きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

アサーション~上手な自己表現力を高めよう~2

  20, 2010 08:15
アサーション~自己表現力を高めよう~1
はこちらからっ♪

♪アサーションとは・・・
Assertion/ Assertive/ Assertivenss
・相手も自分も大切にした自己表現である
・意見や考え方、気持ちや欲求などを関係の中でふさわしいように伝える方法
・自分の基本的な権利と相手の基本的な権利、両方とも大切にする自己表現である
・またアメリカから20年前日本に伝えた 平木典子氏によると「確心的」な、
あるいは確心をもった表現と言い表している

①自分の思っていること、考えていること相手の権利をおかさずに自分の権利を表現する

(自分のことをしっかり、自分の中でとらえることを気付き、整理し表現するために)

②率直に伝わるように適切な方法で表現する
そうすることで、相手へもきちんと自分の思いを伝えることが出来るという表現方法である。

♪対人関係のパターン
あなたはどのタイプ?!あの人はどのタイプ?!この言い方は何タイプ?!( ´艸`)
対人関係のパターンは3つ
1)自分の主張はできるが、相手のことを聞かない
  Aggressive(攻撃的)
2)相手のことを尊重しようとして相手のことを聞きすぎて、自分のことを置き忘れてしまう
  on-ssertive
3)相手のことと自分のことを共に尊重する
  ssertive

人はこの行動パターン(となるキーワード)を持っていて、ある場面でAg、Na、Aとなる

揉め事を起こさない方法ではなく、揉め事を上手く収めていく方法であり、
あゆみよって物事を解決しようとすること。
意見の違いはあっても歩み寄り、一緒に考えようとする精神
率直に正直に考え、感じ、意見をいう。
決して譲歩や妥協ではなく、第3の道を探ることを重視するという考え方である。


当たり前じゃないか!
そうおっしゃいますがね、意外と出来ていないのが人間だったりします。

では実際の例題を載せてみましょう
状況1)待ち合わせをしていた友人が、1時間遅れて今到着しました。それまで連絡はありません。
あなたは友人の遅れに、かなりイライラしています。そして言います。
a)「あぁ~よかった・・・夕食でも食べに行こうよ」
b)「1時間まったんだよ。遅れるっていう電話してくれたら、安心できるんだけどなぁ」
c)「また遅れてきた!もうあなたと待ち合わせするの疲れちゃった!」

さぁ・・・それぞれ A /Na /Ag であらわすなら???・゚:*(人´ω`*)
作成者の正解は・・・
a)はNa
b)はA
c)はAg
《解説》
cはなんとなく”!”ついているので、厳しく怒っている雰囲気がありますね。
aはよくある光景ですが、イライラしているということを無かったことにしていこうということ
なので、消極的、または自分を置き忘れているという解釈ができます
bはきちんと自分の気持ちも伝え、改善さくを伝えています。これがアサーティブな行動といえます

状況2)友人とかなり長い電話をしています。そろそろ切りたいと思って、あなたは言います。
「申し訳ないんだけど、お鍋がかけてあるのよ。電話を切らなくてはならないんだけど、悪く
思わないでね」
さぁ・・・この言動は、どのパターン?!・゚:*(人´ω`*)

作成者の正解は・・・
Na
《解説》
一見アサーティブな言葉であるように思われるが、相手がアサーティブな人間であれば、
「お鍋切ってきて^^まってるから~」なんて言われかねないですよねw
そしてまた、”悪く思わないでね”というこの言葉・・・自分を守ろうとしていう言葉ですよねw
誰かにこう思われたらどうしよう・・・という思いの言葉がNaとされます。
もしアサーティブに返すとするなら、
「長く今日はおしゃべりしたので電話を切りたいの。もしなんだったら、逢って話ししようか?!
いついつなら私あいてるけど、どう?」
と返すことで、キッパリ今を断り、今後の話を提案しているのでアサーティブな行動と言えるでしょう。

さて、
是だけなら出来るじゃないか・・・・
そう思えるんですが、いろいろ考えていくと不思議なもので、

声のトーンや口調、つなぎの言葉が入るか入らないかで言葉のニュアンスは変わってきます。
意外とアサーティブだと思っていたことがAgだったということもありえます。

・゚:*(人´ω`*) 奥深いですw
こういったことを自分でチェック後に小グループで互いに話し合い発表します。
意外とみんな捕らえ方が違ったりでかなり楽しめました♪
まだまだ続きます( ´艸`)



  •   20, 2010 08:15
  •  2

COMMENT 2

Wed
2011.11.09
18:00

きみきみ  

平木先生の教え子さん

コメントありがとうございます。
この講師の方は平木さんがアメリカから持ってこられた、アサーションというものについて、終始資料を使っているということをおっしゃっておられました。

そしてアサーションはそんな1日で体得できるものではないので
もっと深く何度も学びを深めていくことをしなければならないけれど、
講座の内容として、今よく耳にする「アサーション」というもの用いて、
人と付き合う上で有効に人に伝えることができる、
そんな入り口としてお話をしますという説明を何度もされていました。

私も初めて参加した「アサーション」というものについて体得できたとは
全然思っていません。
講師の方もおっしゃっておられましたが、深めたいという方にとっては
きちんと平木先生の講座を受けられること、また、何日もかけてアサーションについて
学びを深めていくこと等を説明されておられたことに共感し、
自分の学びとして、人付き合いに疲れている介護職やいろんな方に興味を持ってもらうために
ブログで引用させてもらいました。

その講師の方にはブログで掲載することの了解を得ていませんから、
私の配慮のなさで、不快な思いをされている方いらっしゃるのですね。
申し訳ありませんでした。

アサーションの記事のブログについて、散見しないように等、削除する必要があれば、
その講師の方にもご迷惑がかかってしまうといけないので削除させていただきますので
再コメントください。

2011/11/09 (Wed) 18:00 | REPLY |   
Wed
2011.11.09
12:04

平木先生のいち教え子  

残念です・・・

アサーションの講師をしている者です。
「アサーション・トレーニング」の著者の平木先生から直接トレーニングを受けています。
きみきみさんが受講された講習の内容や事例を拝読しましたが、それは平木先生がオリジナルに開発されたプログラムの丸写しです。長電話の例も、遅れてきた友人の例も、その説明も平木先生の講座そのままです。
講師の方はおそらくアサーション講座をどこかで受講し、そっくりそのまま真似て自分の講座に使用しているのでしょうが、その旨講師の方からあらかじめアナウンスはありましたでしょうか?(たぶんないですよね・・・)
プログラムの複製をしないようにお願いしているのですが、こういうことが散見されることは本当に残念ですし、そういうことをする講師の方を見るとアサーション以前の問題と思います。
プログラムの内容そのものはよく練られたものですが、1度聞いただけで見よう見まねで教えられるような内容ではないだけに、受講者の方にも気の毒に思います。
かさねがさね残念です。

2011/11/09 (Wed) 12:04 | REPLY |   

Post a comment