きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

ツイッターの拡散にこめたねがい

  18, 2011 02:13
※ツイッターで【拡散】の際、間違った情報を流してしまったことをお許しくださいね
双葉市→福島県大熊町 「双葉病院」が正しい情報です。すみません。。。

ツイッターで拡散するということは
実は自分が混乱の種をまくかも知れない(影響はないと思いますが、どこでどうなるか
わからないので)と考えていたので、行ったことはほとんどありません。

しかしブログ仲間の記事を読んで驚きました。
「悲惨な事実」というブログ記事

”病院や老人施設の医者や職員は避難したそーです
しかし…
患者や施設入居者は置き去りだそうで………”

”はたして…彼らは…
何日生きられるのでしょう?
避難から今現在
2~3日経過しているそうです………”

”あと、何日持つでしょう?
どうにもならないんでしょうか??
どうしたら…いいんだろう…………
これが、メディアや政府で発表されない
福島の浜通り全域で起こっている現実だと思います…”


衝撃的な内容でした。
思わず真偽のメッセージをしました。
ほどなくして、ツイッター上で、この記事を見て
「双葉病院の記事」
本当のことだったんだと驚かずにいられませんでした。

(一番初めのニュースはヤフーニュースだったのですが、リンクが取得できませんでした。)

そしてブログ仲間からメッセージが返ってきました。

”双葉だけがアップされている様ですが、南相馬市も同じ状況みたいです。
原発避難区域、すべてに起こっていると思います。

友達のひいばあちゃんが現在南相馬市施設入所、職員避難で取り残されるのを知り
餓死したら可愛そうだから。。。と、祖父母が南相馬に残り介護しているそうです。

ほかの友達は、地震発生当初。原発トラブルも政府が公表していない時
家族みんな避難し、祖母だけ施設にいると聞きました。
避難所で先が見えないより施設にいるほうが安心だと。そう思い、離れた家族も居ます。
初めの頃、その友達のようにそう思い施設に託して避難した家族もいると思います。

しかし、事態が悪化の一途。避難地区の拡大。
自衛隊がこない、物資も届かず、TVも国も福島を無視。。。
現在の置き去りが発生しています。。。
TVは原発映像ばかりで、
その周りで取り残されているかもしれない人たちを見ようともしてない。。。

被災地に残り身内の為、
施設に通っているのか、自宅に引き取ったかは聞きませんでしたが。。。
そんな家族はごく一部です。
みんな、物資が運ばれないため危機的状況です。

双葉の施設だけで100人超え。避難地区全域ですべての施設で、
どれだけの患者、高齢者が取り残されているか。。。 ”


置き去りにした職員の善悪ではなくて、
そりゃ恐怖の中働くこと恐ろしいです。
家族や、大切な人の顔が浮かんでいたことでしょう。

福島原発の4号機で働いていた方がTV取材に応じていました。
「逃げるか逃げないかは本人に任せる。
そう上司に言われて家族の顔が浮かび逃げました」

と・・・・。

責めることなんて誰にも出来ないです。
もちろんその最前線で身体をはって何よりも職務をまっとうされようとする
方々はいます。

でなければ甚大な被害がもたらされるからです。
置き去りにしてしまったこと
云々ではなくて、
何でもいいから、自衛隊でもアメリカ軍でもいいから、
退避地区にいる人をヘリやありとあらゆる手段を使って退避させてほしいだけです。

食い止めようとする人たちがいる
そして、きちんと説得して無事に避難できるように
してほしいのです。

施設にいる人もそうですが、
自宅で家を守っている人もいます。
でも、今のままでは
せっかく助かった命もまた消えてしまいます。

どうかどうか
命のともし火を消さないでください。
自らの手で。

生きたいと願った人の分も一緒に生きましょう。

そして私達は必ず考えなければいけない。
遠くで起こっていることではない。
同じ国民が身体を張って救助に原発に立ち向かっていることを。

どうかご無事で
被害が最小限で済みますように・・・。

一刻も早く周辺から避難を
西日本でもいいのです。
一時的に避難しましょう。
そしてまた、安全が確保できたら、
戻って街を再建するのです。

街を捨てるのではありません。
街と一生の別れではありません。
生きてその地を踏むまで退避するだけです!

どうか、
どうか命を大切にしてください。

阪神大震災の中お年よりはこうつぶやいた人がありました
「小さな命が消え
私のような老いぼれが残った。
老いぼれが先に死ねばいいのに、
生き残ってしまった。
皮肉なものだ」


皮肉かも知れない
しかし、生きていることにも意味があり
存在が消えてしまうことにもおそらく意味がある
人の寿命は誰も変えることは出来ない。
自ら命を絶つ人があったとしても、それは
今一度考えてほしい

その場所に
あなたがいる意味を
必ず生きている意味がある

一人ではない
誰かがあなたを必要としている
もしくは社会が必要としている
だから寿命がある

お願いです。
地震や津波で助かった命を
つなげてください。

そして
救護してください。
ねがいはただそれだけなんです
  •   18, 2011 02:13
  •  0

COMMENT 0

Post a comment