きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

不思議

  07, 2011 07:57
スキーに行っておりましたので、更新が滞っておりました
(。-人-。)

金曜日お昼はおなじみNPO法人 つどい場さくらちゃんにて、第2回目の「みんなのさくらちゃん」の紙面づくりを打ち合わせしにいっておりました。

えっと・・・
紙面づくりというか・・・
イラストを描きに行くだけですけどw
上手というわけではありません

なんたって通信簿で
美術「2」
技術「2」
をたたき出した女ですから( ´艸`)
不器用ったらありゃしないっw

もーまるちゃんったら冒険するわねっ♪・゚:*(人´ω`*)

つどい場はつどい場だからいろんな人が集まります。
”ごった煮”
これが成立するのはまるちゃんの芯がぶれていないからなんでしょうね。

その場の空気に触れて少しわかることもある・・・。
もちろんいろんな人と集うことは必要です。

新しいことに着眼することも必要ですし
さまざまな職種の方と交わることも必要です。

面白がる出来事と
守るべき視点・・・。

さまざまな目的の人が集まるわけです。
オイラは、ぼんやりただただ、自分も含めて
そこに集まる人を眺めています。

いろんな匂いがする人が来ます。

そんな中ぶれることのない
自分自身の規範がないと、道を外してしまいます。
人に自分の規範を強要することは出来ないけれど、
その規範を逸脱することが無い様にしたほうがいい。

出来事は
自分が予想するストーリーでは進まないし起こることはない。
不意にいただく話しが多いのです。

不思議なお話しをいただきました。
まだまだここでお話しできるレベルでは無いのですが、
それでも、そんな出会いに感謝をするんです。

何気ない一言から
始まる出来事もある

その出来事も実感はありません。
本当に世間話から生まれた一言・・・。

心も変わることもある
それは・・・自ら定めた規範から逸脱するのでは無いか・・・
そんな風に思わなくもない。

ただ、根っこは何かと考えれば大きく逸脱はしていないはず。
行動はあくまで手段にすぎないのだ。

現実と
理想と
折衷することをぼんやり考える必要がある

先のことはわからない
しかし少し先のことを考える必要がある

出来事は自分で起こしていく必要がある。
自分が目指すべき方向と
自分が繋がれるようにするためには
自ら足を向ける必要がある

そして・・・
タイミングと・・・。

生きることは摩訶不思議なことだなとある意味実感する。
何も始まってはいない
始まるのかどうなのかなんてやってみないとわからない



旦那に言われました
「きむみは一人で生きていけそうだねw」
「生きていけるよぉ」
そう笑って答えたけれど・・・・

生きなきゃいけないときはね一人で生きていけるよ。
でも決して一人で生きてるんじゃない。
誰かに助けてもらいながら生きてるんだよ。

依存しながら生きていくなんてまっぴらです。
でも共存はしたいと思います。
誰かと一緒に歩んでいる・・・。
一人じゃない。
それは結婚してるとかしてないとかではなく・・・。
人と繋がることを辞めてしまったら、きっと人は生きていけない。

一人で生きてきた
そういう人は気づいていないだけ・・・。
誰かに助けられて自分は生きていることに。

オイラがいつも行くスキー場には毎年必ず訪れる宿があります。
毎回同じ食事のメニューであったとしても
そこでのおもてなしの心が好きなんです。
高級料理でもなく、できる範囲のおもてなし。

こころばかりの、おもてなし

また後日このことは書きたいと思います・゚:*(人´ω`*)
  •   07, 2011 07:57
  •  0

COMMENT 0

Post a comment