きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

我が家のボーナスを教えましょう

  11, 2010 12:32
皆様は冬のボーナスはいかように使われますか?・゚:*(人´ω`*)

では
我が家のボーナスの合算を公開いたしましょう( ´艸`)



♪じゃかじゃかじゃかじゃか~

(; ̄Д ̄)なんかヘンなドラム音だな
イメージはドラムの音にしといてくださいっ



じゃじゃーんっ
・゚:*(人´ω`*)

0円 (o_ _)ノ彡☆ポムポム

えっと・・・マジなお話しですw
笑うしかありませんっw

結婚するまで二人ともちゃぁんとボーナスのある会社に、
施設に働いておりました。
(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン二人ともね。
退職金ももらいました
↑この時点でちゃんとした会社に勤めていたことがわかりますねっ

オイラが退職したとき
旦那さんも会社の方針に無理だと感じ退職しました。
二人でぷーたろう(*/▽\*)

まぁ1年後には就職するんですけど、いろいろあって
今日に至る。
昨今の不況のあおりで(旦那さんは町工場に勤めています)
ボーナスがなくなったんですね。で、オイラはパートケアマネw
安月給で、ボーナスありませーんっ(; ̄Д ̄)

(ノ_・。) なんてかわいそうだ
そうお思いのあなたっw
まぁお金はあるに越したことありませんが、生活できてますし
不自由でもケチケチ節約生活!!(゚ロ゚ノ)ノでもありませんっw


おいらはね、
生きていくためのお金を生み出すことはね
おそらくできると考えています。
よほどの犯罪か人を陥れるようなことをしたりしなければね。

ただ、
仕事に対する想いだったり
生き方だったり
人との付き合い方だったり
そういう充実感というものは
人生というものはやり直しがきかない分
重要な価値があると考えてます。

どんな一歩を踏み出すとしても
決して曲げてはいけないもの・・・・

自分の生きかた

先日、つどい場さくらちゃんに行ったとき、年配の方が話しをされていました。
その方は地域の老人会で活動されながら、古くからそこに住む土地の方と
ご自分を含む新興住宅地組みとの軋轢の中で活動されていました。

「村っていうのはね、他の人を寄せ付けない。地域開放っていうけど
そんなちっとやそっとじゃ動くことなんてないんだから~」


(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン

「でもね、あたしが目立ちすぎると”ガツン”とやられる訳よ。でも、
そこで反抗することはいつでもできるって思ってね、我慢するの。だって
あたしの後で役をする人が困るでしょう。あたしが新興住宅組み初の役員なんだもの。」


虐められても
なお
壊さず関係修復をする

もちろんそれはその方のガマンされている賜物
誰も土地の人はその功績に気付きはしない。
でもいつかわかるときが来る・・・。

そんな見返りを求めずして
人のためを考えられるこの方に、
オイラは好感を得られずにいられなかった。

こういう人がいるから世の中は成り立っている。
自己主張だけすればいいというのではない。
そしてこうした人を大事に見つけてフォローしていかなければ
人間関係は成り立たない。

大きな組織で在ればあるほど・・・・

ふと考える

旦那さんの勤める町工場の社長はインテリです。
会社をよくしたいと考えていても、職員のモチベーションが下がりまくり・・・。
人を大事にしない結果が現れています。

新卒ばかり採るのです。
今働いている人がなぜ辞めたがっているかという
事実に直面しようとせず
表面上の「給料が安い!」という言葉だけを取って・・・。

人が居ないのであれば
今働く人に数時間だけ毎日残業代出してでも行うことで
新卒をいきなり取るよりは全然作業効率が違うのです。

新卒を取ることはいいことですよ
続けばね・・・。

もちろんその社長さんも人が悪いのではない。
視点が違うことと、
本や研修で得たことをそっくりそのまま当てはめるからそうなる。

そこで働くものの個性を活かしつつ
自分の会社のモノにしていく
ちょっとした発想の転換で会社の功績は挙がるはず・・・。

トップというのはそういう人ならばいいのにねっ
福祉業界でも同じ

良いと思っている考えも働く人にあわせて
(個別的にあわせるのではなく、色を見るというか、業種や
特異性、チームワークなどさまざまな視点から総合的な判断を行う)
提案することによって、トップの考えに引き上げていく努力をすることが
必要なのではないかと考える。

トップを惚れさせたら・・・
惚れさせなくても、協力してくれる態勢を表面上でも作ることが出来たならば
モチベーションが上がるカンフル剤になる。

もちろん
一筋縄ではいかないけれど
働き手の特異性を見抜くことがラインで働かない職種の技なのではないかと考える。

そして、作業効率が上がったことに対する対価が追っかけてくるように
すれば・・・さらに言うことなしなのですがね・・・・w

そう思う冬の日でございましたw
  •   11, 2010 12:32
  •  0

COMMENT 0

Post a comment