きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

なんちゃってケアマネの感動

  16, 2011 20:58
「お仕事日記」の続き
この方の結果は・・・・要介護4で返って来た。。。
「ちょっとお疲れ」でも書きました。

意欲低下も激しく
ぼんやりぼんやり
元気になって欲しいなぁって思いながら
初めて要介護の方の担当になり書類作りに追われる毎日

そのほかの要支援の利用者さんのこともバタバタεεε(*´・∀・)ノ゙ 
電話したり・・・訪問したり・・・パソコンしたり
また電話したり・・・記録かいたり・・・


ふと我に返る
利用者さんが置き去りになって無いかなぁ(ノ_・。)
そういえば要介護になって、それから娘さんの言葉ばかり聴いてきた。
少しずつ整理されていき娘さんも落ち着いてきた・・・。
うん、次に訪問したときは利用者さんにちゃんと尋ねてみよう。

そして保険証が届いたということで訪問する。
「あのさ、要介護4が申し訳ないんだけどwww」
「ん?!」
「いやね、すごい食欲で・・・びっくりしてるぐらい元気なんだよね」
ご本人にあうとニコニコ笑ってるw

以前は部屋のベットで寝てるだけだったのに・・・。
「こんにちわ。私のことわかります?!」
「こんにちわぁぁ♪きむみさんのこと忘れたこと無いでしょうがw」
(」゚ロ゚)」おぉ(。ロ。)おぉΣ(゚ロ゚」)」おぉ「(。ロ。「)おぉ
受け答えもめちゃくちゃしっかりしてる。
娘さんだけでなく、他の娘さんも駆けつけてくれていたこともあるけれど
確実にサービスによって利用者さんの状態が変化している。

「私はねぇ、いいたいことははっきり言うよぉ♪」
「ほら、文句も言えるようになってきたんだよね(; ̄Д ̄)w」
娘さんも苦笑いw
オイラもおもわずにっこり・゚:*(人´ω`*)

そして一週間後ご自宅で開催されたサービス担当者会議
今度のショート先の施設の方
福祉用具
訪問看護とデイは都合により文章で参加

目標を本人に尋ねる
「私ね、朝と夜だけは今娘に着替えさせてもらってるから、
 一人で着替えられるようになりたい」

(」゚ロ゚)」おぉ(。ロ。)おぉΣ(゚ロ゚」)」おぉ「(。ロ。「)おぉ

す・・・・すごい・・・・。
食事介助が必要だったのに、今では自分でご飯を食べ、
何より歩行器もほとんど支えもなく自宅の中で動けるという・・・。
さらに娘さんからびっくりな発言

「この前ねェ、排便あったの。自分で」
゚+。:.゚((★+´Д゚))σσお」お」お」ぉ」ぉ」ぉ」゚.:。+゚

実はこの方、お元気のときから・・・
2年前オイラが引き継ぐ前からずっと
便秘で8~9日後に浣腸や緩下剤を使用し、それでも出ないから
更に緩下剤を出るまで投与・・・そして大洪水で娘さんが大変を繰り返していた。

オイラはずーっと
ずーっと
バルーンの管理も含めて
訪問看護師の導入を薦めたけれど、拒否されていた

でも、寝たきりになって
訪問看護師さんが入り、定期的に家族指導と
バルーン管理や浣腸してもらったりしておなかの中が減り
食欲も上がり、活動性も上がって・・・
ついには自力排便って

もう感動の嵐です(*´;ェ;`*) うぅ・・
自力排便ってすごいんだから!!!
(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン
それだけ生きる力が残ってる証拠

やっぱり
うんこ、しっこは自分ですることの大事さ!

「今度更新のときこの介護度でませんよ。」
「そうよね・・・そしたらショートステイ4日毎週って無理よね」
「確かにまたガクっと調子悪くなることも在るかもしれません。
 でも今すごく頑張っておられるので、この力を信じましょう。
 今度の更新までに、せめて家の中は以前のように娘さんがお昼を
 準備して出て行けば一人で食べることができるようにしませんか?!」

「一人で留守番・・・」
「(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン在宅中心の見守り体制にすることだって出来ます。」
「そうね・・・状態によって変わるわよね」
「えぇ、ですからショートを利用できるときにはしっかり運動してもらって、
 ご飯も食べて元気なりましょう。そして在宅で、ヘルパーさんや訪問看護さん
 デイサービスを利用しながら様子みてもいいですよね^^」

ご本人もにこにこ
ご家族さんもほっと一息

お年よりは弱くなんかない!
本当は力強いんだ
制度で過保護にしている
人によって弱いものだと決め付けている

可能性を見極めよう

最後まで生きる力を信じている限り
命尽きるときまで・・・
その可能性はいくばくでもあるのだ

同僚に話したら
「元気になる(事例)と気分的にこっちも明るくなれるよね」
確かにうれしい。
でも・・・違う。
辛い決断をすることもあるし
悲しい思いもする。
でも絡まった糸の糸口を探していくんだ・・・。
ふとした瞬間に解けることだってある。
それを探すのがケアマネだと思うんだ。

オイラは
日々弱っていく中でも生命力を感じる瞬間があるんだ。
必ず・・・。

もちろんうれしいことばかりじゃない・・・。
悲しい出来事もある。
でも、生きている限り・・・・
出逢えることはある

この世の中に偶然はないとまるちゃんも言ってた。
「すべてのことが必然
だからあなたがこの仕事に就いたのも
おそらく必然よ」


オイラは出会うべくしてであった必然だとするなら
喜びも苦しみも悲しみも意味があることなんだ。
そう思うよ。

本当に未熟なケアマネだけど、
でもケアの本質は変わらない。
見失いそうになったら必ず思い出す利用者さんの顔
それでいい。
いつまでもオイラはそうありたいんだ。
  •   16, 2011 20:58
  •  4

COMMENT 4

Fri
2011.02.25
18:07

きむみ庵  

はっぴぃかむかむさん

完全に障害を克服というのは難しく
またいつ低下するかという思いは強いです。

でも
今が大切だと感じるのです

その今を
どう生きるか
どう寄り添えるか
家族とともに・・・。

従事者は本来そうあってほしいなと感じます

2011/02/25 (Fri) 18:07 | REPLY |   
Fri
2011.02.25
12:37

はっぴぃかむかむ  

お久しぶりですぅ。

いつかは父も! 希望が持てるお話、ありがとうございます(#^.^#)

小さな目標をひとつずつクリアしながら、頑張っていきたいと思います。 あせらずゆっくりと。




2011/02/25 (Fri) 12:37 | REPLY |   
Thu
2011.02.17
07:16

きむみ庵  

むつみさん

いえいえそんな風に思ってないですよぉ(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン
コメントいつもありがとうございます♪

ちょっとしたことで浮き沈みはあったとしても、
ちゃんと振り返られ立ち止まれる自分でいたいなぁって。。。

2011/02/17 (Thu) 07:16 | REPLY |   
Thu
2011.02.17
00:16

@むつみ  

そうなんですよねー

簡単に「分かるなー」といっては失礼かも・・・
ですが、やっぱり分かるなー。
私は共感!

本来、あたりまえに持っている力なんだろうけど。
そのあたりまえの環境が無いばかりに・・・
なんてことは多い。

おっと・・・釈迦に説法ですね。

「そうなんだよなーー」
と、納得。

2011/02/17 (Thu) 00:16 | EDIT | REPLY |   

Post a comment