きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

おっそろしい未来②

  05, 2011 16:00
おっそろしい未来①からの続きです・゚:*(人´ω`*)

前日の夕方自宅のポストにふらっと入っていた一枚の広告

『施設入所・在宅が困難な経管栄養(胃ろう・鼻腔)中心静脈栄養・
在宅酸素、その他医療行為の必要な方もご相談に応じます』
→ご家族の負担(看護・介護費用共)を軽減します
→入居時に数百万円といった高額な一時金は不要です
→ハウスサービス契約により身の回りのお世話も万全です
 (ハウスサービススタッフが施設内24時間356日常駐対応)
→ホームドクターによる診療対応充実です
→訪問看護事業者との連携により、24時間365日体制で
医療行為の必要な方も安心してご入居いただけます。
                      メディカル〇〇〇〇


(名前は・・・是でも、さらにちょっと変えてますw)
ネットで検索したけれど、料金がよくわからない。
オイラの職場でも鼻腔の方の施設の受け入れが困難という話題もあり、
ちょっと見学に行くことにしました・゚:*(人´ω`*)

案内されると

なんとまぁでっかいでっかいビル
(´・ω・`;A) アセアセ
住宅街の真ん中によくわからない建物。

スプリンクラーがむき出しで案内された廊下は
大学病院?!と思わせるような長い廊下。。。。
一応分類的には高齢者専用賃貸住宅ということになるらしい。
料金の話しをするとこちらはパンフレットをくれた。

礼金タイプと礼金なしタイプの差額は3万程度
一月大体13万円~14万5千円というところか
水道光熱費代 一律2万円弱

賃貸住宅にしては礼金なしの短期の設定もあるというが
短期という意味がよくわからない(; ̄Д ̄)
「じゃぁ入院した場合はどうなるんですか?!」
「払っていただく分にはお部屋も空いてますからかまいませんが、
ただ・・・一度引き払っていただいて・・・それからまた再入居でも・・・」


住宅なのに?!(*´-ω・)ン
ますます疑問が増すばかり

食事は調理スペースがなく、委託業者により提供可能(月額2万円強)
お食事が必要な方には委託業者が入ります」
「必要なって・・・作るスペースはあるんですか?!」
「いいえ、そういうのもなくてですね、全体で調理するという施設もないんです。」
「だから委託業者ということはお弁当?!」
「そうですねぇ、必要な方は・・・」
「必要な方・・・ということはここは退院後の元気な方が入るというわけではないんですか?!」
「えぇ、入っていただくのは構わないんですが・・・・
 合わないかと思うんです」


(。=`ω´=)ぇ?なんですと?!

「では、医療的処置が必要な方が入るので、基本的に食事は必要ないという設定・・・」
「えぇ・・・一概にはいえませんがね。そういった方に対応しているので」

初めから・・・・食事を摂ることを設定していないという住宅。。。

抱え込みのケアマネや訪問看護、訪問介護はない
しかし親しくしている訪問看護の事業者があるので、
安心して事業所を選択できるという。
医師は確保しているが、外の先生でも構わない。

「こちらではあくまでご家族さんが出来ない部分をハウスサービスとして行います。
ですので、ご家族さんがされる行為に関して研修を受けた有資格者がケアにあたります」

「こちらは何床あるのですか?!」
「96床です」

ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ

「96床で、各フロア何床で夜間のスタッフ常駐はどれくらいなんですか?!」
「各階 20床ぐらいで、スタッフは1人常駐予定です」
ご飯も必要の無い
感染症も懸念される
寝たきりの人で、抵抗力も自分で動くことも出来ない人を20人看るのに
1人ですか・・・・。

「もちろん車椅子で近隣への散歩や、掃除、移乗や介助、
入浴、洗濯などはその専門スタッフが行います。
胃ろうの方の栄養についても専門の指導を受けたものが行います。
あくまでご家族さんが出来ない部分を行うわけですから。」


部屋を見せていただきました。
1つ間口に
2部屋
そして入り口はカーテン・・・・
ちょっと広い病院の個室です。
トイレはありません。
寝たきりの人ですから必要ないのでしょうね。

「何を持ち込んでいただいても大丈夫です。お部屋ですから」
「じゃぁ部屋に基本ついているものは?!」
「えっとベッドは介護保険レンタル・・・車椅子も介護保険レンタル・・・」

(`Д´)ゴゴゴ…━(ノдヽ)━( 乂 )━━━ヽ(゚Д゚)ノゴルァァア!!
なんもついてないやないか!!!!


廊下は暖房設備が無いのか、
はたまた入居者がいないため節約しているのか不明ですが
業務用の灯油のストーブが設置されています。

だだびろい
だだびろい・・・・お風呂場は特殊浴槽が設置されてますが
ここにもストーブ・・・。

(#`-_ゝ-)ピキ 下級グレードの特殊浴槽いれてんじゃねーよっ

なぜこんな建築なのか疑問がありました。
不思議がっているとこうつぶやきました。

「当社はもともと不動産業でして・・・(云々かんぬん)
・・・こちらはもともと女子寮でしたので」

「え!!(゚ロ゚ノ)ノ・・・じゃぁ空いてた女子寮を改装?!」
「そうなんです。ですので、こういったつくりになってるわけなんです。」

間口一個で部屋が二つ
納得ですね・・・・。

交流スペースもなく、
ちょっと広めの個室しか建物無いはいられないのです。

案内中にこんな質問をしてみました
「病院も在院日数減らされていますからね・・・」
「そうですね。そういった事からご要望を伺っておりまして・・・」
「ではここの利用は退院を迫られた方が入居され、次の施設などを待つという利用形態?!」
「そういうのが増えてくるのかなぁと感じております」
そうですね・・・
えぇ、その方たち対象ですね。

死を待つものの場所です。。。ここは

場所的には
少し田舎ですが阪神間から十分車で通える範囲です。
そして何より大型病院が多い。
近隣の施設は待機者ばかり・・・・。
大型病院の在院日数を減らすために、利用する短期の高齢者賃貸住宅

抱え込みのヘルパー事業所はありません。
自社独自
行政のどこの部門も管轄しない

監査に入ることも指導に入ることも無い
記録すら不要です。
医療行為についてもどんなことが行われるか
誰も意義を唱えるものはいません。

恐ろしいことです。
虐待があったとしても
誰が通報できます?!

外部の事業所ができますか?!
おそらくできません。
身寄りの無い方がいても
死をまつばかりなのです。

おそろしい未来は現実の目の前にあるわけです。

家族の形が変わり介護が変わり行く中
こんなものをはびこらせていいんでしょうか?!
これが高齢者を食い物にしてると言わずしてなんというんですか?

”仕方が無い”
そう思うではなく
意義を唱えなければ腐っていく

そう思わずにはいられません。
個人声高に意義を唱えても叶わないだろう。
でも
意義を唱える必要はある

そして既存の施設にはお願いをしたい。
もっと良質なサービスを考えてください。
安心して入れる
安心して自宅で暮らせるように
サービスを整えてほしい

どうか良質なサービスが選べる時代をつくれますよぉにぃ
願わずにいられない
だって・・・
こんなおそろしい未来は本当にすぐそこまで来ている
  •   05, 2011 16:00
  •  4

COMMENT 4

Wed
2011.03.09
07:54

きみきみ  

ウエッティさん

> 別の答えもだせるはず。
> まだ未来はある。
> そう信じる。

そうですよっ!
おっそろしい未来を変えるのは自分達です。
そのために必要なこと・・・話す、考える、出逢う、行動する。そうオイラは思います。

”やすかろう悪かろう”があるなら
”やすかろうよかろう”があってもいい
人によっては
”高かろうよかろう”でもいい
ただ
”高かろう悪かろう”も多いのも現状

この考え方の中で選択するのは個人の自由です。
選択できれば・・・今はできない現状ですよね。

だからオイラはありのままに伝えていきます。
そこで考えなきゃいけないということを言いたいだけなんです。
オイラにできることなんて微々たる物です。
しかし、オイラは出来ることをやるだけなんです・゚:*(人´ω`*)

2011/03/09 (Wed) 07:54 | REPLY |   
Wed
2011.03.09
07:48

きみきみ  

@むつみさん

今回は、介護者として潜入してきました( ´艸`)

同業者は見ればわかりませすよねw
それでもいいんですwww

こういったニーズは本当に高いのは事実です。
親が子供を見ることが当たり前だった社会。
しかし、子供が親の年金を目当てに平気でする社会。
子供に迷惑をかけたくないという社会。

オイラは有料やFCがすべて悪いとはいいません。
むつみさんの所のように一人一人丁寧にケアを考えられている有料というのは
頭が下がる思いなんです。
生きたお金になるはずです。

いろんな意味で選択できるようで選択できない社会資源
安ければいいではなく
ほんまもんの介護を提供できる選択肢を増やすべきだとあえていいたいんです。

(; ̄Д ̄)話し・・・ずれたかな?!w
ごめんなさいw
(都市部の有料は金儲け主義アリアリですwww一度むつみさんのところは見学に行きたいです^^きっと楽しそうなのがわかるからw)

2011/03/09 (Wed) 07:48 | REPLY |   
Tue
2011.03.08
23:19

ウエッティ  

現実の世界が・・・

SF(架空の話)を追い越して行く。
社会が、
強者を・繁栄を・費用対効果を・効率を、
ひたすら追求した結果だ。
良い悪いではなく、生存本能がそうさせた。
でも、
私たちは“考える葦”である。
人間だから。
生と死を考える徒である。
別の答えもだせるはず。
まだ未来はある。
そう信じる。

2011/03/08 (Tue) 23:19 | REPLY |   
Mon
2011.03.07
23:38

@むつみ  

きみきみさんへ

私も近隣の同種の施設を見てみたいのです。

偵察ではなく、ポジティブな意味で
地域の社会資源を知りたいという動機ですが。

でも、なんだか行きづらくて・・・

ケアマネジャーの方はそういう意味で
行きやすくていいなーと思います。

>”仕方が無い”
そう思うではなく
意義を唱えなければ腐っていく

心において置きます。

2011/03/07 (Mon) 23:38 | EDIT | REPLY |   

Post a comment