きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

寄ってっ亭 輪楽 活動報告 6日目

  01, 2011 01:20
昨日は 【寄ってっ亭 輪楽】活動日 6日目でした*:.。☆..。.(´∀`人)

おひとり来訪があることは知っておりましたが、
当日になり、時々来てくださいます86歳のご利用者さんとその娘さんが来られました。

q(・ェ・q)ルン♪(p・ェ・)pルン♪
みんなでお昼ご飯おいしいねぇ。

お一人は、先日旦那さんを看取ったばかりのMさん
お山の病院に入って、
高額で劣悪な環境で家族の同意なしに鼻腔栄養をいれられ
さらに、IVHまで入れられて退院拒否されたところ、
お山の病院に寝台車を横付けし、”大救出”した方でした。

口からの摂取が見込めないと言われていたのにおうちに帰ったらお水をひとのみ
Σ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~
それから3カ月入院していた間清拭のみだったのですが、訪問入浴で
とってもいいお風呂に5回も入れた
(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン
散髪もできて穏やかな表情
゚.+:。(・ω・)b゚.+:。グッ

頼りになる在宅医と頼りになる訪問看護師に支えられ、在宅生活10日間という中で
お孫さんから娘さんまで、家族も納得の看取りを終えられたのです
一切点滴もなく穏やかに・・・穏やかに
。゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚イィ!

葬儀社の方が褒めてくれたそうです。
「きれいなお身体ですね」
それでもおっしゃいます。
「私の自己満足なんじゃないかなぁって今でも考える。病院から連れ出すなんて大それたこと
今考えたらできないし、”できるんだ!”って思う。私引っ込み事案だったしね。
介護で強くなった。介護を通していろんな人と繋がれたし、こうしてここへもこれた。
いろんなことを教えてもらい、感謝できるしご褒美をもらった気分」


彼女を揺り動かしたものは ”怒り” 
おいらは非科学的なことをいいますが、
その連れ出しの際に旦那さんの意思もあったのではないかと思います。

決断をしたことにより
出会うべくして出会ったのでしょう。
たまたま、彼女が決断したその日においらは居合わせた。

「あの日ふらふらだったから、実は覚えてなかったの。
ただ、『主治医を変えることは気にしなくていい』そう言ってくれたケアマネさんが
いたなって・・・。後日新聞みたら、【寄ってっ亭】の記事があってイラストに見覚えが
それで、まるちゃんに聞いたら、あの時いた子やでってw」


うれしいことです。
たった一度の出会いから、
大救出劇のお話の決意の部分に立ち会えたからこそ、看取りのお話も非常に感動しました。

そして親子の方もまた、旦那さんであり、お父さんの看取りを同時期に行っていた方でした。
在宅医の方針により様々なことも考えることでしょう。
しかし、一人の家族が亡くなることで得たこともあります。

お母さんは少し物忘れが進行していますが、
このお母さんはいつも娘さんや亡くなった旦那さんのことを褒めます。
自慢の家族なのです。
母と娘の関係はそんなによくありませんでした。
しかし、物忘れが進むことにより母のしんどさが取れていきます。

「今が一番しあわせなんじゃないかなって思うんです」

優しい娘さんはお母さんの自慢を笑顔で受け止めます。
物忘れが進むことを一番怖がっていたお母さんは、旦那さんの介護中いろんな人に
きつくあたりました。
今は穏やかに、そして、誰よりも家族自慢なのです。


おいらは思います。
介護って本当に素敵な仕事です。
こうした出来事に触れ、おいらもいろいろ教えてもらっています。

子は親をみるのが当たり前で、責任があります
そして親は子に老いることを見せるという最後の教育が残っているんだと思います。
”老い”ということを知ることにより
”死”を見つめる


”死”を語らぬ日本人は
自分の死を見せることで、どう生きるかを問われているのです。

親の胃ろうなら承諾するけど
自分の胃ろうなら拒否をする

アンケート調査で出ているそうです。
なぜ親ならよくて、自分なら嫌なのでしょう。

薬に依存し、
医者に依存している昨今
「決断=責任」という構図が染みつき
中止することへの責任を病院の医師に押し付けているのです。

もちろん、延命したい人はすればいいのですよ。
でも
胃ろうをして治りますか?
その薬飲んで治るのですか?

若い状態であったり、治るなら治療すればいい。
ただ、年を重ね栄養を手の隅々に送り込み生きながらえることは
本当に死を待つ時間を長引かせるだけ。

大救出劇が自己満足だと問うのであれば、
管をつけ点滴を行い延命させることも・・・
それもまた自己満足ではないかと問いかけなければならないのです。

在宅で看取るということ・・・
それには協力してくれる24時間体制の医者が必要なのです。
まだまだ医療の理解も乏しい現状。
出会えたことの奇跡は旦那さんとMさんが引き合わせた力なのでしょう。

「今看取りを終えて思うこと。私も家で死にたい^^!」

そう言えるMさんは素敵です。
あなたはどこで死にたいですか?

私なら家で、家族(おいらのことに親身になってくれる人)に看取られながら死にたい
管も点滴も一切付けずに・・・。
  •   01, 2011 01:20
  •  4

COMMENT 4

Thu
2011.06.09
08:45

きみきみ  

ばんちゃんさん

はじめまして^^
今介護中なのですね。

点滴が必要、必要じゃない・・・私であってもきっと悩むと思います。
だって大切な人だからこそ生きてほしいと思うから(中にはそうでない考え方で生きてほしいという方もいますがそういう方は悩みませんw)

点滴ってね、速度があることをご存知ですよね。
あれって速度を速めると、心臓が脈をうつんですよっ。
だからね、看護師さんが「気分悪くないですか?!」って尋ねたりするんですよ。
それだけ心臓を動かすんですが、負担も大きくなる。

医療者からすれば、点滴を外せだなんて決断をさせることを自体どうかしているという
批判をされる方もたくさんいらっしゃいます。
大げさかもしれませんが、水も飲めない疲労感でいっぱいのところ
水を飲め飲めと言われているようなもの・・・。
点滴の量も少しずつ少しずつ減らしていかなければ、実のところ心臓への負担が
大きいのも事実なのですよ。

ただ、お義母様の病気を知らない私がどうのこうの言うのもおかしな話ですよね。
だってそばで、ばんちゃんはずっと見てこられたのですから・・・。
「生きる」ってなんでしょう?
家族のため(あなたのために)に生きてほしいと思うなら、どんな状態であろうが我慢して生きてもらったら
よいじゃないですか^^
胸をはればいいのです。

でも、どこかに迷うことがあるのなら・・・
きっとそれはお義母様に決めてほしいという思いがあるからですよね。
「生きる」ということへ問いかけられる作業は、本当にお義母様に向き合っている証拠です。

ばんちゃんが一人ですべてをお決めになっているのですか?
あなたの旦那さんも同意見でしょうか?
それとも介護の話をあまりしませんか?

最期の看取りは、家族の協力、介護者の気持ち、それを支える
医療職や介護職、医師があってこそ。
どれが不足しても難しいのです。

いいのですよ。あまりご自分を責めないで、一人で抱え込まないでくださいね。
私は聞くことやこうやってコメントすることしかできない。
それでも、もし心の整理をするために誰かに聞いてほしいということがあるならご連絡くださいね。

ブログの横にあるメールかお電話をどうぞ。
仕事もしていますので、お電話でしたら夜ならありがたいです^^

2011/06/09 (Thu) 08:45 | REPLY |   
Thu
2011.06.09
03:05

ばんちゃん  

涙出る

初めまして!話し聞いてもらえますか?私も義母を病院内療養型からお見舞いに行くたび辛くて耐えきれなくて、退院させ先生からは多分自宅に帰っても1週間と言われたけどもうすぐ2ヶ月になります。悩みました私の自己満足?どうしてほしいんだろう?家になんて帰りたくなかった?でも病院ではほとんど食べなかったのに自宅に帰ってからは口からゼリーにしたもの等食べれてたのです!月曜日あたりから調子悪く全く食べれなくなりました。そろそろお迎えかなって訪看さんに言われ、やっぱり嫌で点滴を頼んでしまいました。点滴なんて要らない
わかっているけど生きててほしい!元気になるかもって、なんて勝手な嫁。私って最悪ですよね…

2011/06/09 (Thu) 03:05 | EDIT | REPLY |   
Thu
2011.06.02
00:33

きみきみ  

ウエッティさん

> 夫婦の歴史と絆がそうさせたと思いたい。
うんうん
そうだと思うよ♪

でもできるんだよね大救出
すごいパワーそれだけ、許せない出来事だけど、
ちゃんと家族が覚悟を決めたら、満足いく最期があるんだってすごいことだよね。

おいらはなぁんもしてませんっ
在宅の先生と訪看さんの力と
ご家族の愛ですw

2011/06/02 (Thu) 00:33 | REPLY |   
Thu
2011.06.02
00:03

ウエッティ  

自己満足結構!

いじゃないですか。
決断してそこまで出来たのですから。
御主人のことを一番に考えてのコト。
自分が楽をするのでない。大変なほうを選ぶ。
夫婦の歴史と絆がそうさせたと思いたい。
記憶に残るケアマネ・・・カッコいい!

2011/06/02 (Thu) 00:03 | REPLY |   

Post a comment