きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

かいご学会in西宮無事終了 そして・・・・

  10, 2011 08:00
少し間があいてしまいましたが、
「かいご学会in西宮 無事終了①」の続きです・゚:*(人´ω`*)

鳥海さんの一言が忘れられない
「施設が足りないっていったって、どーせ数十年後にはみんな団塊の世代だってあの世に行くんだよ。あまってくる。箱物が好きだけどさ、結局そんなものは
無駄になっちまうよ( ゚Д゚)後世に借金のこしてやったらかわいそうじゃないか」


本当に・・・。
そう思う
今ある学校や建物を再利用して施設にすればいい。

あのドスの聞いた声で言われかなり小粋に聞こえる

介護者家族の一人の
「地獄へ落ちます!」
発言w

会場は爆笑の渦に巻き込まれる。
壇上に上がる人たちは”先生”としてご活躍されている方々です。
そんな方が家族やいろんな人にこき下ろされていく。
決して上から発言されるのではなく、奉られるのでもなく、ぶっきらぼうであっても
心から【介護】ということについて【これからの行く末】を心配している発言であると
感じた。

松本一生さんが言う
「例えば目の前にいる利用者さんや家族さんが本当に困っているなら
まるちゃんが怒っても、僕は悪魔と手を結ぶと思うよ。それがその方のためなら」


そういう人は多いかもしれない。
フランチャイズが決して悪いわけでもない。
社会福祉法人のように大型施設が良いわけでもない。
在宅がいいわけじゃない。
施設が良いわけじゃない。
病院がいいわけじゃない。
NPO法人が良いわけじゃない。
株式会社が良いわけじゃない。

じゃぁ何がいいの?!(。´Д⊂) ウワァァァン!
どれが良いかなんて一人一人
家族ごとに違うのだ。
だから、介護に答えはない。

しかしながら、
もっと自分達の身近におこる介護について
今ではなく先々のことも含めて、
真剣に討議していく必要があるとまるちゃんは訴える。

家族は目の前のことで大変な人も多い。
しかし、親の年金を目当てにパラサイトする家族がいることも確かである。
さまざまなことは良い悪いではなく、
大きな課題として一人一人考えていこうというお話しだったように思う。。。

かいご学会が無事終わり
懇親会へ・゚:*(人´ω`*)
実はかいご学会に参加していても
ボランティアとしても初参加ですし、
懇親会に出るということも初めてでした。

いやぁいろんな人と交流しました。

オイラの担当地区でデイサービスをされている管理者さんもこられ
お話しさせてもらいました。

なんかいろんな人と喋って楽しかったなぁ・゚:*(人´ω`*)
「Dr.和の町医者日記」の長尾先生ともお話しする機会があり面白おかしく笑ったものです。

出演者の皆さん
事務局の皆さん
ボランティアさん
本当にお疲れ様でした♪
参加された方の胸に一つ一つ何かお土産を残した学会だったように思います。

さらにまるちゃんのところで2次会に偶然参加・゚:*(人´ω`*)
大笑いの夜を過ごしました。

人の輪が広がります。
そして波が立ちます
風が吹きます

時は流れます
日々流れています

早急に対処しなければならない問題と
中長期的に考えなければならない問題
必ず存在し

善と悪があるように
裏と表がある

てるくんがまるちゃんが怒っている内容にふと、つぶやきました
「何がそんなに悪いんですか?!僕悪いように思わないんですけどw」
世の中での需要
そして供給
社会資本主義である以上競争社会であり
市場原理主義ともいえる

しかしそこに
大事なものを見落としていたりする。
権力や
金の前には闇に潜んでしまう
形のないそれは一番人として根幹の部分でありながら
不確定であるがゆえに曇ってしまう。

だからこそ
常に考えなければいけないとおいらは思う

そして・・・・
本当に予想していない
風がおこった。。。。。

To be continue・・・

・・・(*/▽\*)キャ ひっぱってみましょうw
  •   10, 2011 08:00
  •  0

COMMENT 0

Post a comment