きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

これから100年の話をしよう

  09, 2010 07:53
ブログを書かない日のほうがランキングが上がるという
摩訶不思議な現象が・・・^^;

まっ気にして無いですけどね( *´艸`)クスクス

ドキュメンタリー映画『9月11日』">という映画が公開されます。
今年、広島であった介護バカの集いのドキュメンタリー
(; ̄Д ̄)これね、本当に現場にいたかった・・・。
現場に行って話しを聴きたかったんですよね。

サブタイトルが【これから100年の話しをしよう】

100年後・・・・
いや、数十年後、数年後の話もわからないっていう時代です。
何よりも日本が迷っていることにうんざりです。

辟易とする世の中で
この福祉という世界の中で生きようとするものにとって
めっちゃ楽しい業界だって言うことに気付かない人が多いのが残念です。

っていうか・・・・お役人こそ・・・この業界を知るべきでないか?と考える。
誰をみて厚生省は話しをしているんでしょうか・・・。

【起業したりデイをやりたいぞっ】
という介護職はこの映画をみて決意を新たにするかもしれませんね。

もちろんオイラは映画をみて(前進の『ただいま』もまだ見ていません^^;
えっと1月に西宮で見るつもりです・・・す・・・すいませんっw)ではありませんが、
デイをやりたいと考えている一人です。

ただ、
やりたいだけじゃダメだって感じます。

その先を見据えなければ・・・。
日常的にこなしていく、自己満足や、利用している人だけの喜びだけの追求というのは
暗にサービスを落とすことになりかねやしないかと考えるのです。

手を差し伸べるだけではダメです
厚生省の言葉を使えば【自立】という考え方を持たなければ・・・。

小さいデイや
さまざまな特色のデイ
在宅か
施設か
有料老人ホームか
高齢者賃貸住宅か
小規模多機能なのか・・・・

そのたくさんあるサービスの中で、
自立という言葉は、自分で生きていくと捉えがちですが、
オイラは違うと思うんです。

自分らしく最期まで生きるための選択肢からの自己決定
自立だと考えます

そのためには
小さなデイだけが頑張るのでは世情に反しているように思うし、
また逆に閉じこめることになるのでは無いかと考えるのです。

地域の中でありませんか?
『どうやら・・・( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・高齢者のデイサービスらしいよ』
といわれているような小規模デイサービス。

この発言って、地域の中で高齢者デイサービスであるといこは
おぼろげに伝わっていても、よくわからないということですよね。

活動しているのか、していないのかがわからないという
( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・

福祉の現場は
開かれた空間でなければならないと考えます。
地域の人が行き来し、
普通に当たり前にその中で、地域の中でお年寄りが暮らせる空間でなければならない

今流行りの言葉で言えば 【可視化】ヘ(゚∀゚*)ノ ですなっw

第三者評価や事業者評価を義務付けていますが、誰が地域の人たちが
そんなもの見ます?!w

開かれた空間でなければならない中で
この【地域の中で・・・・】というキーワードがまたまた難しい。。。
だって・・・事業所さんたちはお互いライバルですからね。
横のつながりなんて、顔見知りから始まらなければ、お互い行き来も無いんですもの。

地域の中でというよりも
福祉という世界の中でも開かれていないんですからねぇ・・・。
(; ̄Д ̄)

それは施設においても同じです。
施設排他的論を唱えるつもりはありません。
だって・・・施設こそもっともっと革命が必要で需要に応じた供給が必要だから。

施設の介護の質が低いからね、介護職の給料も上がらないし、
結局小さいところばっかり出来てね、結局選択肢が広がったのではなく
【仕方がなく・・・】的なところがあったりする。

あれ?
介護保険って自分で選択できるっていう目的で始まったんではないの?
( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・

頑張ってる施設も増えてきています。
(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン
でも、利用者が選択できるというほどまで行ってません。
だって・・・施設の待機待ちがどれほどいるか・・・・。

在宅で暮らすという選択肢も
施設で暮らすという選択肢も
自ら選ぶ時代のはずなのに
結局消去法で選んでいる・・・。

そりゃサービスの質なんてあがらねーよ
( ゚Д゚)㌦ァ!!

なんて思います。


でも・・・・
熱い思いを持った人が、ドンドン介護業界を盛り上げて行こう!
という動きはとても賛同できます。

自分もそういう一員でありたいなって思うから・・・・。
(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン

出来ることから
身近なことから
今日できることを
明日できることを見つめて
これから100年の話しをしようかw

関西での・゚:*(人´ω`*)上映あるかなぁ~♪
  •   09, 2010 07:53
  •  6

COMMENT 6

Fri
2010.12.10
22:51

きむみ庵  

じゃすみんさん

そうですねぇ^^
でも宅老所というなら・・・
お泊りも出来ないと、小さなデイサービスになってしまいます。

すごくあったかいところもありますけど
小さいがゆえに・・・
というところも在るのが寂しいですねェ・・・。

2010/12/10 (Fri) 22:51 | REPLY |   
Fri
2010.12.10
22:49

きむみ庵  

むつみさん

竣工式おめでとうございまぁすっ・゚:*(人´ω`*)
少しずつ
確実に
きっと地域の中で存在価値のある場所を提供してくださいねっ♪

2010/12/10 (Fri) 22:49 | REPLY |   
Fri
2010.12.10
22:48

きむみ庵  

ウエッティさん

そうですねぇ・゚:*(人´ω`*)
でもそのままイメージで終わらないようにしないと♪
できることからこつこつとっやりましょうねぇ

オイラも頑張ろうw

2010/12/10 (Fri) 22:48 | REPLY |   
Fri
2010.12.10
06:57

じゃすみん  

No title

もともとは宅老所から始まった、デイサービス。
その、もともとがとても大切で、今でも暖かくゆったりと機能しているところもあります。
そういう、場所って居場所として心地よいですよね。

2010/12/10 (Fri) 06:57 | REPLY |   
Thu
2010.12.09
23:32

むつみ  

No title

福祉の現場は
>地域の人が行き来し、
>普通に当たり前にその中で、地域の中でお年寄りが暮>らせる空間でなければならない

今日、竣工式を迎えました。
その中で、地域や大勢の皆さまより様々な期待や言葉を伺い、大きな宿題を頂いた思いと、責任の重さに身がすくむ思いがしました。

泣いても笑っても、もうすぐ開所です。

2010/12/09 (Thu) 23:32 | EDIT | REPLY |   
Thu
2010.12.09
10:20

ウエッティ  

100年前と今とこれから100年と

ドラマの龍馬は「誰もが笑って暮らせる国」といっていた。いまはどうか?いいところ怒れるところが見えてくる。その上で100年先を考えよう。イメージしよう!

2010/12/09 (Thu) 10:20 | REPLY |   

Post a comment