら
そっと彼らの「当たり前」を聞いてみてあげてほしい。

否定するのではなく
しらないのだから、
きちんと教えてあげよう。

なぜそうするのか・・・
ちゃんと理由を持って。少しずつ。

人育てっはやり方ではなく
一つ一つの方法に対する考え方だったり
そして、新人さんから
「これ、なんでそういうふうにしてるのかな?」

疑問が起こったら、
知らなければちゃんと調べて伝えていきましょう^^
自分の勉強のためにもいいはずですから♪
そして気づかなかったことを、気づかせてくれた新人さんにきちんと
お礼をいってあげてください

気づかせてくれてありがとう^^


(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン
洗濯物ひとつでいろいろ考えてしまった。
ははっ♪
  •   03, 2011 10:43
  •  2

COMMENT 2

Sat
2011.06.04
15:28

きみきみ  

火星さん

きみきみさんは
ごぉらぁぁぁ(#`ε´#)系です(笑)

お口もお悪う御座いまして困ったものです(笑)

2011/06/04 (Sat) 15:28 | REPLY |   
Fri
2011.06.03
11:40

火星  

「ゴルァ~ι(`ロ´)ノあんた、そんなことも知らんのかぁ~!これだから近頃の若いもんは!ワシらの時代はねぇ○×▲□☆・・・」

って感じにはならずに教えてくださる、おじいさんやおばあさんは優しいなといつも思います。
きみきみさん優しいですね♪

2011/06/03 (Fri) 11:40 | REPLY |   

Post a comment