きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

越年・・・ケアプラン1

  05, 2011 17:50
ケアマネの更新研修なんていうものに行くと、「ICF」に基づくアセスメント方法を行うように指導受けます。

オイラはこの考え方は嫌いじゃないです♪

その昔施設で働いていたときは(ケアマネという職種が出来る前のお話しw)
施設ケアプラン(三団体だっけ?!なんとかっていうやつw)も立てていましたが、

”~が出来ないために~という手段を用いる”
的な感じから(*´・ω・)´-ω-)

”~を行うために~することができる”

文言的なこともありますが、でも、出来ない部分をクローズアップするより
出来ることに着目して行う考え方はおいらは好きです。
だって、意外と出来てるから

お年寄りの力って
弱いけれど
非力じゃない
意外と残っているのに、
ソレを邪魔する因子があるんですよね。

デイサービスなどの在宅サービスや
入所系施設においての過介護や放置による残存機能の低下

一概にデイサービスや施設系が良いのでも
一概に   ( 同上 ) が悪いのでもないっw

その人にあった力を見極めて、きちんと納得の元サービスを利用する
選択を行うということが大事なのだと思います。

サービスは単に在宅系サービスのことだけを言っているのではありません。
施設系であっても、選べる介護があって当然ということです。
そのためには施設の中での意識改革というのは必ず必要となってくるって思うんです
(。'-')(。,_,)ウンウン


さて、
話しはそれましたが、
オイラも曲がりなりにもケアマネージャーですのでプランを立てております
・゚:*(人´ω`*)

要支援の方ってね、特に神戸市の場合、割と厳しくて
巡回員さんという人がケアプランチェックに訪れるんです(; ̄Д ̄)
更新の際、半年前のプランもさかのぼってチェック・・・
だから必ず半年に1回チェックを受けていることになります。

毎回毎回
頭をうーんとひねりますw
だからこそ評価月は念入りにアセスメントを行います。
(。-`ω´-)ぅぃ

ちゃんと目的を明確にして、
プランというものを少しでも意識してもらう説明をしながら
体調や内容が今にあっているか・・・。

正直、上手く文言が出来ないときもありますw
そんなときは次回に期待ですwww

ある利用者さんと立てたプラン・・・・
評価月では無いけれど、
10月にもう一度立て直したプラン

この利用者さんは1年半前前任者から引き継ぎました。
お一人暮らしで、かがむことが出来ないため掃除を依頼。
難病もありリウマチなども抱えながら炊事は自分で行っている。
閉じこもり防止でデイサービスを1回/週 利用しているという方でした。

転倒することも多く、あっちこっちに内出血がある
ただ、大きな骨折などはなく、買い物にも一人で出かけている
とっても前向きな頑張りやさんという引継ぎを受けました。

とっても笑顔が素敵な方です・゚:*(人´ω`*)
この方詩吟を習っていますが、実はお師匠クラスらしいw
でも師範代を取ると弟子を取らなくてはならないので、習っているという。。。

引継ぎを行って、2ヵ月後利用者さんは口を開きました

「私やめようと思うの、詩吟」
「え・・・なんでです?!(゚ロ゚ノ)ノ」
「だって・・・別に役に立つわけでも無いし~」
「楽しくないんですか?!」
「楽しいよ^^でもね、疲れるの」

前任の担当者からすごく薦められて続けているけれど、
家に来てもらって習うのが面倒になってきたと話す。
詩吟がどういうものかわからないですが、声を出すということは
全身運動・・・。
確かに体力が居るお話です
彼女の詩吟を聴いてみたくなりましたw

「ごめんなさい、私詩吟と長唄がよくわからないんです。。。」
「全然違うわよw」
「詩吟ってどんな感じですか?!聴かせてください」
「ちょっとだけよw」

一節やってくれた。

・゚:*(人´ω`*)素敵な声
曇りの無い透き通るような声でした
その場の空気が凛とするような・・・・。

思わず拍手!

「すごい!!!すごいっ!!!いい声!」
「(*/▽\*)そう???」
「(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン素敵だわ。もっといろんな人に聴かせてあげましょうよ」
「(; ̄Д ̄)ど・・・どこもそんなところ無いわよ」

「あるじゃないですか・・・・」
「ん?」
「デイサービス!」
「こんな詩吟なんて興味ないわよ!・・・!!(゚ロ゚ノ)ノ」

「前任者の時にはやらなかったんですか?!」
「・・・多分・・・デイサービスの人も知らない・・・」
「なんでぇぇぇ?!もったいない!こんなに素敵な声なのに」
「・・・・」
「是非やりましょうよ♪」
「・・・・いやよ・・・恥かしいもの・・・・」

嫌がる利用者さんへの説得は続く・・・。
  •   05, 2011 17:50
  •  0

COMMENT 0

Post a comment