きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

我思ふ

  17, 2010 08:24
我思う
”なんちゃってケアマネ”なんて、言うものでもねーなとwww

自分はシャレのつもりでも
一生懸命やってる人にとっては
腰掛程度に思うな( ゚Д゚)㌦ァ!!
って思うよなって・・・前から思ってはいましたが、なんとなく実感w
薄っぺらい といわれても仕方ないかもしれませんなっ。。。
うん、これからは言いません^^;


在宅におけるケアマネに対する、世間の風当たりというのは確かに厳しいかもしれません。
よくあっちやこっちで聞く、ケアマネの質
(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウ

そうそう関係ないけどね、「認定ケアマネージャー」っちう資格があるらしい。
「認定ケアマネージャー」になるには最低限の経験年数と
会費と事例発表と定期的な講習会にでることことで
”優秀”なケアマネに与えられる称号・・・・とあったw

認知症ケア専門士みたいなものだなっ・・・(; ̄Д ̄)

いやいや心のつぶやきは横に置いといて、
そうした、ケアマネージャーの質

対人援助とは
介助や看護を通して人を援助する立場と
相談という形を通して人を援助する立場に別けられますよね

もちろんどちらも対人援助なんだけれど
見るフィルターが違う
そして、環境因子も違う

施設における環境の中で、施設のケアマネはねプランを立てやすいのは実際
だって困りごとが明確だからね
ソレを形にして達成目標を一緒にマンネリ化せず考えていく。

「施設も在宅のマネジメントも一緒じゃっ」
しかし実はここに環境因子が大きく関係してくる

家 ≠ 施設 である

何らかの環境に応じて施設に入所することになった。
その状況で利用者の中で一つ整理してから入る
もちろんそれが受容できるできないは別として・・・。
利用者もどこかで、
”間借りしている”
”集団生活だ”
”致し方ない”
感情が誰しも持っていることは否めないはずだ。


しかし在宅における環境というのは
たとえソレが、他人から見て

ゴミ屋敷であろうが(; ̄Д ̄)
人が住まう環境でなくても(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン

そこは、その本人が長であり自己決定できる侵略を許さない絶対的な砦がある
”あたしの家をどうしようが、あんたには関係ない!”

そういった人たちの
生きていく環境の中での
隠れた困りごとを見つけて
少しでも本人の望む方向に持っていくことがケアマネの仕事なんだろうね。

とはいえ・・・ケアマネって結局契約だから、
”サービスを利用したいっていう利用者”からの相談に応じるわけだから、
そう考えたら
施設も在宅もケアマネも大きな違いが無いかもしれないねぇ。

いや・・・もともと違いは無いとは思ってるんだけどね・・・。

ICF分類を用いての環境を考えながらマネジメントしていく。。。

ふむ(; ̄Д ̄)
自分もマネジメントできてないのに
人なんかマネジメントできないよな・・・。
どんだけの情報量になるねん・・・正直そう思う

ケアプランを立てるが
ソレを実行できる事業所やスタッフがどれほどいるかなぁ?!
所詮、実行する人の考え方一つでそのプランが生きたものか死んだものかに分別される。

在宅においても
報告もプランも一切くれないけれど、
”今月の利用表まだですよ!”って催促電話してくる人もいる^^;
施設においても
”現場のこと知らないんじゃないの?!”
なんていって職員本意で介護する人もいる^^;

どっこいどっこい・・・・
(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン
事務員にならない、ケアマネージャーであれ・・・と、我思ふ
  •   17, 2010 08:24
  •  0

COMMENT 0

Post a comment