きみきみのぼちぼちいこか~

ケアマネや骨盤からだ丸ごと調整、ご近所の寄り合い場「寄ってっ亭輪楽」開催中

Take a look at this

れっつ連携♪

  22, 2010 22:05
夜なので辛口きむみ庵の始まりはじまりぃぃw

ケアが一番!!!

(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン
よぉくわかる
でもねリハビリも
看護もね要るときゃ居るよw

ケアが一番だというなら
オイラはちゃんと看護とリハビリの視点・着眼点を
介護士もしる必要があると思うんだ。

昔一緒に働いてた友人がこういった
「なんでリハビリの補助なんてしないといけないの?あたし達はケアなんだよ!」
「・・・・」
「看護師が居るんだからバイタルなんて測る必要ないし、看護師が処置するんだから!」

( ゚Д゚)㌦ァ!!んだとコラッ?!

おっと・・・お口が過ぎましたねw
こういう介護士多いですね。
オイラは真っ向否定します!

あのね、看護師が処置するって・・・
本当の緊急時見たこと無いでしょう。。。。

・目の前で脳梗塞で椅子に座ってる人がいきなり倒れたの見たことありますか?!
・今目の前を歩いて会話を交わした人がすれ違った瞬間てんかん発作をおこしたのみたことある?!
・ロールパンをのどに詰め目を白黒させてる人をみたことがありますか?!
・転倒して血だらけで歩き回る認知症のお年寄りを対応したことありますか?!
・朝起きたら下顎呼吸して呼名反応して無いお年寄りを見たことがありますか?!
・床ずれのひどくえぐれ異臭が漂い、膿がたまったものを見たことがありますか?!
・骨折した人が歩き回るという状態に出会ったことありますか?!
・カイセンやMRSAが流行したときの対処方法ってしってますか?!
・胃ろうや鼻腔チューブを引き抜いたときどうなるかしってますか?!
・おしっこのバルーンが入ってる人のきちんとした対応しってますか?!

これほんの一部です。
オイラの目の前で起きました。
最後のほうは緊急時というより常識問題ですけど、知らない介護士が多いのが実情です。
こんなとき看護師だから一人でできるって言うことはありません。

呼びに言ってる間ほっとくんですか?!
介護士がどういう対応するかを考える必要ってありませんか?!
それにね、次の行動や身体の状態がわかったら、

”今こうしてるから、人が何人集まってるから、あたしは他の人を見よう”って業務分担できるんですよ。
次の行動が読めないから、みんなでおろおろして利用者に不安を与えるのです。
”彼らが対応してるから大丈夫だよ!”
そんな安心感を与えることがケアです!

日ごろから怖さを知らず人の身体に触れるなんてありえません。
ケアというものを語るとき、何を見て予見するかしっていますか?
日ごろの数値であったり、顔色だったり、目の動き、言動だったり、雰囲気であったり
ケアに当たる人間はすべての五感を使って人と向き合わなくて何がケアですか。

オイラは言います
「この人の血圧は看護師だけが知ってたらいいと思うの?!」
「だって看護師の判断でお風呂に入るでしょ」
「でもね、この人の習慣だったり、日ごろを知っているのは介護士でしょう。看護師に判断を押し付けるって言うのは違うんじゃない?本人が入りたいといってるけど、看護師はダメだという・・・じゃぁ看護師判断でやめるのか?!提案ができたりするのが介護士の役目だったりしないのか?!」
もちろん極端に数値に差があるときは別です。
迷う数値のときに、介護の人間と看護師が相談できる関係じゃないとおかしくないですか?!

オイラは看護もリハビリも介護士も皆・・・対等だと思っています。
対等だと思うからこそ、知識の足りない介護士は物申せるように知識を身につけろといいます。

対等だけど給料に格差がある・・・
そうです。それだけおいら達介護士には出来ないこともしているからです。
(; ̄Д ̄)そうか?!楽そうだぞ
モノがいえないから、楽させてる介護士も悪いんです!給料分働かせましょうw

リハビリは何のためにするの?
歩くときの注意点は?!
スクワット何するの?
それでどれだけの成果があるの?
じゃぁ家の前のこの階段のぼりおりできる?!
足の形はどうしたらいいの?!

介護士は看護師やリハビリ職員から上からモノを言われて腹が立つことがあるでしょう。
でもね、それだけの知識ないじゃん。
すべては知らなくていい。リハビリの専門職じゃないから。
ただ、ケアする視点の中で必要な身体の動きや身体の機能。
筋肉の付き方、動かし方を知らなくて
何がケアですか!

だから看護師やリハビリ職員にオイラは上からモノを言わせません。
上からモノをいうやつがいたら、
徹底的に知ってる限り自分の納得いくべき知識をもらえるまで引き下がりません。
ケアに当たっていて、利用者一人一人ちがうのですから、人それぞれに疑問は尽きないからです。


どんな仕事でも同じだと思います。
楽をしようとすればいくらでも手を抜くことはできるんです。
オイラは
”看護師のくせに”
”介護職のくせに”っていうやつが嫌いです。
くだらない喧嘩しててどうするって思う。すべてが無駄ですそんなの。

家でやってることなんだから、介護って言うんだったら
塗り薬ぐらい塗れって思うし、
ちゃんと床ずれってどんなもんだって見ておけって思う。
どうやって治していくか・・・過程をしらなければ大変さも傷みも苦しみもわからない。

オイラは介護福祉士ですから
はっきり行ってね、どーでもいい国家資格なんですよw
2年の養成校卒業したらねもらえる国家資格なんです^^
3年経験をつんで試験勉強したほうがねえらいなぁって思う。
オイラは学校に行って、実習に行ったらもらえたんですから、ぼんくらですっw

んでもって大学も出てないし高卒の最低学歴です。
介護福祉士の国家資格もらった学校は職業訓練学校ですから、高卒扱いですw
だからね、余計思うんです。
介護の世界において学歴より

気付ける人
観察が出来る人
心遣いが出来る人
向上心のある人 が必要だって

何事にも興味を持つということが大事

介護ってね、
広いんだよね。
それに答えも無い。
だからこそ、広く浅く知識を持っていないと変化に気付けない。

会話しながら
「あれ・・なんかいつもと違う気がする・・・気のせいかもしれないけれど。一応体温と血圧だけはかっといたからみといてねっ^^」
そういわれると看護師はうれしくなるそうだ。
この”なんかいつもと違う”が大事だと。

介護士はそういうことに気が付く。
それが介護職のすばらしい感性だといわれたことがある。

看護師やリハビリ職員は症状や障害に目を奪われ
エビデンスによって判断するので日常というものに疎くなり見落としてしまう。
ただ、介護士は生活やその人という全体像は背景で物事を見ている。
だから気付けるし早期発見につながる。

適切な医療を受けることを薦めることができた場合もあれば
何より早期発見により苦しみが取れるときがあるって
そう介護に携わる看護師の友人が話していた。

これは融合しないともったいないと思いませんか?!
オイラはそう思う

だからねオイラはケアが一番だと思ってるし
ケアが絆も生むし
ケアが絆であると考える

だからこそいがみ合ってるのはもったいない
お互いに尊重していいケアをしようじゃないか♪

どれだけ吸引ってものが大変か知るといいよ。
家族だってやってることなんだから、介護士だってやんなきゃおかしいもの
いろいろ意見はあるだろう。

臨機応変な対応ってね・・・・窮地のときの判断なんだ。
その判断の時に情報が乏しいって判断できないよね。
だから臨機応変な対応が出来る介護士目指そうぜっ♪

ただね、看護師もリハビリ職も・・・・頑張ってる介護士を認めてあげてくださいね♪
そしてちゃぁんとトイレ誘導だとか風呂介助とかそういうのもしてくださいよぉ
ケアの基本ですからねっ。
( ´艸`)仲良くレッツケア♪
  •   22, 2010 22:05
  •  2

COMMENT 2

Sat
2010.10.23
23:22

きむみ庵  

はっぴいかむかむさん

いらっしゃいませぇ♪
コメントありがとうございます

(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン
本当にね
オイラもそう思います。

ちょっと知ってると出来ることがある
それって大事だし
家族も安心できますよね。
制服着てたらどれがどの職種とか関係ないですからねっ^^

2010/10/23 (Sat) 23:22 | REPLY |   
Fri
2010.10.22
22:26

はっぴいかむかむ  

初コメントです

きむみ庵さん、こんばんは~。
私のブログにコメントいただいたことあります。

職種にこだわらず、患者のこと見てほしいと思います。
患者も家族も安心できます。

おむつ交換や痰の吸引、栄養の注入のときに、語りかけや曲がった腕を一度でいいから伸ばしてくれたらな~なんて日々思っています。

拘縮が進むと着替えなんかも大変なのに。

患者の立場ではなく、いかに簡単に短時間で作業を終わらせようかと考えているスタッフが多いことに驚きます。

自分が介護・看護される側になったときのこと、少しでも考えてお仕事してくれればと思いますが、余裕がないんでしょうね・・・。

2010/10/22 (Fri) 22:26 | REPLY |   

Post a comment