きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

なちゅは 兵庫 3月 「ポジショニング」

  27, 2011 23:01
3月19日(土)こうべ市民交流センターにて【なちゅは兵庫】が開かれました。

いやぁぁ
オイラも参加して3回目なのですが、人数がいつもより多くてびっくり!!( ; ロ)゚ ゚

どうやら神戸老市連で、下元さんの講座があり、
その際にはちゅはの紹介をされたそうです( ´艸`)

何よりびっくりしたのが、そこに同僚がいたことですw
Σ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~
お互いこんな感じw

今日はクッションを使ってのポジショニングです。

自分は眠るときにどうやって寝るか。
まずはそういったことの振り返りから始まります。
そして、どうだったら安定して眠れるだろうか?!ということをお互いに行います。

ポジショニングって、
ベッドサイドに表にあらわしてもなかなか上手くゆかないんですよね
(; ̄Д ̄)

”クッションが上手に表どおりに置けているかどうか”

だんだん・・・そんなところに眼が行くんですよねw
でも・・・(; ̄Д ̄)それって違うよなぁ。

拘縮って手だけなってスタスタ歩ける人っていませんよね。
だんだん動けなくなってきて、またどこかの麻痺から
身体の中でもっていきようが無くなってきて徐々に動かさないことから
固まっていく。

でも隙間が無く支えることで、安心してリラックスできてきますよね。
そのなかで、拘縮した掌などが少しずつ開いてくるということもあるそうです。
クッションの当て方や理屈を聞くと納得ですね。
もちろん、講義の中では、一つずつ確認しながら
隙間をチェックし、布団も剥ぎ取った状態で行っています。

寝る姿勢が私達も変わるように
微妙にリラックスできれば、利用者さんだって微妙に動くわけで、
そうなったらまた布団を剥ぎ取ってやり直すのかっていうのもおかしな話です。

でも基本がわかっていると、
それぞれに見えてくるチェックポイント。
一人一人、このポイントに気をつけて継続的に全身をチェックしたり
そうしたことを職員意識の中に持っていると、気付きが早くなったりしますよね。

一人より二人の目
二人より三人の目・゚:*(人´ω`*)

だからポジショニングの表が基本状態のみで済むということですし、
職員が皆出来るようであれば、そんな表もいらなくなるということです♪

きっと
職員の目を養ったり
スムーズに行えるようになるというのはすごく難しいこと。

オイラはこう思うのです。
職員の質って、人数が多いから良いとは決して思いません。
逆に少人数できちんとした眼を持っていることで
効率よく、専門的ケアが充実することも多いことをオイラは思うのです。

人数が少ないことを嘆くより
人数が少ないながら利用者さんのためにきちんとしたポジショニングし
身体の拘縮が和らげば、介護ももっと楽になる

介護をしんどい仕事にしているのは
介護者自身である事もオイラは時々いいたくなるのです
・゚:*(人´ω`*)

いやぁ楽しかった♪
来月も第3土曜日17時半からワンコインケア
参加するぞぉ(*/▽\*)
  •   27, 2011 23:01
  •  2

COMMENT 2

Tue
2011.03.29
23:18

きみきみ  

ウエッティさん

・゚:*(人´ω`*) おぉうらやましぃ
オイラは実技はまだないんですよぉ。
でもなちゅはからいろいろ学んで、いつかはうけてみたいな♪
変化するなちゅははこれから注目です( ´艸`)

2011/03/29 (Tue) 23:18 | REPLY |   
Tue
2011.03.29
21:31

ウエッティ  

下元先生の講義!

私も受けた事あります。そこから移乗やポジションニングを考えるきっかけを頂きました。施設内研修のテキスト資料を作り始めたのもそれからです。見逃さず感じることで絆がつながるのでしょう。

2011/03/29 (Tue) 21:31 | REPLY |   

Post a comment