きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

氷が溶けて春になる

  01, 2011 02:07
オイラは基本要支援の方のプランを立てています。
(要介護の方も数人担当中w)
訪問回数は3ヶ月に1回。
後は変調時と、評価月、プラン立案時期等の訪問になります。

ある利用者さんの娘さんはオイラより少し上で、ハキハキ話をされます。
初めてお会いしたとき
上司からこう告げられる

「ここの娘さん細かい感じだからね」

(; ̄Д ̄)そんなに脅かさないでよw
緊張気味に訪問して、いろいろ伺う。
まぁ、細かいというよりよく気付くという感じでした。
なんというか、一生懸命という感じが伝わってくるのです。

さて、
この利用者さん
とっても生真面目で
読書と漢字ナンクロが趣味

お部屋にはびっしり純文学が並んでいます。
... Σ(゚ω゚)
なんだか表情は険しいし、つぶやく言葉は

「はい、そうですね」

(; ̄Д ̄)こいつぁ手ごわそうだ・・・
デイサービスはちぃちぃぱっぱだから行きたくないとのこと。
主治医のススメもあって訪問看護を依頼することにしました。
そこで登場する・・・肝っ玉看護師w
これがまた、うるさいことうるさいこと( ´艸`)

でも、
この利用者さんには非常にウマが合うそうです。
娘さんいわく、冗談を言いながらも、
的確に病気の説明や知識的なことを話してくれる。
なおかつ彼女の言うことを実践すると
効果があるということを実感しているというのです。

オイラもこの訪問看護師さんにとばっちりで怒られもしましたが、
すごく好きな看護師さんです( ´艸`)。

利用者さんはオイラは月に1回しか会いません。
最初に出逢ったとき娘さんに言われました。
「えっ、3ヶ月に1回しかこないんですか?!」
「えぇ、要支援は基本何かあったときは来るんですけど・・・必要であれば来ますが」
「私以外とは喋ることがないから・・・来てもらう事ってできますか?!」

もともと社交的な性格ではない利用者さんだったし
友人などもほとんどいない。
以前は退職してからも仕事をしていたが、それも、
一人静かに取り組むお仕事だったので、やめてからは本当に誰とも喋らない。
そんなこともあり、気分の落ち込みもあるということで、快くお受けいたしました。

毎月訪れ、少しずつ話しますが
なかなか共通の話題がなく、こんなに根掘りは掘り聞いていいのかなぁ

(;´Д`A ```
会話というより、質問がなければ沈黙・・・
オイラには難しい純文学に
稚拙な質問は嫌だと思うし・・・。
何が好きなのかなぁって模索していました。

でも、
取ってつけた会話ほど身のないものはないので
無理にあわせることはしないようにしました。
知ったかぶりほど自分なら嫌だなってw

先月
娘さん不在の中訪問。。。
今まで娘さんが割りと間を取ってくれていたように思います。
ちょっと不安でした。

沈黙を時々しながら
相手の会話を待って、
ふとお部屋の中にある本に眼が行きました。

すると・・・
喋る喋る ・゚:*(人´ω`*)

少し打ち解けられたので、オイラの座っているソファーの背中を見ると
びっしりの本!
マルクスやら
漢文、
純文学
そのバリエーションといったら
図書館級
(」゚ロ゚)」おぉ(。ロ。)おぉΣ(゚ロ゚」)」おぉ「(。ロ。「)おぉ


本を置くために部屋も重さに耐えられるように改造したとのことw
更に棚においてあった漢字ナンクロ
「昨日娘が買って来たんだよ」
「うわっ!めっちゃ難しそうですよ・・・これどうやるんです?!」
そんな初歩的な質問から快く答えてくれましたw
実はお恥ずかしながらどうやって取り組むか本当に知らなかったw

丁寧に教えてくださり、オイラも帰る頃にはなんだか
いい感じだった *:.。☆..。.(´∀`人)
なんてかみしめながら事務所に帰る。

そして今月の訪問。
訪れると、笑顔で喋ってくれる。
明らかに打ち解けてくれている感じです。
迎え入れてくださってから、初めてお会いしたときよりも
表情豊かにお話ししてくださっています。

少しずつ氷が溶けてきているような気がしました。
利用者さん自身がオイラという人間に対して
間口を開いてくれ、会話を楽しめる余裕がある・・・そんな感じ♪

訪問看護のリハビリスタッフは、耐久力や持久力がついてきたという報告をもらっていました
「そういうけど、自分はまだふらふらするから
主治医のところまでの往復ができない(´-ω-)」
と話す。

「今度は、1時間かけて、この周辺を歩く計画してるんだ」
リハビリの職員と目標を決めて次回は歩くようにしている。
でも、娘さんいわく、本当はリハビリの日以外でも散歩に行くようすすめるが
一人では絶対出ないようにしているらしい。

「”一人で立ち止まって休むのはかっこ悪い!”って思うみたい・・・そうなんでしょ?!」
「(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン」
娘さんの言葉に思わず笑ってしまうw
苦笑いする利用者さん

でもそうだよねぇ・・・
どこでもいいから座ればいいっていうのは
私達の感覚で、それを嫌だという思う人も多いはず。

歩きたいけど
一人では不安だし、おばあちゃん達の横に長身のイケメン利用者さん・・・
嫌だろうなぁ(; ̄Д ̄)wwww

でも、せっかくこの良い季節を逃すのはもったいない気がする。
だって去年の今頃は入院していたから・・・。
歩く機会を増やすプランって出来ないかなぁ・・・。

リハビリは週1回
別の曜日に同事業所から訪問看護も来ているが、家の中での
運動と全身状態の確認だしな(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン
この利用者さんは、デイサービスにはいきたくない
主治医もまた、訪問看護だけでいいとのご意見。

本人の希望は散髪と主治医に往復したい(*`・ω・)ゞ

耐久力や持久力は上がってきているけれど
ご本人はまだまだ無理だと思っている
歩く機会は減っている
歩いた方がいいとサービス事業者は思っているから家族に伝えている

「良い季節だから歩きましょうよ(*´∇`)ノマ━━━━ス)´Д`*)b」
「・・・まぁねぇ・・・」
「じゃぁ、私の来たとき(モニタリング)、喋りながら少しこの周辺をあるきませんか?!」
「え?(。´・ω・)ん?」
「私が来るのは月に1回ですけど、ちょっと暖かそうなとき見計らってきます。
だってこんなに良い季節ですよ。
梅雨がきたり、夏の暑さが来ると歩けなくなってしまう。もったいないですよ(*´▽`*)ゞ」

「・・・そうやねぇ・・・」
「もし嫌じゃないなら、おしゃべりしながら歩きましょう^^そしたらたった1回でも増えるでしょう。お医者さんへ往復することが一番最初にお会いしたときからのご希望ですよね。片道だけでも、お医者さんにいけなくても、行こうという気持ちが大切な気がするんです♪」
「^^」
驚きを隠せない感じでしたが、その後微笑んでくれました。

ちょっとごり押しだったかなぁ?!
(´・ω・`)モキュ?

そう思いましたが、その後、ご本人さん自ら、漢字ナンクロの難しさを語り始めるw
お別れのとき、もう一度確認すると
「わかりました(*´▽`*)ゞ ♪」
と笑顔で見送ってくださいました。

リハビリしなさい・・・歩けなくなりますよって、いいますよね。
でもオイラはむやみやたらに、家の中で体操したり、平行棒の中を歩かせるのって
大嫌い!( ・∀・)=p ビッ!!

何かを行うために必要なリハビリであるからこそ、
本当の意味を成すと思うし続けられる

もちろん安全に配慮をする必要はありますし、
きちんと病状を把握しながら実施する注意点は押さえるつもりですし
リハビリの方にも相談するつもりです。

月に1回ですが、平坦なところや近所を歩くことで少しでも自信につながり
またリハビリ職員と目標や目的を持って出かけることが出来れば、
視野も広がります。

一人で歩くよりも
二人の方が何か見つけられるかもしれない。
気持ちが変われば家の中での生活も変わります。
心持も変わります。

一人で過ごすことが好きでも
その内容に幅が広がります。

一人一人やりたいことや出来なくなること、人に世話になることを皆
老いとともに感じなければなりません。
誰かにお願いをしなければいけないことって
疲れちゃいます(; ̄Д ̄)

大勢の人と関わる必要はありません♪
それでも楽しめる生き方のほうが、きっと希望に変わる率は高いように思う。

だって終わりしか見えないゴールってなんだか寂しいですもん。
やる気だって失っちゃいます。
一つ出来たことを実感する
この振り返りが実はとっても大切なんですよね♪

ケアマネとして変でしょうが、オイラは、そうして
後方支援したいなっていつも思う。

利用者さんがこうあるべきだ!
とは全く思っていません。ゆるゆると
しかし、ご本人が目的意識を持っているのであれば
せめてその目標にいかに近づくことが出来るか
ともに考え
行動することが大切なような気がします。

来月
( ´艸`)お散歩一緒にいってくれたらいいなぁ

  •   01, 2011 02:07
  •  2

COMMENT 2

Sun
2011.04.03
02:14

きみきみ  

ウエッティさん

( ´艸`)ダンディな方なんですよ。
折りたたみの椅子ねオイラも考えたんです。
ただ、その人が一人でいつか出かけられることを念頭に置くと、
休憩できるところを一緒に探したほうがいいかなって思うw

愛想笑いが、愛想笑いでなくなる瞬間って大好きだなぁw

2011/04/03 (Sun) 02:14 | REPLY |   
Sun
2011.04.03
01:28

ウエッティ  

なんかアンテナに

ピピッとくる利用者さんですね。話をしてみたい。アウトドアの折りたたみのイスでも持って道端で休みながらというのもいいかも。散歩もいいですねぇ。

2011/04/03 (Sun) 01:28 | REPLY |   

Post a comment